« 「週刊ロボゼロ」指のブラブラを改良したい! | トップページ | 「週刊零戦をつくる」プロペラ+エンジンサウンドシステムのスイッチ移設作業 »

2011年8月21日 (日)

「週刊ロボゼロ」自己責任においての指動作実験動画です

デアゴスティーニのパーツ付き・ハイスペックロボットマガジン「週刊ロボゼロ」の製作の話題です。

ロボゼロの組み立てガイドの通りにハンドユニットを組み立てると、指が上下左右にブラブラする状態です。サーボモーターや指の動作に遊びを与えることにより、安全性を高めているのかもしれませんが、何とも気分が悪いので、昨日改良を加えました。今日は改良後にテストボードに接続して動作テストを行った動画をアップします。

但し、26号の7ページに「テストボードにつながない」とはっきり書かれているので、この実験は自己責任に於いて行っています。もちろん、事前にサーボモーターやリンクの動作を入念に調べて、問題の無いことは確認しています。冊子に書かれている禁止事項を行って壊れた際には、サーボモータやその他のパーツを交換する予定です。

01

指が上下左右にブラブラしていた状態は、指と指の間に熱収縮チューブを用いたスペーサーを入れることによって、格段に改善されました。金属製のナット等と異なり、軽くて抵抗が少ないので、指の動作に支障はありません。

02

オリジナルの状態では、親指とその他の4本の指とをリンクさせているネジが短くて、2本目の中指までしか届いていませんでした。恐らく工作を簡略化させるための措置と思われますが、これでは小指まで連動して動くわけがありません。
このネジを19mm程度の長さのものに交換して間にスペーサーを挟むことによって、4本の指が親指と連動するように改良しています。

03

あまりきっちりと詰めると指の動作が悪くなるので、多少は指が左右に動く程度のバッファを取っています。

ハンドユニットのサーボモーターのケーブルをテストボードに接続して、サーボモーターの動作ストを行います。はっきりと冊子に禁止事項として掲載されていることなので、怪我や破損が生じたら自己責任です。

サーボホーンに取り付けられたリンクの動作がハンドユニットに伝わり、親指とその他の4本の指を動作させている状態が確認できます。改良前は、4本の指がブラブラしていて波打っているような状態でしたが、改造によって揃うようになっています。

角度を変えた動画です。

ロボゼロの握るという動作がよく確認できるかと思います。

次号の28号、29号が届くのは来週のことになります。いよいよ右腕を胴体に取り付けます。

前回はこちら
「週刊ロボゼロ」指のブラブラを改良したい!

次回はこちら
「週刊ロボゼロ」第28号 胴体よりも重く立派な右腕!

|

« 「週刊ロボゼロ」指のブラブラを改良したい! | トップページ | 「週刊零戦をつくる」プロペラ+エンジンサウンドシステムのスイッチ移設作業 »

週刊ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん こんばんは
ロボゼロ改造開始 いよいよYUJIさんの本領発揮でしょうか?
これからただの素組みではない細かい改造が、施されるのでしょうね!
処で今日は、大阪くらしの今昔館で開催されている『原信太郎鉄道模型を極める』を見てきました。0番や1番ゲージですがその精巧さは目を見張るものがありました。90才を超える今日までご自身で製図された図面やその他の収集された鉄道資料等も展示されておりました。来年にはコレクションを展示する博物館が横浜にオープンする予定だと告知されていました。

投稿: マーボウ | 2011年8月21日 (日) 22時18分

マーボウさん、おはようございます。

ロボゼロ、改造できそうな箇所は少ないのですが、気になるところは手を加える予定です。基本を損ねるようなことは慎みたいと思います。

原信太郎さん、数年前に名古屋でも展示会をされていて、ため息をつきながらワクワク見てまいりました。横浜に博物館作られるとの情報、ありがとうございます。完成の折には是非訪れたいものです。

投稿: YUJI | 2011年8月22日 (月) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊ロボゼロ」自己責任においての指動作実験動画です:

« 「週刊ロボゼロ」指のブラブラを改良したい! | トップページ | 「週刊零戦をつくる」プロペラ+エンジンサウンドシステムのスイッチ移設作業 »