« バスコレ走行システム 自動的に停まって走り出すのがキュート! | トップページ | 「鉄道模型少年時代」ビニールハウス周りのフィギュア設置 »

2011年3月27日 (日)

スグレモノの情景テクスチャーペイント施工と釣り人設置

講談社のNゲージジオラママガジン、「鉄道模型少年時代」の製作の話題です。

もうシリーズ終了したので新しいパーツに追われることが無く、1週間以上作業を中断していましたが、最後の仕上げ部分の作業を再開しました。

いよいよ完成間際のレイアウト、ネズミを追い詰めたネコがゆっくりいたぶるのを楽しんでいるかのような気分を味わっています。しかし、パウダー等の木工用ボンド水溶液を伴う作業には乾燥時間が必要であり、一気に完成に持っていくことは困難でもあります。追い詰められたネズミはしぶといものなのです。

01

かなり前に購入しておいたのに殆ど使用していなかった、タミヤの情景テクスチャーペイントの「草 グリーン」を使用して、パウダーの撒き難い部分への緑化を進めようと思います。慣れ親しんだパウダーやフォーリッジからするとお手軽すぎて敬遠していたのですが、今回使用したところ、かなりのスグレモノのツールであることが確認できました。戦車ジオラマのツールは、鉄道模型レイアウト製作の知識の中だけでは計り知れないものがあるようです。

02

前回、分校の運動場の端の部分にパウダーを撒きましたが、川に木工用ボンド水溶液が流れ込んで苦労しました。情景テクスチャーペイントを、筆に乗せるように付けてチョンチョンと塗りこんでいくと、簡単にこぼれず草地が表現できそうです。

ただ、塗った直後はツヤツヤしていてリアルではありません。こんなので大丈夫なのでしょうか。チャチで安っぽい仕上がりになるのではないかと心配になります。

04

しかし、乾燥後はツヤのある部分は無くなり、基材の中に混ぜ込んである繊維部分が露出して草地の雰囲気になります。川にこぼれることも無く、実に簡単です。しかも水性なので、塗装に使用した筆は水で洗い流せます。

05

パウダーやフォーリッジを付けられなかった部分に、この情景テクスチャーペイントを塗りこみます。最初からこれだけだと単調な草原になってしまいますが、フォーリッジなどと混合して使用すれば、様々な雑草が入り組んでいる様が表現できそうです。

06

川の中の石の上にも、この情景テクスチャーペイントで草を植えます。パウダーを撒くことが難しい箇所にも、筆が入ればドンドン塗れます。真夏の川には、石の上にも草がたくさん生えているものです。

07

川辺の草の表現が完了したので、かねてから準備していた釣り人のフィギュアを設置することにします。

08

レジャー色の強いキャンプサイトの表現は断念しましたが、釣り人は予定通り設置します。里山の川でも釣りくらいしているものです。

09

このKATOの釣り人のフィギュアは6体と釣竿が2本付属しています。釣っている最中の人だけでなく、随行の子供や、吊り上げた魚を掲げて眺めている人などがセットされています。
パイプを加えて魚の尾部を掴んで眺めている男性のフィギュアが印象的ですが、小さな川でこんな大魚が釣れる訳も無く、またスタイルがバタ臭いので、彼の設置は断念します。

10

釣竿は長めなので、2本の内の1本を2本に切り分けます。竿を構えた釣り人のフィギュアは3体あるので、それらに竿を持たせます。

11

座り姿勢で竿を振り出しているフィギュアは、川の流れの中にある岩の上に座らせます。どうやってこの岩に来たのかわかりませんし、竿以外の装備が全く無いのも不自然ですが、細かいことは無視します。この場所には釣り人だけシンプルに設置したいのです。

12

その奥の鉄橋の下部分では、魚がヒットしている状態の釣り人を設置します。竿が大きくしなっています。
この人も足元が不安定な危ないところで釣りをしています。列車が鉄橋を渡ったら、振動で川に転落しかねません。

13

もう一人の釣り人は、対岸に設置します。子供も随行していて楽しそうです。こちらは広い河原にいるので安全そうです。

14

あちこちで釣りをしている人がいて、河原がかなり賑やかになりました。緑の増えた河原とマッチした光景です。

15

日が暮れると、河原には蛍が輝きだします。
蛍の舞う中での魚釣り、何とも幻想的ではあります。蛍の光をジャマしないように、フィギュアの設置場所はLEDを点滅させながら決定しています。

ビニールハウス周辺の農道などに設置するフィギュアが後回しになっています。このあたりの樹木や、大量に余っているフィギュアの設置をすすめて、仕上げに向かいたいと思います。

前回はこちら
ビニールハウス周辺の地面仕上げは地味だが楽しいぞ!

