« ジオコレの情景小物「自販機A~現代風~」で軽く一服しましょう | トップページ | ピッカピカビニールハウスのつや消し塗装 »

2011年3月 6日 (日)

ジオコレのビニールハウスはピッカピカだ!

01

ジオコレの情景小物のビニールハウスを入手しました。
日本の光景に欠かせない見慣れたビニールハウスです。完成間際の「鉄道模型少年時代」の右手前の河原部分に設置できるかも、という仄かな希望を持っての購入です。

02

箱の内部に組み立て解説書などは入っておらず、外箱の裏側のこの図と説明が全てです。とても簡単で一目瞭然のために、説明書などは必要ありません。

ビニールハウスは3種類、4張入っているようです。
それぞれ台座と作物が付属してます。

・ビニールハウス(大)幅4cm、奥行き10cm、高さ2cmで切妻屋根。
・ビニールハウス(中)幅3cm、奥行き10cm、高さ2cmで丸屋根。
・ビニールハウス(小)幅1cm、奥行き10cm、高さ1cmで丸屋根。

ビニールハウス(小)は、中に入って作業するというよりは、作物の覆いの役割のためのもののようです。

03

開封すると、箱のサイズギリギリくらいのボリュームあるパーツが出てきます。

04

大、中、小のビニールハウスのハウス本体と土台です。開設の必要が無いほどにシンプルです。ハウスを土台に被せて完成となるようです。

05

あっという間に完成。
4張のビニールハウスが出来上がりました。ビニールハウスの骨組みはm透明パーツの裏側に施されたモールドです。

06 

中の作物が良く見えます。このビニールハウス、とにかく透明度が高くてピカピカ光っています。
ビニールハウスについての知識はありませんが、日常的に見ているビニールハウスは日光や埃の影響からか、乳白色をしていて、表面のツヤがありません。

02

実際のものがどんなものなのか気になったので、車を出して近所のビニールハウスを見に行ってきました。
かなり草臥れていることもあって、表面はつや消しの乳白色で、内部の様子は確認出来ないほどです。

07

新品のビニールハウスならばこんな風にピッカピカなのかもしれませんが、キレイすぎてリアルではありません。これではまるで透明カプセルです。

08

ハウス本体の透明パーツは結構厚みがあります。
形状は非常に好ましいので、ツヤと透明度を何とかすれば十分に使用できるでしょう。裏側から塗装し、表面はつや消しを施せば良いかもしれません。研究してみたいと思います。

09

ビニールハウス(大)の台座の作物は、1列ごとに取り外せます。表面に適当にパウダーを撒けば、生垣に出来そうです。
そこまでして使用することもありまあせんが・・・。

10

長さ10cmということで、少々大きすぎるかとも思ったのですが、鉄道模型少年時代のレイアウトの右手前の河原部分には十分に設置できるくらいの大きさです。このビニールハウス、実際よりも小さめにディフォルメされているようです。

11

水車小屋の傍には、やっぱり畑だろうということで、どんな畑にするか考えていました。しかしレイアウト左手前の畑や水田と被るので変化に乏しくなります。ビニールハウスというのは突飛でミスマッチにも思えますが、そこはあるタクラミがあるのです。

私の居住する愛知県の三河地方では、ビニールハウスでの電照栽培があちこちで行われています。特に、田原の電照菊が有名です。地元の岡崎市でも、小規模な電照栽培のハウスがあって、馴染みのある光景です。

ビニールハウスの内部にLEDの照明を入れて点灯し、照明が少なくて寂しい右手前の部分を明るくするという工作欲を満たすことが出来るのでは、というタクラミなのです。LEDの取付や配線には時間を要すので、まだまだこのレイアウトでの工作が楽しめるということです。

12

もちろん、うまく行かなくて失敗するかもしれませんし、もっと楽しい工作を思い付くかもしれません。次のパーツに追われることなく落ち着いて作業できるので、ダメモトで挑戦してみようかと思っています。

前回はこちら
「鉄道模型少年時代」細部に草を植えて実感的に

次回はこちら
ピッカピカビニールハウスのつや消し塗装

|

« ジオコレの情景小物「自販機A~現代風~」で軽く一服しましょう | トップページ | ピッカピカビニールハウスのつや消し塗装 »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

お晩です。「三河地方の電照菊」懐かしいワードです。確か小学校の社会の授業で習ったような・・・ 
河原周辺は 灯りが少なく地味なエリアですし「電照栽培」は違和感もなくて良さそうですね。
当方は考えあぐねた結果、グレードアップ講座にならい とりあえず橋だけ架けてみました。これからも時間をかけて のんびり やっていこうと思います。

投稿: とんぼ | 2011年3月 6日 (日) 21時50分

YUJIさん こんばんは
御祖母様の法事お疲れ様でした。私も本日は例によって岡山まで墓掃除に行ってました。
>三河地方の電照菊
電照菊・・名前は習った記憶があるのですが三河地方の特産品でしたか。勉強になります。右手前の河原部分これで昼景、夜景とも賑やかになりましたね。私は、以前にビニールハウスは骨組みを銅線、ビニールをスーパーマーケットで冷凍食品等を入れる薄いポリ袋で覆って作りました。(当然電飾はなしですが)ジオコレの切妻屋根はビニールハウスというよりはガラスの温室の様なイメージしょうか。夜間に煌々とハウス内を照らす電飾きれいでしょうね。昼景でもハウス内の赤や黄色の菊の花きれいにみえることでしょうね。

