« みにちゅあーとキット「グーチョキパン店」作れるでしょうか? | トップページ | 「グーチョキパン店」3 電飾に応じて各所に穴あけ »

2011年6月 1日 (水)

みにちゅあーとキット「グーチョキパン店」組み立て開始です!

株式会社さんけいのみにちゅあーとキットの「グーチョキパン店」の製作を開始しました。前作の「サツキとメイの家」と同様に、パッケージには作業時間10時間と書かれています。しかし私は電飾も行う予定なので、その倍くらいの時間を要すと思われます。

0201

前回開封したものの、手がけることが出来ずにいました。今回は準備万端整えて、いけるところまで行きます。焦らずゆっくり製作したいものです。カッターナイフ、ピンセット、接着剤、定規など用意します。屋根シートのカッティングの段階になったら、水性サインペンも引っ張り出さねばなりません。まだ先のことです。

0202

さんけいのペーパークラフトは随分作ってきました。建物については、設計に一定のパターンがあります。形状と色の異なる硬質紙のパーツを2枚か3枚重ね合わせて、立体感を出すというものです。パーツは細かい箇所までレーザーカットがなされているので、隅の数箇所をカッターの先で切り離せばOKです。

でもNゲージサイズの1/150のペーパークラフトは細くて細かいパーツが多く、サクサクとは進みません。

0203

窓ガラスの部分は、壁の裏側に付属の透明プラ板を切って貼り付けます。
透明プラ板は、説明書が指示する寸法に従って切り分ける必要があります。適当な大きさに切ってしまうと他の部分と干渉したりするので、正確に切らないといけません。

0204

まずは通りに面した母屋部分の作成です。4方の壁を作成します。それぞれ3枚のパーツを重ね合わせて貼り、更に窓を裏側からはめ込んで透明プラ板を貼るという手順です。

0205

建物内部には、ちゃんと天井部分があります。また、補強としての屋根裏のパーツがあります。
LEDによる電飾を施すので、ある程度それを考慮した組立てを行う予定です。

0206

天井パーツには、屋根裏に配線を通すための穴をあけておきます。また、屋根裏の補強材にも穴をあけます。完成後に行うよりも合理的でしょう。

0207

母屋の中央部分には、部屋を仕切る壁があります。この部分から分けてLEDを設置する必要がありそうです。

0208

屋根の骨組み部分を組んだら、4方の壁を組み合わせて母屋部分を作っていきます。堂々たる深い三角屋根が姿を現します。

0209

白っぽい壁はLEDの光を透過しそうなので、アルミテープで遮光します。これも完成後に行うと面倒なので、組み立て途中からドンドン貼っていこうと思います。

0210

実は、母屋部分の壁を組むまでで2日掛かり、3時間以上を要しています。壁の内側にアルミテープを貼るのにも細かい作業をしています。

全7ページに及ぶ説明書の、まだ1ページと少し進行したに過ぎません。一気に作ってしまえる作業量ではないので、ボチボチペースで作成したいものです。

|

« みにちゅあーとキット「グーチョキパン店」作れるでしょうか? | トップページ | 「グーチョキパン店」3 電飾に応じて各所に穴あけ »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/51808961

この記事へのトラックバック一覧です: みにちゅあーとキット「グーチョキパン店」組み立て開始です!:

« みにちゅあーとキット「グーチョキパン店」作れるでしょうか? | トップページ | 「グーチョキパン店」3 電飾に応じて各所に穴あけ »