次回はこちら
「鉄道模型少年時代」ビニールハウス周りのフィギュア設置

|

« バスコレ走行システム 自動的に停まって走り出すのがキュート! | トップページ | 「鉄道模型少年時代」ビニールハウス周りのフィギュア設置 »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん おはようございます。

私は工作作業はとっくに終了してますが、YUJIさんの工作あれこれを見て、更に手をつけようか迷っています。

釣り人ですが、私も同じ物を購入して二体をとり付けてます。また、釣り人の横に、プラスティックのあまりを立方体に切って、ブルーまたはグレーに塗って、クーラーボックスを作って置いてます。
以外にリアル感が出ますよ。

投稿: かめきち | 2011年3月28日 (月) 11時17分

かめきちさん、こんばんは。

なるほど!クーラーボックスは釣りに必須のアクセサリーですね。
もうすぐ館完成ですが、これからもアレコレ手を加えて長く楽しみたいものだと思っています。

投稿: YUJI | 2011年3月28日 (月) 20時26分

河原に釣り人が居ると良い感じで夏らしく思います。私は農家の人々の麦わら帽子をかぶり座ってる人をデコリボン(100均)で桟橋をつくり、そこに腰掛け釣り竿を垂らさせました。中々これもおつでしたよ。桟橋には、河船も作って繋留しました。

投稿: タッ君パパ | 2011年3月28日 (月) 20時52分

タッ君パパさん、こんばんは。

桟橋からの釣り、里山の情景とピッタリですね。
確かに、他のフィギュアでも釣竿を持たせれば釣り人になりますね。KATOの釣り人フィギュア、楽しいですが外国製なので大げさで少々バタ臭いのでした。

投稿: YUJI | 2011年3月28日 (月) 21時41分

こんばんは。元気でお過ごしのようですね。突然ですが、コメントです。河原にフィギィアを設置するとかなりにぎやかですね。かなり造形が、変わってきていろんなドラマにがうまれますね。これからもいろいろやっていかれる事でしょうね。こちらは、福塩線の鉄道模型を地元で販売店を見つけ購入しようかと思っています。地元の鉄道模型を以前から、作ってみたいと思ってました。ただかなり難しいと思います。福山や神辺駅なんて名前なんてが入ったストラクチャーやバスなんてないと思います。自作する他にないと思っています。初めての試みましたので緊張感たっぷりです。ただどこから、手をつけようかと考え中です。かなり難しいですね。やり甲斐もあると思います。かなり時間を要すると思います。これから、また楽しくなりそうです。長々ですねと記入しましてすいませんでした。それでは。また

投稿: いっしっー | 2011年4月 1日 (金) 21時39分

いっしっーさん、こんばんは。

いつも自作ストラクチャーを工夫されているいっしっーさん、なじみの駅の情景を作るのは楽しそうですね!

私の方はもう少しで完成です。後はフィギュアの設置や細部の仕上げ、ケースへの収納ということになりそうですね。

投稿: YUJI | 2011年4月 1日 (金) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/51117985

この記事へのトラックバック一覧です: スグレモノの情景テクスチャーペイント施工と釣り人設置:

» 太陽光発電価格 [太陽光発電価格]
太陽光発電の価格を知りたいなら、匿名、無料で複数に見積り一括請求できる。今なら国や市町郡が日本の二酸化炭素を減らす為に補助金を出しているので今がチャンスです。 [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 22時40分

« バスコレ走行システム 自動的に停まって走り出すのがキュート! | トップページ | 「鉄道模型少年時代」ビニールハウス周りのフィギュア設置 »