« 「週刊零戦をつくる」プロペラ+エンジンサウンドシステムのスイッチ移設作業 | トップページ | 問題児ユンカース(時計)の電池交換はゴムボールで! »

2011年8月23日 (火)

ドライブゲームで息抜き!「GT5」の3Dとドイツ版「blur」にはまる

長らく苦労してきたデアゴスティーニの零戦が完成し、今のところ新しい工作を手掛ける気持ちになれません。そのせいもあってか、この数日、PS3のゲームに明け暮れています。先月自室のテレビを新しくしたために、数ヶ月振りにPS3を起動してから、毎晩遊んでしまいます。細かい作業から解放されて、気楽な時間を望んでいるのかもしれません。

Gt53d01

昨年PS3と一緒に発売日に購入してからしばらく遊び、大体やり尽くした感のあるGT5です。今回久しぶりに起動したのは、このGT5は新しいテレビの3D機能に対応しているからです。携帯ゲーム機の3DSで気軽に裸眼3Dが楽しめる現在、ワザワザ邪魔な3Dグラスを掛けてまで楽しむ価値があるかどうかがわかりませんが、機能があれば試して見たいのが人情です。

Gt53d02

GT5を3Dで楽しむには、オプション設定を変更する必要があります。デバイスの3DTVの3DTVモードをONにすればOKです。2Dに戻す際には、ここをOFFにします。

視差の調整も出来ます。デフォルトは3になっていますが、最高の10にすると、かなりの階層化が楽しめました。

Gt53d03

そのままゲームを起動すると、デモ画面から3Dです。近くのものと遠くのものが別々に動き、その迫力はなかなかのものです。このブログの記事では3D体験できないので申し訳ありません3Dグラスを外すと、こんな具合に2重にブレて見えます。

Gt53d04

レース画面でも、その3Dの階層化は半端無いものとなっています。背景、道路、そして敵の車など、これでもか3Dを主張しています。かなり楽しいです。何より自分の操作に応じて画面が変わっていくので、3D映画やテレビ番組とは異なる類の迫力があります。

しかし、レースゲームに3Dが深みを与えるかというと、私個人の印象では微妙です。汗をかくほどハンドルコントローラーを激しく動かしていると3Dグラスが鬱陶しいですし、画面が多少暗くなるので細かい操作に支障が出そうです。3Dゲームの雰囲気を楽しむには良いのですが、細かい操作を強いられるGT5に於いてはゲーム進行に好影響があるわけではありません。

美しい景色を楽しみながら、お茶でも飲みつつ片手運転でのんびりドライブを楽しむようなゲームがあれば、この3Dモードが効を奏するのでは無いかと思います。

というわけで、GT5の3D体験はたった一日で終わってしまったわけですが、その後もPS3を起動して他のドライブゲームを楽しんでいます。3Dではありません。ドライブゲームではありますが、リアルな操作感のGT5とは全く異なるタイプのゲームです。

Gt53d05

それがこの「blur」というゲーム。ドイツ語版です。
6月にミュンヘンに旅行した際に、デパートで安売りしているのを買ってきたものです。幾らだったかすっかり忘れましたが、大した価格ではなかったでしょう。日本以上にPS3のゲームが大量に揃っていたので、何か買って来ようと思い立って適当に買ったものです。

しかしこのゲーム、日本に帰ってきてから調べたら、「ブラーレーサーズ」というタイトルでスクウェア・エニックスから日本語バージョンが昨年発売になっていました。やれやれです。日本でも簡単に手に入るものをワザワザドイツで買って持って帰ったわけです。しかもドイツ語版・・・。

帰国後は開封すらしていなかったのですが、GT53D体験のためにPS3を久しぶりに起動したことを契機に、2ヵ月経過後に内容を確かめることにしました。パッケージにはリアルなタッチでフォードGTとBMW M3が火花を散らしています。

Gt53d06

パッケージ裏の説明は、当然ドイツ語なのでサッパリわかりません。何だかやたらと火花が散っていて、真面目なレースゲームのには見えません。

Gt53d07

マニュアルもドイツ語です。何となく画面解説やコントローラーのボタンの役割はわかったように思います。とりあえずはインストールして起動すれば何とかなるでしょう。

ハンドルコントローラーには対応していませんでした。PS3の付属のコントローラーで遊ぶことになります。

Gt53d08

デモ画面からして、車を火花で弾け飛ばすような感じです。リアルな車の画像からは連想し難い荒っぽいゲームのようです。

Gt53d09

ゲームの画面の表記や音声の多くはドイツ語ではなくて英語でした。ゆっくり聞いていれば何とか理解できそうです。でも理解などしなくても十分に遊べるゲームでした。まさにこのデモ画面もままの荒っぽさです。リアルな操作を楽しむものとは対極的です。

