« 「週刊ロボゼロ」第10号 今回もお気楽!左前腕4個のネジ締めだけです | トップページ | 「サツキとメイの家」電飾改造完了!窓から漏れる灯りにワクワク »

2011年4月20日 (水)

「サツキとメイの家」無計画な電飾改造開始です

101

株式会社さんけいのミニチュアートキットの、「サツキとメイの家」の1/150スケールのキットの製作の話題です。前回、キットの素組みの状態にて完成しました。このまま作品として眺めていても楽しいのですが、せっかく窓ガラスなどはめ込んでいるので、内部にLEDを取り付けて電飾することにしました。レイアウトに活用するあては全くありません。とりあえず電灯が点いている光景を楽しみたいという興味からの工作です。

このキットは、1/150スケールのNゲージレイアウトのサイズです。今後もスタジオジプリの作品内に登場した建物がさんけいからキットで登場するとのことです。第2弾として、「魔女の宅急便」の「グーチョキパン店」が発売されています。残念ながら、初回分は品切れなので、私はまだ入手していません。「サツキとメイの家」を存分に楽しんでからで構わないので、次回出荷分を待ちたいと思います。

この調子で楽しい建物が増えていくと、いつかジプリワールドのジオラマが出来るかもしれません。線路には「千と千尋の神隠し」の電車が走り、ネコバスがTOMYTECのバスコレ走行システムで動き回るっていう世界が作れるかもしれません。

102

洋館部分の出窓には、「みにゅちゅあーとブログ」の記載を参考に、少々色入れしてあります。しかし組み込んでしまうと、その色入れが全く目立ちません。内部に灯りを付ければ、その色入れ作業が生きてくるかと思います。

103

当初は素組みして楽しむだけの予定だったのですが、このキットの完成間際に、電飾のプランを思いつきました。そのため、ベースからは簡単に外せるようにしています。しかし、主要部分の屋根や天井はガッチリ接着していますので、床板に穴をあけてLEDの取付をするほかありません。全体的なビジョンを持たず、無計画に作っていると、後で苦労します。私の人生のようで身につまされます・・・。

104

鋭利なデザインナイフで、内部の部屋の構造を確認しながら床板をカットしていきます。部屋ごとに壁があるので、このままでは非常にたくさんのLEDを使用しなければなりません。この部屋の間の壁も取っ払うことにします。
床板や壁を取り払うと、建物の強度が大幅に失われます。潰れないように、丁寧に少しずつ切り取っていきます。

105

玄関部分は、引き戸のすぐ後ろに壁があるので、まずこの壁を切除します。
これで玄関ホールに取り付けたLEDから、灯りが外に漏れる状態を表現できるでしょう。

106

その他、台所部分や日本間部分など、部屋の間にある壁を切除します。
このキット、あまり電飾を前提としていないのか、やたらと壁があります。強度を保つには有効だと思いますが、組み立て手順の簡略化にもこの壁が一役買っていると思います。

組み立て途中から電飾を意識していれば、こんな後から苦労することは無かったのに、と思います。

107

洋館部分は、部屋部分と屋根裏部分に天井があって、光の透過を阻んでいます。この天井部分も切除します。

108

このキットの茶色い部分のボール紙パーツはLEDの光を通しませんが、洋館部分等の白い壁のパーツは少々透過してしまいます。内側部分にアルミテープを貼って遮光します。組み付けた後からピンセットを使用してのアルミテープ貼りは時間を要します。

109

LEDランプで壁がすける部分をチェックして、その箇所にアルミテープを貼ります。今夜はここまでにて作業終了です。

次回はLED取り付け、配線、そして点灯実験までもって行きたいものです。LEDは合計6個使用する予定です。

前回はこちら
さんけいの「サツキとメイの家」ひとまず素組みで完成です

次回はこちら
「サツキとメイの家」電飾改造完了!窓から漏れる灯りにワクワク

|

« 「週刊ロボゼロ」第10号 今回もお気楽!左前腕4個のネジ締めだけです | トップページ | 「サツキとメイの家」電飾改造完了!窓から漏れる灯りにワクワク »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

 ガリバーさん、 見事です。

投稿: honest | 2011年4月21日 (木) 00時25分

先週の土曜日に秋葉原で電子工作のフォーラムがありNATOCのユーザさんの展示のお手伝いに行ってきました。(URL)
はやぶさの川口さんの基調講演がおりかなりの盛況でした。

NATOCのデモは順調で熱心に質問されるお客さんがいました。
しかし一番の天敵は子供で順調に動いている車両を容赦なく、わしづかみにしてきます。
まぁその子達にも鉄道模型の素晴らしさを伝える事ができればと思い顔では笑っていました。

投稿: カズキ | 2011年4月21日 (木) 07時24分

はじめまして、いつも楽しみに拝見させていただいています。
YUJIさんのブログでこのキットを知り、早速3セット注文。1セット素組みして知り合いにプレゼントしました。
次に組むときはYUJIさんにならって電飾を考えているのですが、壁の問題のほかに気づいたのが和室の障子部分です。白い壁と同じ材質なので、電飾の大きな壁になりそうですが、どうされる予定ですか?
今後の進展、楽しみにしてます。がんばってください(^ ^)

投稿: ま”あ | 2011年4月21日 (木) 11時08分

>honestさん、こんばんは。

昨夜は床抜き壁抜きで力尽きました。破壊活動していたら、寝ている間に縛られそうです。


>カズキさん、こんばんは。

フォーラムお手伝い、お疲れ様でした!
NATOCのコントロールによる鉄道模型の素晴らしさは、子供たちの脳裏にも焼きついたことでしょう、イベントに子供が来られないと裾野が広がりませんし、わしづかみ攻撃は悩みどころですね。

はやぶさの川口さんが基調講演されたとは、羨ましいです。


>ま”あさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

3セット買われたとは凄いですね!魅力的なキットなので、作るたびに楽しくなりそうですね。

和室の障子の部分は白い素材なので、壁とは異なり遮光措置をしていません。サツキとメイの家の時代にはそぐわないほどの明るい照明を入れると、適度に透けてよい感じです。その代わり、白い壁の部分の遮光を徹底しました。

今夜も電飾作業を続けていますが、玄関灯や井戸も照明を点けているので思いの他時間が掛かってしまい、記事編集が出来そうにありません。明日にはアップして報告したいと思います。

投稿: YUJI | 2011年4月21日 (木) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/51350331

この記事へのトラックバック一覧です: 「サツキとメイの家」無計画な電飾改造開始です:

« 「週刊ロボゼロ」第10号 今回もお気楽!左前腕4個のネジ締めだけです | トップページ | 「サツキとメイの家」電飾改造完了!窓から漏れる灯りにワクワク »