« 「鉄道模型少年時代」電源周りスッキリ作戦1 ~太古のダイナブックは死してコネクタを残す~ | トップページ | 「鉄道模型少年時代」電源周りスッキリ作戦3 ~N-1001-CL機能保持して底板部分を除去~ »

2011年5月17日 (火)

「鉄道模型少年時代」電源周りスッキリ作戦2 ~TOMIXのパワーユニットN-1001CLの小型化計画~

講談社のNゲージジオラママガジン、「鉄道模型少年時代」の製作の話題です。

201

レイアウトを納める専用クリアケース内部にスッキリと電源ケーブルをまとめる作戦を継続しています。今回は、この専用クリアケースの引き出し部分に収まる走行用コントローラーを作成すべく、素材となるTOMIXのN-1001-CLを買ってきました。車両のライトを常時点灯させながら、ゆっくり走行が可能なコントローラーです。「鉄道模型少年時代」に付属してきたコントローラーでは、レイアウトを楽しむのに少々力不足なのです。

202

箱から取り出すと、見慣れた筐体が姿を現します。
数年前にN-1000-CLからN-1001CLにモデルチェンジしましたが、本体部分はそのまま同じ筐体を使用し、電源部分のみ本体内蔵からACアダプタに変更になりました。車両のライトの常時点灯の基本性能はそのままに、安全性向上とパワーアップが図られています。

203

使う側としては、大きなACアダプタが外部にあるよりは、内蔵してくれた方が使い勝手が良いのですが、電気用品安全法上の問題や、コストダウンのために仕方ない処置なのでしょう。

204

この付属のACアダプタは、12V、1.25AのスイッチングACアダプタです。ごくありふれたスペックなので、自己責任にて市販のACアダプタを使用することも出来そうです。

205

実際に、「鉄道模型少年時代」の照明用に使用している12VのスイッチングACアダプタを使用しても、全く同じように車両走行が可能でした。つまり、ACアダプタはクリアケースの台座部分に固定してしまって、コントローラーを他のレイアウトに使用するときにはもう一つ別のACアダプタを使用すれば良いということに気が付きました。

206_3

長年愛用している旧製品のN-1000-CLと並べて比較します。
本体上の表記の色が異なる以外、全く同じ形状です。ACアダプタの性能向上により、スペックは少々上がっています。

207

但し、新型のN-1001-CLも、専用クリアケースの引き出しに収納できません。上下に分厚くて、僅か数ミリはみ出るのです。

208

先月、竹内さんより、このコントローラーの台座部分を取り払えば引き出しに収納できるという情報をブログのコメントにて頂きました。竹内さんは、コントローラーを改良されて自作の照明&サウンドシステムのコントロールボードと共にケースの引き出しにビルトイン化されています。

素晴らしい情報、ありがとうございました。
そのアイデアを頂き、私もこのN-1001-CLを改良して引き出しに納められるようにしたいと思います。電源スッキリ化の要となる改造です。

209

専用ケースにビルトイン化する技量も度胸も無い私は、底板部分を取り除いても他に使用できるようにする予定です。ネックとなるのは、本体左横のポイントスイッチの接続部分です。この部分も、上下に短縮した本体部分に移設して、機能保持しなければなりません。

買ったばかりの1万円のコントローラーを切った貼ったして改造するのは気が引けます。後日行います。

前回はこちら
「鉄道模型少年時代」電源周りスッキリ作戦1 ~太古のダイナブックは死してコネクタを残す~

次回はこちら
「鉄道模型少年時代」電源周りスッキリ作戦3 ~N-1001-CL機能保持して底板部分を除去~

|

« 「鉄道模型少年時代」電源周りスッキリ作戦1 ~太古のダイナブックは死してコネクタを残す~ | トップページ | 「鉄道模型少年時代」電源周りスッキリ作戦3 ~N-1001-CL機能保持して底板部分を除去~ »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

数ミリなら引き出しの底をくり抜いてコントローラをはめ込むという手はどうでしょう。
コントローラがすっぽり抜けないようにテープか何かを巻いてストッパーを付ける必要がありますが。
と現物を見ないで勝手にコメントしています。

投稿: カズキ | 2011年5月18日 (水) 08時11分

カズキさん、こんばんは。

>数ミリなら引き出しの底をくり抜いてコントローラをはめ込むという手はどうでしょう。

なるほど、そんな手もありますね。買ったばかりのコントローラー、いきなり保証が無くなる心配もありませんし。切り抜いた引き出しの底に薄いアクリル板でも取り付ければ問題無さそうです。

しかし、もう既に改造したコントローラーの底の方にアクリル板のカバーを取り付けてしまいました・・・。

投稿: YUJI | 2011年5月18日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/51613885

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄道模型少年時代」電源周りスッキリ作戦2 ~TOMIXのパワーユニットN-1001CLの小型化計画~:

« 「鉄道模型少年時代」電源周りスッキリ作戦1 ~太古のダイナブックは死してコネクタを残す~ | トップページ | 「鉄道模型少年時代」電源周りスッキリ作戦3 ~N-1001-CL機能保持して底板部分を除去~ »