道に設置してあるアイテムを取り、それを使用していくというアクションゲームです。敵車を攻撃したり、地雷を置いたり、ニトロでダッシュしたり、ダメージを受けた車を回復させたり、と、まるでマリオカートのようです。アイテムはアイコンを見れば用途が大体わかりますし、使っていれば指が覚えます。リアルな車のグラフィックと似つかわしくないハチャメチャアクションです。言語対応なんて関係ありません。遊んでいれば、じきに操作に慣れてしまいました。

Gt53d10

おなじみBMW1シリーズも登場するので、専らお気に入りとして使用します。

Gt53d11

3Dでなくてもスピード感満点な上に、ゲームの進行が早い!ガンガン敵車をやっつけていく快感は病み付きになります。
実車を忠実にデザインしたグラフィックを使用しながら、ボコボコになるまでやっつけるようなゲームを見ていると、つくづくアメリカンだなあと思います。実際の車の操作とは全く異なるのですが、車の姿を借りたアクションゲームとして、このところはまっている次第です。

ある程度やりこむまで、毎夜の暴走は収まらないかもしれません。

3D体験とは関係の無いドライブゲームの話になってしまいました。

|

« 「週刊零戦をつくる」プロペラ+エンジンサウンドシステムのスイッチ移設作業 | トップページ | 問題児ユンカース(時計)の電池交換はゴムボールで! »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

TVの ”top gear” 自分で運転するより快感ですね。 英国流の激しいユーモアのなかの真実、さすがですね。

投稿: honest | 2011年8月23日 (火) 22時07分

honestさん、おはようございます。

BSフジでやっているTOP GEAR、欠かさず録画して楽しんでいます。比喩と皮肉、しつこいほどの繰り返しの英国ユーモアのセンス、そして呆れるほどの予算と丁寧な番組作りに敬服しています。BBSって日本のNHKみたいなものですよね!

古い車を惜しげもなく潰してしまう(キライだってことでモーリス・マリーナなど)痛快さ、日本ではアチコチうるさくて作れないでしょうから、TOP GEARワールドで楽しませて頂きます。

投稿: YUJI | 2011年8月24日 (水) 07時48分

3D三昧(ゴロ合わせみたい)楽しそうですね。
> このブログの記事では3D体験できないので
3D、インターネットで伝えられないのはもどかしいですよね。私もいろいろ工夫しているのですがうまくいきません。

blurってどっかで見たスペルだと思いましたが、forcusの反対語でカメラでブレるの語源だと思います。
ドイツ語なので関係あるかどうか分かりませんが。
motion blur(流し撮り)と関係あるのでしょうか。

投稿: カズキ | 2011年8月24日 (水) 08時58分

カズキさん、こんばんは。

blurの意味、ありがとうございました。ドイツ対応版でしたが、元々アメリカのゲームなのでタイトルは英語でした。
ぶらーって何だよって思いつつ、そのミステリアスな響きにつられて手に取ったのですが、意味不明なためか邦題は「ブラーレーサーズ」なんて無粋なものになってしまっています。

確かにブレるようなアクションが楽しめるゲームです。

その内、PC画面も普通に裸眼3Dが普及していくかもしれませんね。3Dカメラで撮影した画像を気軽にアップできると楽しそうです。

投稿: YUJI | 2011年8月24日 (水) 21時14分

なぜか、3DTVと3DメガネとHDMIはそろっているのですが・・・
オプションのデバイスで3DTVの設定ができないんです(泣)

よかったら、なにか方法を教えてください(>ー<)

投稿: ゆうすけ | 2012年7月24日 (火) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/52547215

この記事へのトラックバック一覧です: ドライブゲームで息抜き!「GT5」の3Dとドイツ版「blur」にはまる:

» IKEA キッチンプランニング&収納プランニング ハウスキーピング etc... おまかせください(^3^)! [Witch House ウィッチハウス]
秋に向けてお部屋の雰囲気をかえてみませんか?お部屋のお掃除、お片づけや整理、ハウスクリーニング全般までOK! [続きを読む]

受信: 2011年8月24日 (水) 03時57分

« 「週刊零戦をつくる」プロペラ+エンジンサウンドシステムのスイッチ移設作業 | トップページ | 問題児ユンカース(時計)の電池交換はゴムボールで! »