« メルクリンのZゲージへの憧想 | トップページ | 「週刊零戦をつくる」第92号 尾輪覆い組み立ては、一部作業手順入れ替えました »

2011年6月 4日 (土)

「グーチョキパン店」4 電飾改造準備のために天井に大穴!

株式会社さんけいのみにちゅあーとキットの「グーチョキパン店」の製作の話題です。

組み立て時間が10時間とパッケージに記載されているものの、私の場合はLEDによる電飾を行うために、なかなか作業が進みません。完成してからLEDを設置すると非効率のために、組み立て段階にて壁の切除などを行っておくことにします。

0401

前回、壁から見える店内の光景のシートの位置をずらしました。ただ、床板パーツはまだ壁と接着することが出来ません。今回は、天井部分等を改良してLEDの設置場所を確保することにします。

0402

天井改造の前に、まず建物の離れ部分に2階に上がる外階段を設置します。階段や手摺の造形が細かいので、建物の良いアクセントとなりそうです。

0403

とても良い感じの階段になりました。
こういう細かい造形は、さんけいさんのキットならではです。

0404

屋根の貼り付けはLED取り付け後となりそうですが、屋根シートを切り抜いて準備を開始します。
建物パーツと異なり、屋根シートは線に沿って定規を当ててカッターナイフで切らないといけません。とはいえ、難しい曲線は無いので、切り抜き自体は簡単です。

0405

ただ、屋根シートの切断面は白くなっていて気になります。断面にサインペンで色入れします。
ダイソーで買ってきた24色水性サインペンが便利です。素材に染みて色が濃くなるので、思ったよりもかなり薄めの色で塗ることがポイントのようです。

0406

離れ部分の屋根には、屋根裏部屋の出窓があります。ここからもLEDの光が漏れるようにしたいものです。
1階と屋根裏部屋双方にそれぞれLEDを設置すれば安直に問題が解決しますが、やたらとたくさんLEDを使用しなければならなくなります。

0407

屋根シートは、ベースの厚紙の方に接着剤を塗ります。
これもアルテコの速乾クリアでOKです。この写真の様にたくさん塗らなくても大丈夫です。

0408

屋根シートを貼り付けて、赤い瓦屋根が出来上がります。でもLEDを取り付けてから壁に接着するので、しばらく保留です。

0409

母屋部分は、屋根裏部屋と1階の間の天井を4分の3程度切除します。屋根の強度が大幅に低下しますが、このくらいなら問題ないでしょう。

0410

これで上部に取り付けたLEDから、下部の窓にまで光が回るようになると思います。

0411

離れ部分も天井を抜いてしまいます。屋根裏の出窓から1階の壁の窓まで一つのLEDで賄えるでしょう。

0412

設置するLEDの数量を何とか6個に抑えたいものです。
建物の組み立てが殆ど進んでいません。次回はLEDの取付を行いながら、屋根を接着してしまいたいものです。

|

« メルクリンのZゲージへの憧想 | トップページ | 「週刊零戦をつくる」第92号 尾輪覆い組み立ては、一部作業手順入れ替えました »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/51834074

この記事へのトラックバック一覧です: 「グーチョキパン店」4 電飾改造準備のために天井に大穴!:

« メルクリンのZゲージへの憧想 | トップページ | 「週刊零戦をつくる」第92号 尾輪覆い組み立ては、一部作業手順入れ替えました »