« パリ管弦楽団とショパン・ドラクロワ探訪 | トップページ | 旅行荷物管理の秘密兵器? »

2011年6月26日 (日)

さようならパリ~通常の生活に戻ります

留守中、皆様から多くのコメントを頂き、本当にありがとうございました。
もちろん全て読ませていただいていましたが、旅行中は時間が無く、レス出来無くて申し訳ありませんでした。一方的に何度か記事投稿するのがやっとといった状態でした。

6月18日から26日までの7泊9日のミュンヘン-パリ旅行から帰ってまいりました。短い間ではありましたが、とても心地よい気候の時期のために存分に楽しみ、リフレッシュ出来たかと思います。特にパリでは、かつて妻が4年間住んでいた地域に程近いモンマルトルに滞在して、有名観光地ではないスポットをのんびり散策出来ました。

201106250101

4泊お世話になったメルキュール・モンマルトルの客室の窓からの見慣れたパリの景色ともお別れです。夜10時過ぎまで明るいこの時期は、深夜まで人が絶えず、ついついつられて宵っ張りになってしまいます。滞在中は最低気温12度~14度、最高気温21度~25度と快適です。長袖のシャツにジャケットを羽織り、朝晩は中にカーディガンを着ないと肌寒い程です。乾燥しているので、街歩きをしていても汗ばむことはありません。

201106250102

メルキュール・モンマルトルで、唯一日本語を話すフロント氏です。
このホテルはパリの街中にあるのに300室以上の客室を持つ大型ホテルですが、滞在中には我々の他に日本人の姿は見当たりませんでした。

このフロント氏、全くのフランス人顔なので油断していると、「お早うございます」という非常に流暢な日本語で話しかけてこられてびっくりします。出発の朝は「ご旅行は楽しめましたか?」という低音のシビレる声で尋ねてくれました。フロントの方は胸に話せる言語の国旗を付けているので、非常に判りやすいのです。皆さんはフランス語、英語は全員の方が話し、プラス他の言語が1語か2語が加わるといった感じです。

我々の場合は妻がフランス語を話すので、旅行中には不自由なかったのですが、やっぱり母国語で話せると安心感があります。

201106250103

ただでさえ多い荷物が旅行中に更に増加しているので、空港へは例の渋い声の日本語を話すフロント氏に呼んでもらったタクシーで向かいます。土曜日の午前中のために空いているのか、30分少々でシャルル・ド・ゴール空港ターミナル1に到着します。料金は荷物込みにて46ユーロ弱。チップ含めて50ユーロ渡します。

201106250104

ドーナツ状のターミナルの建物の内部を斜めに横切る歩く歩道のパイプが特徴的なシャルル・ド・ゴール(CDG)空港ターミナル1。私が23年前、20歳の時に、南回りのマレーシア航空に乗って成田から30時間ほど掛けて初めてヨーロッパの地に降りたのは、このCDGのターミナル1でした。近未来的な造形にびっくりしたものですが、今となってはレトロな産物に見えてしまいます。ルフトハンザもこのターミナルから飛び立ちます。

201106250105

CDGにて最も古いターミナル1の出発ロビーには、免税店も小さなものしかないので時間を持て余します。ファースト・ビジネスクラスのお客さんやルフトハンザの上級会員にはラウンジが用意されていますが、たまの旅行者にはゲート前のベンチにボケッと座っているほかありません。

ターミナル待合室にはwifi(無線LAN)のサービスがあり、15分まで試しに使用することが出来るとのこと。早速繋いで見ましたが、受信が出来ても送信が出来ない仕様になっているようです。ネールチェックは出来ても返信できません。

201106250106

クレジットカード情報をブラウザから入力するか、ターミナル待合室にある「RELAY」というコンビニでプリペイドカードを購入して、ID・パスワードを手に入れる方法があるようです。クレジットカードを使用しなくても良いというのは気楽な利用方法になると思います。
結局、私は搭乗時間まで間が無かったので、プリペイドカードを買ってまでネットを使用することはしませんでした。待合室のあちこちに自由に使用できるコンセントがあります。多くの方が暇つぶしも兼ねてネットに繋いでいるようです。

