« ジオコレの「サウンドユニットA」安価に多彩なサウンドが楽しめるぞ! | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第8号 週一回の息抜きタイム! »

2011年4月 4日 (月)

「鉄道模型少年時代」クリアケース付属のフィギュアと墓地の柳

講談社のNゲージジオラママガジン、「鉄道模型少年時代」の製作の話題です。

手を加えたいところはまだまだたくさんあるものの、一旦完成宣言に向けてケリをつけたいところです。

01

設置するべく入手したフィギュアは無数にあるのですが、ミニレイアウトである上に、里山の長閑な光景を再現しているので、そんなに人口密度を高くすると不自然です。このシリーズに相応しいものを優先設置したいと思います。

オプションの特製クリアケースに付属してきたのは、まだジオコレで発売されていないと思われる子供のフィギュア12体です。大切に保管しておくよりも、このレイアウトで使用してしまった方が有効だと思われます。

02

特製クリアケースにはフィギュアの他に、茶店がおまけに付属してきました。コントローラーの代わりに河原に設置するためのものです。私は当初、この茶店を使用前提にて内部を遮光して照明を入れました。手前の灯篭も灯るようにしてあります。しかし、川辺の水車小屋とマッチせず、結局使用を断念しました。今後レイアウトを作成する際に、活用できればと思います。

03

今回設置するクリアケースのおまけのフィギュア、元気に遊んでいる子供たちです。男の子8体と女の子4体かと思われます。昔の里山の光景に欠かせない子供のフィギュアで、しかも動きのあるポーズのものは貴重です。

04

野原で遊ぶ光景を再現したいのですが、アレコレ設置しすぎた関係上、子供たちが遊べるようなスペースが無くなってしまいました。あまり適当ではありませんが、レイアウト左奥の駅前雑貨店の手前に僅かに残された三角形の空き地を活用します。ここには木を植える予定でしたが、路地に設置したミゼットが見えなくなるのでやめた場所です。

05

ここに8体のフィギュアを設置しました。
サッサと設置するという訳にはいかず、1体1体アクアリンカーで丁寧に設置するので時間が掛かります。

06

何の遊びをしているのかよくわかりませんが、右の方の緑のシャツの子がボールを持っているので、ボール遊びをしている様子です。

07

こちらは、二人仲良く石に腰掛けているのを、いじめっ子がからかっている様子です。
男子と女子が仲良くしていると、必ずからかわれたものです。羨ましさもあったのでしょうか。からかわれた二人ですが、男の子は恥ずかしそうにしているのに、女の子は手を上げて言い返しているようです。小さな頃からやっぱり女は強い!

08

男子と女子が手を繋いだフィギュアは、手前の分校の校庭部分に設置しました。周囲には、KATOの小学生のフィギュアを設置します。フィギュアのクオリティの違いがよくわかります。
このレイアウトに設置したフィギュアは、子供から大人までやたらとカップル率が高いのですが、それは作成者の願望がこもっているのかもしれません。

09

残りの2体は、右手前の河原に設置します。急いで川に走って下りて行く光景です。
ついでに、お墓にお参りしている人も設置します。これはジオコレの「神社の人々」から抜き出したものです。本人は神社にお参りするつもりで手を合わせていたのに、知らない内に墓参させられているわけです。

10

「神社の人々」の中で手を合わせているもう一人を、稲荷神社の祠の前に設置します。すぐ側では高校生のカップルが仲良さげにしています。コノヤロー!です。

11

墓地には柳の木を植えたいと思い、カワイの柳の木を入手していました。柳の木としての雰囲気や質感はなかなか良いのですが、オーバースケールのために設置をためらっていました。でも自作するのはなかなか大変なので、カワイの柳を少し改造して設置することにしました。形を整えて、枝を剪定すれば小さくなるでしょう。

12

右が改造前、そして左が改造後です。
かなり枝先を切り幹も短くしたので、ふた周りほど小さくなったかと思います。葉の部分が大作りなのは直しようがありませんが、このくらいならば狭い墓地にも設置できるでしょう。

13

地面に穴をあけて、改造した柳の木を植えます。
周囲のカラマツに比べて葉の部分に違和感がありますが、何とか柳に見えるかと思います。墓石にしな垂れ掛かる感じを表現できたかと思います。

実は、柳の木にはLEDの蛍点滅ユニット「源平合戦」を利用して、青白い人魂(ひとだま)をぼんやり点滅させようかと、回路とLED、光ファイバーまで準備していました。しかし、せっかくの情景がおふざけで台無しになりかねないので中止しています。照明&サウンドコントローラーにもう一つスイッチを加えていたら、切換式で作っても良かったかもしれませんが、今更困難なのでやめておきます。

次回、クリアケースに収めて配線などを行いたいと思います。
ケースに収めてしまうと、いよいよ「完成」の二文字が見えてきそうです。

次回はこちら
「鉄道模型少年時代」ビニールハウス周りのフィギュア設置

次回はこちら
「鉄道模型少年時代」特製クリアケースに収めて、いよいよ完成です!

