« 「週刊零戦をつくる」デアゴスティーニの他2作と並べて | トップページ | 「週刊零戦をつくる」オプションのフィギュア塗装!やけに色白のパイロットと整備兵 »

2011年8月12日 (金)

「週刊零戦をつくる」パイロット+整備兵アクセサリーフィギュア到着!ズッシリ来る重量感

既にお盆休みの方が多いかと思われます。私は明日から4日間のみ休みながら、明朝から私の実家や妻の実家へのお盆行脚となるので、しばらく工作お休みです。零戦終わってやる気もないし、丁度良いやって思っていたら、楽しいものが届きました。

デアゴスティーニの金属製本格スケールモデル、「週刊零戦をつくる」の製作の話題です。

01

オプションパーツのデアゴスティーニオリジナル「週刊零戦をつくる」二体組みパイロット+整備兵アクセサリーフィギュアが到着しました。デアゴスティーニさん、見ていたかのような機体が完成した絶妙のタイミングでの入手です。

02

今年の5月に注文していたもので、私にとっては零戦模型製作の最後の配布パーツとなります。1/16スケールのフィギュア二体で5200円、送料630円加えて5830円です。

03

イソイソとパッケージを開けます。
大量の梱包材に包まれて、金属製のフィギュア二体のパーツが出てきます。無塗装でユーザー組立品ということで、割と詳しい組立て解説書が添付されています。

04

パイロット、整備兵それぞれ頭部を含めた胴体、左右の手足などバラバラの状態です。軍服のシワが細かく表現されていて、結構リアルです。

05

パイロットのパーツです。
頭部と胴体、右腕、左腕、右足、左足、そして座布団代わりの落下傘です。

06

整備兵のパーツです。
左右の腕は、半袖の整備服から露出している上腕部が別パーツとなっています。右腕はクランクを握っています。

07

オプションパーツのチラシや通販ページを見ていて、勝手にパイロットは所ジョージさん、整備兵は清水圭さんのイメージを作っていました。実物を手にすると、整備兵の清水圭さんは結構イメージどおりでしたが、パイロットは若い頃の宇津井健さんの様に見えてなりません。

08

零戦模型の機体部部分の仕上げがスケルトンタイプや無塗装ならば、このまま組み立てて設置すれば良いでしょう。金属の質感がなかなか良好です。

しかし私の様に機体を塗装してある場合は、フィギュアも塗装してやりたいものです。解説書を見ると、使用する塗料は4色のみです。
パイロットの軍服及びパラシュート下部は濃緑色、パイロットのマフラーや整備兵の整備服はつや消しホワイト、パイロットのブーツや手袋、整備兵の靴や手に持っているクランクはつや消しブラック、二体の肌色やパラシュート上部は薄茶色です。

塗料の肌色は、通常「フラットフレッシュ」を使用します。しかし色合いが明るいので白人の様になってしまいます。日本人の顔色の表現ということで、薄茶色を指示してあるのでしょう。このカラーは持っていないので、買ってこようと思います。

09

このオプションパーツの通販受付時のチラシに着色例が掲載されていました。各部の塗り分けは、この写真を参考にします。

10

パイロットが搭乗する操縦席は、シートベルトが取り付けられています。塗装後のフィギュアをこの関に座らせて、ベルトを締めて完成となるのでしょう。

11

フィギュアの表面にメタルプライマーを吹きます。形状が複雑なので筆塗りが面倒になり、並べて一気にスプレーしました。裏表満遍なく吹いておきます。

12

手足を接着します。
解説書では瞬間接着剤を使用する旨書かれていますが、機体と同様、瞬着では後で脆くなります。ポロポロパーツが取れると思われるので、2液混合のエポキシ系接着剤を使用します。

13

組立てに時間を要するものの、エポキシ系接着剤でガッチリと手足が固定されました。
塗料を入手後、塗装を開始したいと思います。塗ったら当初のイメージ通り、所ジョージさんと清水圭さんのコンビになるでしょうか。

このフィギュアたちを早く塗装したいものですが、明日から帰省するのでしばらく放置となりそうです。

前回はこちら
「週刊零戦をつくる」デアゴスティーニの他2作と並べて

次回はこちら
「週刊零戦をつくる」オプションのフィギュア塗装!やけに色白のパイロットと整備兵

|

« 「週刊零戦をつくる」デアゴスティーニの他2作と並べて | トップページ | 「週刊零戦をつくる」オプションのフィギュア塗装!やけに色白のパイロットと整備兵 »

週刊零戦をつくる」カテゴリの記事

コメント

今の自動車のスターターと違って、昔の思い出では飛行機の始動は専用車などが必要だったようですが、さすが零戦、清水君とパイロットの呼吸でクランクスタート出来たのでしょうね。 セルモーターが無い頃の自動車と同じですね。

投稿: honest | 2011年8月13日 (土) 23時38分

 軽飛行機では、プロペラを手動でやっていますね。

投稿: honest | 2011年8月14日 (日) 00時21分

honestさん、こんばんは。

クランク回す整備兵、パイロット共々非常に精悍な顔をしています。所さん、圭さん、日頃のおちゃらけをやめて親権に零戦飛ばそうとしているように見えます。

我が零戦はクランクの力を借りずとも、赤外線リモコンのスイッチ一つで簡単に始動してしまいましが・・・。

プロペラのすぐ側でクランクを回していて、事故が起きなかったのか心配になりますね。

投稿: YUJI | 2011年8月14日 (日) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/52447096

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊零戦をつくる」パイロット+整備兵アクセサリーフィギュア到着!ズッシリ来る重量感:

« 「週刊零戦をつくる」デアゴスティーニの他2作と並べて | トップページ | 「週刊零戦をつくる」オプションのフィギュア塗装!やけに色白のパイロットと整備兵 »