201106250107

パリからはフランクフルト乗り継ぎにて中部国際空港へ向かいます。いよいよ帰国の途に付いてしまいました。
パリからフランクフルトは1時間強のフライトですが、一応国際便なのでサービスがありました。バターの入ったパン。こんな何気ないパンがとても美味しいのがヨーロッパです。飛び切りのパンマニアである妻のお陰で私も洒落臭くパンの味を語れるくらいになることができました。

201106250108

ルフトハンザから中部国際空港に向かうのは、スターアライアンスのロゴを纏ったエアバスA340-300。沖止めにされているのでバスで向かいます。出発時間の45分も前に搭乗時間が設定されていたのでせわしいなあと思っていたのですが、この沖止めが原因でした。タラップを昇るのは楽しい。エコノミークラスのタラップには屋根が無く、要人が飛行機を降りるときに手を振っている光景を思い起こします。

201106250109

いよいよヨーロッパを発ちました。
若い頃は長期の旅行が出来たものですが、今では今回のようにせいぜい9~10日間の休みを取るのがやっとです。今度はいつ来られるのでしょうか。旅行を鼻先にぶら下げたニンジンにして頑張りたいものです。

201106250110

中部国際空港に到着したら車の運転が待っているので、乗機直後のドリンクサービスでのビールでアルコールは飲み納めです。上空は気圧が低いので、たった1本の缶ビールでもほんのり酔うことが出来ます。でも弱い方が調子に乗ると必ず失敗します。要注意でもあります。

201106250111

出発後、最初の食事です。焼肉とのこと。日本便には日本食を積むのがサービスなのでしょうか。ドイツでの調理なので、ご飯が少し往路と異なる気がします。お米の粒が小さくてパラついています。

201106250112

妻がチョイスした焼肉。相変わらず焼いたのだか煮たのだか判らない食感で妙に甘いのですが、機内では食べてしまうものです。

201106250113

モニターの飛行地図の下から盛り上がっている黒い部分は、夜の地域を表しています。この飛行機は北周りにて、夜をぐるっと巻くように飛んでいます。白夜の地域を飛ぶわけであり、出発から到着までずっと日が落ちることがありませんでした。

201106250114

到着2時間ほど前の2回目の食事。ミールの選択はありませんでした。
液状化したホウレンソウやジャガイモも、上空の非日常空間で食べると楽しい。
あまり寝られないまま、朝9時前の中部国際空港に到着です。

201106250115

到着直後から、「暑い!」。節電のためか空調の設定温度が高いので建物内も暑い。爽やかなパリから想像もできない真夏の蒸し暑さです。

ミュンヘンで小さなリモワのキャリーバッグを購入したので更に大荷物です。でも少々荷物が多くても問題ありません。空港の駐車場に車が待っているという安心感は代えられません。

ルフトハンザの日本便に乗る際には、エコノミークラスで一人当たり1個23kgの荷物を2個まで無料で預けることが出来ます。航空会社によって規定は異なるものの、かつては荷物1個しか預けられないことが多かったのに、航空会社によっては緩くなってきているようです。3個の荷物にうまく調整して重量オーバーにならないようにします。

重量制限が厳しく、1個当たり23kgを超えると容赦なく追加料金(結構高い!)を徴収されるので、チェックインカウンターでスーツケースを開けて機内持ち込みに振り分けて大騒動している方がおられました。

帰宅後には荷物の整理の後、通常の生活に戻ることになります。仕方ないことながら、ちょっと寂しいものです。

|

« パリ管弦楽団とショパン・ドラクロワ探訪 | トップページ | 旅行荷物管理の秘密兵器? »

