« 「グーチョキパン店」8 オート3輪のライトのレンズ付けて設置 | トップページ | 「グーチョキパン店」10 小粋な小物の追加で完成! »

2011年6月14日 (火)

「グーチョキパン店」9 フォルムを崩さず街灯の点灯化!

株式会社さんけいのみにちゅあーとキットの「グーチョキパン店」の製作の話題です。

0901

前回のオート3輪のライトの点灯化に引き続き、入口右側の石畳に設置する小さな街灯も点灯化したいと思います。支柱が細くて華奢な造形なので、出来るだけフィルムを崩さずにスマートな改造を施したいものです。街灯の支柱部分を作りかえる方法もありますが、出来るだけオリジナルパーツのままの改造を施したいものです。街灯の点灯化改造自体は、これまでの鉄道模型のストラクチャー点灯化の作業の応用です。

0902

街灯の電飾化に使用するのは、横幅1.6mmの小さなチップLEDです。これに直径0.1mmの極細ポリウレタン線のケーブルを半田付けしています。このサイズならば、オリジナルの硬質紙の街灯のライト部分の造形を崩さずにLEDを点灯させることが出来ると思います。

0903

LEDは白色で、そのまま使用すると古いデザインの街灯にそぐわないために、発光面にクリアイエローを塗ります。これで暖色系の灯りとなります。LEDを点灯させながら、塗り残しをチェックしつつ塗るのがポイントです。クリアカラーは多少厚塗りしても光を透過するので便利です。

0904

街灯のランプ部の突起の造形を削り取り、チップLEDの発光面を下に向けて、ゼリー状瞬間接着剤で接着します。瞬間硬化スプレーを吹き付けて、一気に固定します。接着剤が多少白化しても、上から塗装するので構いません。

0905

チップLEDのケーブルを、街灯の支柱に這わせて接着固定します。極細のポリウレタン線なので、ピッタリ2本並べて固定すれば殆ど厚みは気になりません。。

0906

LEDの基部や支柱に這わせたケーブルを、ラッカー系塗料のセミグロスブラックで塗ります。

0907

街灯の支柱の基部のパーツ、そしてライトの上の傘状の造形パーツを接着します。
ケーブルは殆ど目立ちません。オリジナルのパーツの華奢な雰囲気はそのままです。

0908

建物の入口の右側の石畳に穴をあけ、街灯のケーブルをボード下に通します。

0909

街灯を固定し、ケーブルはオート3輪の配線と直列接続し15mAのCRDを回路内に挟み込んで結線します。合計7個のLEDの配線を、プラスマイナス2本のケーブルにまとめて建物下から出します。

0910

全くオリジナルの形状を保ったまま、街灯が石畳の上に立てられました。LEDが小さい上に、ケーブルが見えないので、発光させないと点灯化させていることは判らないでしょう。

0911

傘の部分が階段状になってしまっていますが、映画の世界そのままのレトロな街灯です。早速点灯実験したいと思います。

0912

白色電灯の暖かい色調にて街灯が灯りました。
意図せず、様々な色調で変化に富んだ照明効果が得られたと思います。

0913

街灯よりも、小さなオート3輪のライトの方が明るいのが不自然ですが、良いアクセントになっているかと思います。

0914

これで電飾化改造の作業は全て終了です。
まだ小さなアクセサリーを作成して設置する作業が残っています。もう少しパン屋の製作が楽しめそうです。

|

« 「グーチョキパン店」8 オート3輪のライトのレンズ付けて設置 | トップページ | 「グーチョキパン店」10 小粋な小物の追加で完成! »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

先日とんぼさんに紹介して頂いた模型ちゃんねるの録画を見ました。
どれも秀作で私なんか足元にも及ばない作品ばかりですが、どれも基本はイラストボードをメインに使ったペーパークラフトですね。
何枚も重ねて立体感を出すテクニックはさすがですね。

中でも畑中さん(フレンチの坂井シェフ似)の作品は特別な道具を使わずすごいのを作っていましたね。
ただ道路の敷石施工だけで70時間と好きでもできない根気が必要ですね。
都電が交差点でクロスするとこはそそられました。ぶつからないような電子制御をやってみたいなと思いました。

リニア鉄道館、C62、0系など見所満載の番組でした。

投稿: カズキ | 2011年6月15日 (水) 06時21分

カズキさん、おはようございます。

私も録画見ました。

熱海の旅館などの工作は、さんけいさんのキットの構造に似た感じでした。重ねて奥行きを出す手法、お見事でした。ひっそりバスコレ走行システムも登場していました。

完成レイアウト、前回以上に素晴らしい作品でしたね。マイスターたちがそれをたった1ヶ月間で仕上げたということに驚きです!

畑中シェフの作品、良い味を出していましたね。ダイヤモンドクロスで衝突しないかヒヤヒヤしてみてしまいますが、絶妙のタイミング。きっと何度も撮影したのでしょうね。

3月14日に開館したリニア・鉄道館でC62の取材をしていたので、本当に最近作られたものだったようですね。続編を期待しています。

投稿: YUJI | 2011年6月15日 (水) 07時50分

ご無沙汰してます。私もマイスターサン達の凄い工作に夢中で妻と視ていました。ほとんどがイラストボードによる工作であのようなレイアウトを一ケ月ほどで作り上げる根気には脱帽ものです。

投稿: タッ君パパ | 2011年6月15日 (水) 17時41分

グーチョキパン店、もう少しで完成なのですが、休暇前の週にて時間が無く、今日は記事になりません。何とか旅行前に完成させたいものです。


>タッ君パパさん、こんばんは。

まさにマイスターの競演でしたね。映像保存して、繰り返し楽しみたいものです。1ヶ月では少年時代の4号分の進行です。僅かしか進まないくらいの期間ですね。

投稿: YUJI | 2011年6月15日 (水) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/51927057

この記事へのトラックバック一覧です: 「グーチョキパン店」9 フォルムを崩さず街灯の点灯化!:

« 「グーチョキパン店」8 オート3輪のライトのレンズ付けて設置 | トップページ | 「グーチョキパン店」10 小粋な小物の追加で完成! »