« 2011年6月ミュンヘンーパリ旅行 出発早々無駄遣い・・・ | トップページ | シティナイトラインに乗って夏至のパリへ »

2011年6月20日 (月)

日曜日の時折大荒れミュンヘン博物館巡り

ミュンヘンでの第1夜が明けて、ル・メリディアンでの朝食タイムです。まだ時差ボケ解消していないのか、早朝より目覚めてしまって朝食時間が待ち遠しい感じです。夏至直前のために夜9時半頃まで明るい上に、朝は4時前から夜が明けてくるので感覚が狂いそうです。

201106190101

ホテルの中庭を望む日当たりの良いレストランでビュフェ形式の朝食です。給仕の方々がテキパキしている上に、ニコニコと愛想が良くて気持ちいい。

201106190102

パンやソーセージが朝から美味しい。
ご飯や味噌汁、漬物などの日本食コーナーもありました。怖いもの見たさで食べてみると、ご飯は炊き方が微妙ながらまあ許せるものの、ミソスープはコンソメに味噌風味の何かを入れているような感じ。スープとしては決して不味くないものの、味噌汁とは異なる不思議な液体です。具が何にも入っていません。

パンがどれも美味しいので、余程ご飯に飢えている人でなければ無理に食べるものでは無さそうです。

201106190103

今日は日曜日で、こちらではデパートを初め軒並みお店が休業なので買い物が楽しめません。日曜日のミュンヘン観光は博物館めぐりとなります。まずはBMWのお膝元ということで、オリンピック公園にあるBMW Welt(BMWワールド)です。BMW本社前の、BMWミュージアムに向かいます。

BMW本社ビル、通称4気筒ビルの隣のお椀のような建物がBMWの博物館、BMWミュージアムです。23年前に訪れた時と同じ光景。急に当時の事を思い出しました。長い年月が一瞬のように感じられます。ミュージアム入場料12ユーロ。
20歳に訪れた時には、またここにくることになるとは思っていたものの、23年も後のことになるなんて思っても見ませんでした。人生は儚いものだと思います。

201106190104

地下鉄駅からBMW本社までの間に、BMW Weltの巨大なショールームがあります。こちらは無料で最新モデルを見ることが出来ます。昼には非常に混雑してきました。アジア人は多いが、日本人はあまりいません。

昔は市内中心部のマリエン広場近くに大きなショールームがあったと思います。当時のフラッグシップクーペ、BMW M635CSiの運転席に座らせもらった思い出が強烈に蘇ります。ひょっとして、20歳の若者に、気軽に憧れの高価な車を触らせてくれた感動の体験があったので、今BMWユーザーになっているのかもしれません。当時、好きなだけカタログを持っていって良いって言われました。もらってきたカタログは今も大切に持っています。

201106190105

朝はまあまあ良い天気だったのですが、市内中心部のマリエン広場に行くと、時折嵐のような土砂降り。でも雨はすぐに上がって日が差します。晴れのち土砂降りのち晴れ。目まぐるしく天気が変わります。こちらの人は良くわかっているのか、振り出したらサッサと雨宿りしてやり過ごすようです。

201106190110

マリエン広場で雨宿りしていると、バリバリ雷が鳴ってすぐ近くに落ちた模様。この後、ドイツ博物館に向かったら、博物館のすぐ隣の大木が生々しく折れて倒れていました。先程、この木に落ちたようです。我々が雨の中、無理して歩いていったら落雷に遭遇していたかもしれません。

201106190106

BMW博物館の後は、ドイツの誇る科学技術を大量に展示するドイツ博物館に入ります。日曜日なので親子連れで賑わっています。

201106190107

昔訪れたときは日本語のパンフレットがあったはずなのに、無くなっていました。日の丸が隠されていてさびしい限りです。博物館の中で日本人には会いませんでした。来る人が少なくなって日本語サービスやめてしまったのでしょうか。