2011年6月ミュンヘン-パリ旅行」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

YUJIさんおかえりなさい。充実した一週間を過ごされた事だと思います。
> でも弱い方が調子に乗ると必ず失敗します。要注意でもあります。
昔、アメリカに出張に行った時、離陸直後に普段飲んだ事ないテキーラを注文してしまいました。気が付いたら着陸1時間前でした。今までで一番楽なフライトでしたがおかげで機内食とアルコールを楽しめませんでした。

投稿: カズキ | 2011年6月26日 (日) 19時55分

カズキさん、こんばんは。留守中、ありがとうございました。お蔭様で、2年越しの計画の旅行を無事終え、夫婦ケンカも幸い無く、元気に帰ってまいりました。しかし時差ボケ激しく、油断すると寝てしまいそうです。

カズキさんも乗機中のお酒の昏睡体験お持ちでしたか。大人しくて周囲に迷惑かけず、CAさんもサービスすることなく、結果的に良いお客ということでしょうね。

私もブランデーで爆発的に酔ってしまって、降りるまでエライ目にあったことがあります。ビールの後にミニボトルのブランデー飲んでヘロヘロ状態になったくらいなので、テキーラ飲んでいたら倒れていたかもしれません。蒸留酒、要注意ですね。

いきなり蒸し暑い中に帰ってきて、今はパリの爽やかな空気と雑踏、光景を思い出してボーッとしています。イヤでも明日から山ほど溜まった仕事ですが。

投稿: YUJI | 2011年6月26日 (日) 20時13分

お帰りなさい。旅行の間の記事は拝見はしていました。ヨーロッパを満喫されている様子で、私も旅しているつもりになって、復興支援用発電機を作っていました。今日は中国から逆輸入の発電機を13台のトレーラーから荷降して設置で久々の総舵輪で周りの視線集めましたが、ブログを視ていて心穏やかにすごせ感謝してます。これからも楽しみに見させて頂きます。

投稿: タッ君パパ | 2011年6月26日 (日) 22時16分

YUJIさん 無事ご帰国お疲れ様です。
留守中無断でお邪魔させて頂いておりました。明日からは、又いきなり通常モードでの生活に戻られると思いますが、ここ数日の真夏の様な暑さにて体調を崩されませんように。
たくさんのプライスレスで重量制限に引っ掛からない思い出をお持ち帰りの事と思いますので、又楽しい記事を楽しみにしております。

投稿: マーボウ | 2011年6月26日 (日) 23時08分

>タッ君パパさん、こんにちは。

お忙しく重要なお仕事をされている中、のん気に遊んできてしまい、恐縮です。でもお陰様で非常にリフレッシュ出来ましたし、昨日酷かった時差ボケも、今日はさほどではありません。

工作関連に手を付ける間が無く、しばらくは仕事に忙殺されますが、旅行中に購入してきたおもちゃなど整理していきたいと思います。


>マーボウさん、こんにちは。

留守中、コメント頂きありがとうございます。レスする間が無くて申し訳ありません。

出かける時は涼しいくらいだったのに、1週間で気候が変わってしまったくらい蒸し暑いのに参っています。更に節電によるエアコン温度設定のために屋内も暑い!ご忠告通り、体調に気をつけたいと思います。

投稿: YUJI | 2011年6月27日 (月) 12時52分

 楽しいお二人の余暇、羨ましいですね。 あとのレポート楽しみです。

投稿: honest | 2011年6月27日 (月) 23時06分

 カズキさん、まだ MONDAY ですね。

投稿: honest | 2011年6月27日 (月) 23時23分

honestさん、こんにちは。

お陰様で夫婦ケンカも無く無事帰って参りました。

いきなり猛暑の中、仕事に忙殺されておりますが、落ち着いたら徐々に再開します。

投稿: YUJI | 2011年6月28日 (火) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/52049687

この記事へのトラックバック一覧です: さようならパリ~通常の生活に戻ります:

« パリ管弦楽団とショパン・ドラクロワ探訪 | トップページ | 旅行荷物管理の秘密兵器? »