« マドンナ老いたり・・・押入れワインの話です | トップページ | BMW特別試乗会「Taihei BMW Dribing Experience Day」スパ西浦モーターパーク »

2011年9月30日 (金)

新兵器、ジディニ(GHIDINI)のコルク抜きで、まだ続く押入れワイン挑戦

前回、コルクが劣化した古いワインの開栓に苦労した後、コルクに穴をあけずに抜くコルク抜きを入手しました。

Ghidini01

イタリアのジディニ(GHIDINI)のコルク抜きです。ジディニは今回買ったものだけでなく、スクリュプルに似た安楽な安物コルク抜きも販売しています。
amazonで735円(税込・送料込)と格安です。コルク抜きは100円ショップでも買えますが、中国製でなくてイタリア製で送料込にてこの値段とは不可解な程安いです。大丈夫でしょうか・・・。

それにしても、何でも売っていますamazon。

Ghidini02

箱を開けると、ちょっと重みのある物体がごろりと出てきました。しっかりとした道具の雰囲気です。

Ghidini03

黒い樹脂性の「鞘」から抜くと、反ったブリキ板の様な突起が、シャランと2本飛び出てきました。長短2本の突起は、板バネのようにたわみます。

Ghidini04

箱の裏に簡単な使用方法が写真と共に書かれています。この2本の突起をワインのビンとコルクの間に差し込み、コルクを両側から挟みこんで抜くというものです。
確かに、劣化したコルクに穴をあければ崩れますが、左右から挟みこむだけでは崩れることは無いでしょう。でも、ビンの縁に劣化したコルクが癒着している場合もあるので、そんなにうまくいくのでしょうか。

Ghidini05

今日もやけくその実験にて、長期熟成したワインを抜きます。
ボージョレの「ムーラン・ナ・ヴァン」1993年ものです。30分ほど冷蔵庫に入れて、適度に冷やしています。期待していないながらも、準備だけは怠りません。

Ghidini05_2

ムーラン・ナ・ヴァンはこの間1996年モノをあけて、ダメになっているのを確認しました。今回のものは前ほど安物ではないものの、全く期待できません。18年も前のボージョレなんて普通飲まないのかもしれません。

Ghidini06

このワインのコルクは悪くなっておらず、普通のコルク抜きでも抜けそうでしたが、せっかくなので新兵器を使います。

Ghidini07

ビンとコルクの間から金属の突起を差し込みます。意外と簡単に入っていきますが、他のボージョレと同様、コルクが緩いので内側に入っていきそうです。

Ghidini08

コルクがビンの中に入ってしまいそうになったので、慌てて引き上げます。浅く差し込んだだけなのに、簡単にコルクが抜けていきます。

Ghidini09 

殆ど無傷でコルクが抜けました。18年前のコルクは全く痛んでいない様子です。次回は少々痛んだコルクでも試したいものです。

Ghidini10

早速グラスに注ぐと、この前とは全く異なる新鮮なワインの香りがブワッと立ち上ります。色も良いし、既に良い気分。
恐る恐る一口飲んで「ウーン!」旨い!どこのブルゴーニュの極上ワインですか!と言いたくなるほどの深み。これは長期熟成の成果でしょうか。こんなに美味しいボージョレ飲んだの初めてです。

Ghidini11

ビンの裏のラベルを見ると、明治屋で買ったものらしい。多分、15年くらい前に買ったのかと思います。普通に押入れに入れておいてこんなに旨くなるワインになるとは、一概には言えませんが、明治屋さんの信頼度がグッとアップしました。

Ghidini12

期待薄なだけにつまみも用意していなかったので、買い置きのビーフジャーキーを齧ります。スパイシーな干肉と、清廉で深い赤ワインとの相性はまずまずです。

コルク抜きもまずまずの成果で、実験的に開けたワインもバッチリ。久しぶりに美味しいお酒で楽しむことが出来ました。

ヒヤヒヤして押入れワインを飲むのも良いですが、新しいものを買って来て、アレコレ薀蓄抜きで楽しみたいものです。

|

« マドンナ老いたり・・・押入れワインの話です | トップページ | BMW特別試乗会「Taihei BMW Dribing Experience Day」スパ西浦モーターパーク »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/51904516

この記事へのトラックバック一覧です: 新兵器、ジディニ(GHIDINI)のコルク抜きで、まだ続く押入れワイン挑戦:

« マドンナ老いたり・・・押入れワインの話です | トップページ | BMW特別試乗会「Taihei BMW Dribing Experience Day」スパ西浦モーターパーク »