|

« ジオコレの「サウンドユニットA」安価に多彩なサウンドが楽しめるぞ! | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第8号 週一回の息抜きタイム! »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

私もそろそろケースの事を考えないといけないのですが・・・
いつもカットしたアクリル板を組み立てています。
効率良く板取りをするには零戦と一緒に購入しようと思っているのですが、零戦の方、どうケースに収めたら良いか見当が付きません。
まともに作ったらバカでかくなるし、かといってバラバラに収める訳にもいきません。
そういえば先日苦労して合体したとこですよね。
まぁ零戦が出来上がってから考えますか(まともに出来るかどうか分からないので・・・)

投稿: カズキ | 2011年4月 4日 (月) 22時01分

カズキさん、こんばんは。

少年時代のケースは、引き出しに釣られて買ってしまったものです。台座部分が堂々としていて、レイアウトを入れると工芸品になったようです。自己満足です。

零戦の方は、例によってデアゴスティーニさんの通販にてケース販売始まりましたね。

http://deagostini.jp/select/series_list.php?item_division=0&title_code=zst

シリーズ付属の台座を使用する場合と使用しない場合の二つのバージョンがあります。台座を使用する方は、750mm×645mm×436mmと、熱帯魚の大型の水槽くらいのバカデカサイズです。もちろん、鉄道模型少年時代が専用アクリルケースごとすっぽり入ります。こんなでかいの送られてきたら、それこそケースの置き場がありません・・・。ケース無しの保管方法を考えなければなりません。今、瞬着で接着したパーツでポロリと外れそうな箇所をエポキシで補強しています。壁吊り方法に耐えられるようにしたいものです。

同時発売のディスプレイネームプレートは要目票があるので要りませんが、パイロットの人形はそそられますね。

投稿: YUJI | 2011年4月 4日 (月) 22時22分

YUJIさん こんばんは
>いよいよ『完成』の2文字が見えてきそうです。
ケースに入れる手前まで来られたのですね。先に卒業されるのが、羨ましい様な、留年仲間が先に卒業されるのがさみしい様な・・・
私は、フィギュア等、設置するものがまだ多数残っております。駅前の電話BOXの横に易者を設置したり(勿論机の上の行灯は電飾)と、(留年時代)を楽しんでおります。まあ、ロボゼロを初めていない分のんびり留年しようと思います。

投稿: マーボウ | 2011年4月 4日 (月) 23時08分

> 例によってデアゴスティーニさんの通販にてケース販売始まりましたね。
URL紹介ありがとうございます。
実は私も斜めに入れる事を考えていました。(70%くらいの大きさになります)
台座ありとなしはかなり違いますね。台座なしだと大分コンパクトになりますね。写真ではかなりスペースに余裕があるようですがギリギリで設計すれば鉄道模型と同じくらいの横幅で済みそうです。

> パイロットの人形はそそられますね。
所ジョージがモデル?

投稿: カズキ | 2011年4月 5日 (火) 07時24分

>マーボウさん、おはようございます。

きっと完成宣言してからも、興味を引く小物を手に入れたら改良を続けると思います。でも一旦気持ち的にケリを付けたいものです。ずっと留年し続けたいのが本心ではあります。

駅前の易者とは、楽しそうなアイデアですね!当ると噂の易者さん、お祭り時に大繁盛でしょうか。


>カズキさん、おはようございます。

純正のアクリルケース、フェラーリの時もそうでしたが、やたらとデカイですね。展示品とのバランスではある程度の余裕が必要でしょうが、置き場所のことを考えると、ギリギリサイズの方が良いですね。

>所ジョージがモデル?

似合いそう!

BSフジの世田谷ベースを見ていると、所さん、模型大好きなのに、デアゴスティーニモノに手を出している様子がありませんね。戦車が出たらやられるかも。

投稿: YUJI | 2011年4月 5日 (火) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/51233546

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄道模型少年時代」クリアケース付属のフィギュアと墓地の柳:

» 鉄道模型を趣味で [鉄道模型が趣味で初心者です]
わたしがおすすめするのが、鉄道模型を趣味でという方にです。。これをおすすめしたいのには理由があります。他のものとは違い、か〜なり興味深い部分があるのです。鉄道模型を趣味で始めたい初心者の方に鉄道模型とは、 一定の縮尺・軌間による鉄道車輌・線路の模型をいう。その初期においては、ブリキ製の玩具との境界はあいまいですが、次第に決められた縮尺・軌間によって製作して、コレクションしたり線路上を走行させて鉄道の情景を楽しむための規格が定められるようになった。イギリス、アメリカ、ドイツ各地..... [続きを読む]

受信: 2011年4月 6日 (水) 10時30分

« ジオコレの「サウンドユニットA」安価に多彩なサウンドが楽しめるぞ! | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第8号 週一回の息抜きタイム! »