201106190108

内部には船や飛行機、宇宙船などの展示が目白押し。機内販売で買った時計のブランドの元となっているユンカースJU52と遭遇。こんなのどうやって搬入したのでしょうか。

201106190111

館内には、フライッシュマンのHOゲージのジオラマがあったのですが、調整中のために運転していません。残念です。
明日、鉄道模型店を訪れてみようと思います。

201106190109

そろそろ旬が終わりつつあるシュパーゲル(アスパラガス)を賞味。こちらでは4月から6月の下旬まで、アスパラガスの特別料理がレストランのメニューに載るようです。
青いアスパラガスは馴染みが深いですが、白アスパラガスといえばあまり美味しくない缶詰のものを思い起こします。でもこちらのものは全く別物!ビールとの相性もピッタリ。

20日の夜にはミュンヘン中央駅から夜行列車によってパリに向かいます。その前に、日曜日に出来なかったお買い物をアレコレする予定です。もちろん鉄道模型店にも行きます。

|

« 2011年6月ミュンヘンーパリ旅行 出発早々無駄遣い・・・ | トップページ | シティナイトラインに乗って夏至のパリへ »

2011年6月ミュンヘン-パリ旅行」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ミュンヘンといえば真っ先に思い浮かべるのはビールとソーセージとポテトですね。どれも大好物でパブロフの犬のようにヨダレを垂らしています。
YUJIさんのヨーロッパツアーに比べればセコいツアーですが、昨日ボランティア団体の日帰り旅行でスカイツーリーに行ってきました。
日本は梅雨時でバッチリとはいきませんでしたが世界一を目の当りにして来ました。
URLの写真は東武の250系とスカイツリーです。

投稿: カズキ | 2011年6月20日 (月) 14時20分

YUJIさん こんばんは
ドイツ旅 満喫されているようで羨ましいです。こちらも週末から降り続いておりうっとうしいお天気です。先日、深夜番組で素人の女性がドイツビールの飲み比べ旅をする企画を放送していて知ったのですが、ドイツでは、醸造所直営店で飲むというのが一般的らしいですね。ミュンヘンの周辺では、アサヒドライの様なアルコール度数のきついタイプではなく、フルーティなものとかスタウトが有名らしく、ドライタイプは、北部に行かないとあまりなじみではないと言っておりました。どちらにしろ、私にとっては大好物すが・・・

投稿: マーボウ | 2011年6月20日 (月) 23時04分

日本の深夜ですが、つられて冷蔵庫のビールをいただきます。 そちらのビール常温でしょうか?  カズキさん、もう火曜日ですね。

投稿: honest | 2011年6月21日 (火) 02時46分

 ついでながら、スカイツリーの威容想像できます。 九州の中央にあり、電波塔をもつ、われわれが、阿蘇と対照的に西の金峰山という休火山がほぼ同じ高さです。

投稿: honest | 2011年6月21日 (火) 03時11分

 またまたついでに、毎日登るバカ?がいます。

投稿: honest | 2011年6月21日 (火) 03時34分

> カズキさん、もう火曜日ですね。
はい、でも夜まで我慢です。

> ミュンヘンといえば真っ先に思い浮かべるのは
ビールやソーセージじゃなく、森田、横田、猫田の男子バレーでした。

投稿: カズキ | 2011年6月21日 (火) 07時18分

>ミュンヘンといえば真っ先に思い浮かべるのは、森田、横田、猫田の男子バレーでした。
アニメで、【ミュンヘンへの道】というのも作られましたね。
余談ですが、猫田選手、世界一の名セッターと呼ばれておりましたが、娘さんも、私の地元女子高のバレー部主将でセッターをやられてました。
今日は、昨晩のテニス観戦の睡眠不足を昼休みに解消しようと思います。伊達さんガンバレ!!

投稿: マーボウ | 2011年6月21日 (火) 12時17分

> アニメで、【ミュンヘンへの道】
ハイハイ知っています。毎週見てました。
その前のオリンピックではサッカーが銅メダル(前の前は女子バレー)と日本球技の黄金期でしたね。

投稿: カズキ | 2011年6月21日 (火) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/51994722

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日の時折大荒れミュンヘン博物館巡り:

« 2011年6月ミュンヘンーパリ旅行 出発早々無駄遣い・・・ | トップページ | シティナイトラインに乗って夏至のパリへ »