« 「週刊零戦をつくる」プロペラ+エンジンサウンドシステム仕上げました | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第25号 盛りだくさんの作業ですが、すぐ終わります »

2011年8月 1日 (月)

「週刊ロボゼロ」第24号 今回組み立てはないが、和時計のチラシが楽しいぞ!

2401

デアゴスティーニのパーツ付き・ハイスペックロボットマガジン「週刊ロボゼロ」の製作の第24号です。

同時に進めていた同じデアゴスティーニの「週刊零戦をつくる」は先週にて前100号終了しました。今までロボゼロと同時に4冊届いていたのですが、今回からはロボゼロのみ2冊の配達となりました。どちらを先に開封するか悩むこともなくなるので、腰を据えてロボゼロに取り組めます。しかし今回は組立作業がありません。ソフトウエアのインストール作業のみです。

2402

今号の中に、デアゴスティーニの新しいクラフトマガジンの紹介チラシが同封されていました。週刊「和時計をつくる」2011年8月30日の創刊です。全60号予定にて創刊号は890円、2号以降は1990円です。3月より新潟地区でテスト販売されていましたが、この度全国展開となったようです。

江戸時代の職人技を忠実に再現した和時計復刻モデルとのことです。デアゴスティーニさん、いつも上手いところを突いて来ると思います。零戦終了に合わせたタイミングなので、零戦作りそうな人は和時計にもグッと来ると思われたのでしょう。

2403

ムーブメントはもちろん機械時計です。ガワだけのインテリアではありません。完成後は高さ67cm、幅24cmの大型の置時計となります。
シリーズ全体の費用は11万8,300円。和時計タイプの置時計としては特別高価では無いでしょう。パーツを自分で組んでいくので、ホンの少しの歪みで歩度が大きく狂いそうではあります。

2404

創刊号から35号までの購読者へのプレゼントは、オリジナルの和時計風の懐中時計です。置時計が邪魔だから、むしろこっちが欲しい!
いつものように、創刊号だけは買ってこようと思います。文字盤あっても使い路ありませんが、創刊号だけは安いので問題ないでしょう。

2405

今回のパーツは、ソフトウエアCD-ROMだけです。ロボゼロ本体のパーツは何も付属していません。パッケージはペラペラです。

2406

パーツの一覧です。
ソフトウエアCD-ROM「RXコントローラー」です。
スタートアップDVDと同じように、ボール紙のケースに簡単に入れてあるだけです。一応、ロボゼロを制御するソフトウェアなので、ちゃんとCDケー寸納めてほしいものだと思います。

2407

今回の作業は、RXコントローラーのインストールです。
CD-ROMに収録されているROBO XERO専用アプリケーションソフト「RXコントローラー」をパソコンにインストールします。しかしインストーラーから起動するといった作りこみをしておらず、CD-ROMの中の2つのフォルダをPCのハードディスクにコピーして、読み取り専用を解除した後、プログラムの関連付けを行い、ショートカットをデスクトップに作成するといった作業があります。

2408

作業自体は冊子の組み立てガイドを見れば全く難しくはありませんが。インストールくらいインストーラーから行うようにソフトにもう少し手を加えることは出来たでしょう。ただ、レジストリやスタートメニューへの書き込みがないので、アンインストールの際にもコピーしたフォルダごと消すだけでOKです。

2409

実際にこのソフトウェアを活用するのは、ロボゼロが出来上がってからのことになります。次号からこのソフトウェアの解説が始まるとの事なので、事前学習をしていくようです。

2410

次号、25号のパーツは、ロボットスタンドパーツと右手の指のリンクなどです。
次号にて、ロボットスタンドを完成させます。実際に使用するのはロボゼロ完成後になるので、当分の間邪魔になります。
また、右手の指にリンクを取り付けて、親指と連動してモノを握る状況を確認します。すぐに終わると思うので、続けて作業を行いたいと思います。

前回はこちら
「週刊ロボゼロ」第23号 セクシーな小指立て!