投稿: マーボウ | 2011年3月 6日 (日) 22時21分

はじめまして、いつも楽しく拝見させて頂いてます。今回子供達と一緒に少年時代作成しています。プラモパテ等使い街灯点灯化したり楽しんでいます。YUJIさんの工作にはおよびませんが…。ビニールハウス電飾化楽しみにしています。私は余りにクリアなので、薄く白化して中に作業中の人入れました。電飾したら楽しそうですね。楽しんでから卒業したいと思います。

投稿: タッ君パパ | 2011年3月 6日 (日) 22時37分

YUJIさん、こんばんは。
ビニールハウス、ちょうどいいサイズですね。農村の風景にもぴったり合っていると思います。電照栽培のハウスは、三河付近を夜に走っていると幻想的に光って見えますね。

昨日コメントに書き込んだ、樹木のフォーリッジの接着方法をブログに載せました。「セーフティネット方式」とでも申しましょうか(笑)。
フォーリッジが落ちず、指にも付かず、簡単に取れずと、お勧めの方法です。

投稿: まっぴい | 2011年3月 6日 (日) 23時00分

YUJIさん おはようございます。

ビニールハウスはいいですね! 私も当初考えましたが、河原の右側には当初より、お休み処を置いてしまい、他にスペースがないので、あきらめた経緯があります。水車小屋の横には農村風で大変マッチするのではないでしょうか。しかも電飾をすると更に引き立ちますね。

私はすべて終わってしまい、時々電気をつけたり、電車を走らせたりしてますが、次は何がでるか(ディアゴも含め)心待ちにしてます。

投稿: かめきち | 2011年3月 7日 (月) 10時45分

>とんぼさん、こんにちは。

三河の電照菊をご存知にて嬉しく思います。仰るとおり、右手前は暗くて寂しいので何か出来ないかと考えた挙句のビニールハウスです。

終わってしまうと寂しいのでゆっくり作業したいのですが、ビニールハウス設置後は細部の仕上げをして完成としたいと思っています。もう少し楽しめますね。

>マーボウさん、こんにちは。

お墓参り、お疲れ様でした。

電照菊のビニールハウス、私の住む岡崎市ではそんなにたくさんありませんが、東側の田原や豊橋ではズラリと並んだ電照ビニールハウスを見ることが出来ます。菊だけじゃなくて他の花も育てているようで、年中明るくなっています。

ビニールハウスを自作されたとは素晴らしいですね!本物のビニールを使用した方がリアルに仕上がりそうです。


>タッ君パパさん、はじめまして。コメント有難うございます。

仰るとおりあまりにクリアなので、私はとりあえずつや消しのクリアを吹いてみようかと思っています。
皆様が同じタイミングで同じパーツを手にしてレイアウトを作成し、それぞれの情景を作り上げていくというクラフトマガジン、本当に楽しいですね。

今後もよろしくお願い申し上げます。


>まっぴいさん、こんにちは。

樹木のフォーリッジのセーフティネット方式!御見それしました。早く知っておけば作業が楽に進んだかもしれませんね。樹木は苦労してフォーリッジ接着しても、後から後からポロポロ落ちてきます。地面の仕上げついでに、ボンド水溶液を垂らしている次第です。


>かめきちさん、こんにちは。

水車小屋にマッチする光景がなかなか思いつかず、店頭のジオコレを見て試してみた次第です。農村風ののどかな光景が出来れば良いのですが。
電飾は一般的ではないかもしれませんが、私の地元では普通の光景なので、進めようと思っています。

時期シリーズ、心待ちですね。デアゴで1/24スケールD51の計画だけはあるようですが・・・。置き場所ありません。

投稿: YUJI | 2011年3月 7日 (月) 12時49分

YUJIさん こんにちは
1/24スケールのD51ですか。やってみたいですが我が家も本当にもう置き場所がありません。C62と同じくらいのディスプレーサイズになるでしょうから、上下に重ねて置けるディスプレーを作ることができれば何とかなるかもしれませんが。土台がしっかりしていないと相当な重量になってしまうでしょうね。

投稿: かめきち | 2011年3月 7日 (月) 15時26分

かめきちさん、こんばんは。

C62の次はやっぱりD51という計画はずっとあるようですが、どれだけ売れるか検討が付かないのでしょうね。積重ねるディスプレイ、是非採用して欲しいものです。日本の住宅事情では、あの巨大なSL模型2両を並べるのは大変です。

投稿: YUJI | 2011年3月 7日 (月) 22時09分

YUJIさん

ディアゴ社がC62と重ねるディスプレーをオプションでもいいから提供してくれたらいいですね。D51もいいけど、小ぶりサイズのC11なんかもいいと思います。

投稿: かめきち | 2011年3月 8日 (火) 11時45分

かめきちさん、こんばんは。

まだD51は計画段階から進んでいないと思いますが、C62を作り上げた方々の購買意欲をそそるような工夫があれば、かなりの数量見込めると思いますね。C11、稼働機が多いので、馴染み深いですね。

投稿: YUJI | 2011年3月 8日 (火) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/51004537

この記事へのトラックバック一覧です: ジオコレのビニールハウスはピッカピカだ!:

« ジオコレの情景小物「自販機A~現代風~」で軽く一服しましょう | トップページ | ピッカピカビニールハウスのつや消し塗装 »