次回はこちら
「週刊ロボゼロ」第25号 盛りだくさんの作業ですが、すぐ終わります

|

« 「週刊零戦をつくる」プロペラ+エンジンサウンドシステム仕上げました | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第25号 盛りだくさんの作業ですが、すぐ終わります »

週刊ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん こんばんは
>和時計のチラシが楽しいぞ
デアゴの新シリーズのお知らせ有難うございます。
以前、学研の大人の科学の和時計を作った私としては、思わず触手が動きましたが、創刊号で判断しようと思います。
作った当初は、毎日、時計の調整(天符の重り)しておりましたが、リビングに置いても天符が振れてゼンマイが動く時のあのカチカチ音が深夜になると隣の寝室でも気になり、今ではゼンマイも巻かず、同じく学研の茶運び人形のケースに入れたままです・・・

投稿: マーボウ | 2011年8月 1日 (月) 22時21分

こんばんは!和時計かなりそそられますねぇ~とりあえず皆さんと同様に創刊号を買って見ることにします。

ただ私はちょっと大きめの買い物をしてしまったので悩ましい所です。

今回買ったのはクレオスL5/レギュレーター/プラチナセ ットと言う物でいわゆるエアブラシです。今まで安い中国製を使っていたのですがエアが安定しなくて使いづらいと思っていた所に定価の半額程度で買えると言うので即買いしてしまいました。
高い分使いやすければ良いのですが・・・

投稿: 三日月 | 2011年8月 1日 (月) 23時39分

カミさんからいつももっと実用的な物を作ったらと言われています。
時計ならとも思いましたが、
今何時? 子の刻じゃ
ちょっと実用的じゃないかも。
当分ロボゼロだけでおとなしくしています。

投稿: カズキ | 2011年8月 2日 (火) 06時14分

>マーボウさん、おはようございます。

どこかで和時計キット見たことあると思っていたら、大人の科学でしたね。デアゴスティーニさん、ネタをパクった気がします。

私は創刊号の文字盤で満足する予定です。


>三日月さん、おはようございます。

エアブラシフルセットご購入ですか!凄いですね。手入れをすればずっと長く使えるでしょうし、大量に缶スプレーを消費している私は羨ましいかぎりです。

エアブラシ使用するために、プラモデルを買いたくなりそうですね。


>カズキさん、おはようございます。

>カミさんからいつももっと実用的な物を作ったらと言われています。

奥様のお言葉、ごもっともです・・・。
パッチワークは実用品が出来ますし。

我々作ってるもの、一見何の役にも立ちませんが、作っている間は大人しくしているので有用ではないかと。

和時計も、自作するということは狂うでしょうし、今何時だか換算しないとわからないので役立たずでしょうね。動くインテリアとなりますね。

投稿: YUJI | 2011年8月 2日 (火) 07時55分

さすがyujiさん、すでにプラモデルを3つ程買ってしまいました(笑)

投稿: 三日月 | 2011年8月 2日 (火) 08時52分

実用になるROLEXの組み立てキット、もしあっても、ネジ一本の管理もむりです。 恐ろしい別次元の界ですね。

投稿: honest | 2011年8月 2日 (火) 10時01分

>三日月さん、こんにちは。

トヨペットクラウンの他に二つもご購入ですか。ボディカラー思いのままですね。


>honestさん、こんにちは。

>実用になるROLEXの組み立てキット、

時計屋さん、キズミ使いながらサッサと調整されますが、私たちにはミクロの世界で手が出ません。私が和時計作ったら、狂いまくりでしょう、飛ばない零戦、走らない機関車やスーパーカーで良かったです。

投稿: YUJI | 2011年8月 2日 (火) 12時35分

YUJIさん こんばんは お誕生日おめでとうございます。遅く成りすみません。 會津は超豪雨により只見町金山町三島町柳津町坂下町南會津町等が家が水没したり橋が崩壊又は道路が崩れたり土砂崩れ等々に 只見線は鉄橋が崩壊したり 土が流され線路が宙吊りに成ったりで大災害に成りました。おおよそ 三年間以上復旧に掛かると思われます。会津若松市は運よく被害はありませんでしたが もうすぐで 川が反乱を起こす所でした。福島県は震災 原発 水害と 異常事態に見舞われて居ます。

投稿: 会津の鐵道マニア | 2011年8月 2日 (火) 18時38分

会津の鐵道マニアさん、こんばんは。

誕生日祝辞、ありがとうございます。

今回の豪雨の被害、心よりお見舞い申し上げます。テレビで見ている以上に現地では大変な被害になっていることを恥ずかしながら知りました。懸命の復旧作業にご尽力されていることと存じます。

投稿: YUJI | 2011年8月 2日 (火) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊ロボゼロ」第24号 今回組み立てはないが、和時計のチラシが楽しいぞ!:

« 「週刊零戦をつくる」プロペラ+エンジンサウンドシステム仕上げました | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第25号 盛りだくさんの作業ですが、すぐ終わります »