« 晴天の連休最終日は服靴装備の補充のアウトレットモール | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第35号 シリーズの折り返し点です »

2011年10月11日 (火)

「週刊ロボゼロ」第34号 シオマネキ状態からの脱却!

3401

デアゴスティーニのパーツ付き・ハイスペックロボットマガジン「週刊ロボゼロ」の製作の第34号です。

毎回、作業がすぐに終わってしまうこのシリーズではありますが、このところはだんだんロボットの各パーツを組み合わせて完成形に近づいていく過程が実感できる作業が多いので、楽しいひと時となっています。

3402

今回のパーツは、サーボモーターです。
左腕の肘の部分の関節に取りつけるものとなります。ケーブルは長い方のタイプですが、胴体部分に近いので、かなり束ねて使用することになりそうです。

3403

パーツの一覧です。
サーボ(300)、M1.7x25mmネジ×3(※1本は予備)、M2x3mmネジ×7(※1本は予備) です。
これまでに付属してきことのあるパーツやネジばかりなので、目新しさはありません。付属のネジは両方とも、予備がかなり溜まってきています。取っておいても使い路は無いのでしょうが、捨てられないものです。

3404

今回の作業は、左腕の前腕部と上腕部の接続です。
サーボモーターを使って、左腕の前腕部を上腕部に取り付けて連結します。これで左腕の完成まで後一歩となります。右腕の組み立て手順をただ繰り返すだけではつまらないので、あえて異なる組み立て方となっているようです。

3405

組み立てには、付属のサーボモーターとネジのほか、ロボゼロの胴体部分、左腕の前腕部、33号に付属してきたサーボホーンとタッピングネジ、フリーホーン、そしてサーボの動作テストを行うためのテストボードが必要です。
片腕だけ取り付けてシオマネキ状態であったロボゼロにも、ようやく左腕が取り付けられることになります。

3406

サーボモーターの中央部の回転軸に、33号に付属してきたサーボホーンを差し込んでからタッピングネジで固定します。

3407

サーボモーターの動作テストです。今回も問題はありませんでした。
面倒ですが、一つ一つ動作テストを行ってからロボゼロに取り付ける必要があります。もし動作不良があった場合、後で取り外すのは面倒です。

3408

サーボモーターのケースの左側の2つのネジを取り外し、今回付属のM1.7x25mmネジと取り替えて左腕の上腕部の肘部分のサーボブラケットに取り付けていきます。

3409

M1.7x25mmネジを使用して、サーボブラケットとサーボを固定していきます。

3410

パーツを裏返して、サーボブラケットの反対側に、ネジの先が飛び出ていることを確認します。これでガッチリとサーボモーターが固定されました。

3411

組み立てガイドを見ながらサーボホーンの軸の位置を調整します。
サーボホーンを回すのには力が要ります。ピンセットを使用して慎重に回していきました。

3412

サーボモーターの裏側にフリーホーンをはめ込みます。
位置はネジ止めの際に調整するので、この段階ではとりあえずはめ込むだけです。

3413

左腕の肘の部分のコの字ブラケットに、今回取り付けたサーボホーンを固定します。

3414

位置調整したら、今回付属のM2x3mmネジ3本でコの字ブラケットとサーボホーンを固定していきます。

3415

反対側もコの字ブラケットとフリーホーンを固定します。
これで今回の作業は終了です。

3416

胴体パーツに左右の腕が取り付けられ、上半身が完成に近づきました。

3417

まだ左手の動かすための左前腕部内部のサーボモータを取り付けていません。
そのために指の動作のリンクがブラブラしています。ここは36号で取り付けられる予定です。

3418

次号、35号のパーツは、前腕カバーフレームやスポンジボールです。
36号には指を動かすサーボモーターが付属するので、次号は谷間の号ですが、前腕カバーフレームという目立つパーツを取り付けるという楽しい内容です。前腕カバーフレームとネジは左右の腕のものが付属しますが、左腕にはまだ指の動作を行うサーボモーターが取り付けられていないので、右腕だけの取り付けとなります。
34号と同時に届いているので、続いて作業を行いたいと思います。

前回はこちら
「週刊ロボゼロ」第33号 CD-ROMのデータは106KB

次回はこちら
「週刊ロボゼロ」第35号 シリーズの折り返し点です

|

« 晴天の連休最終日は服靴装備の補充のアウトレットモール | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第35号 シリーズの折り返し点です »

週刊ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

YUJIさんの写真の状態が全部のサーボモーターがニュトラル位置ですね。 35号によるとホームポジシヨンは、腕をさげていますね。 もっともこれがニュートラル位置だったら、腕を180度上に上げる事は出来ませんね。 作業より、勉強のほうが時間がかかります。

投稿: honest | 2011年10月12日 (水) 08時40分

honestさん、こんにちは。

サーボのホームポジション、ニュートラルではないものが多いのが特徴ですね。ロボットの動作に最適の角度にしてあるように思います。

解説どおりにサーボホーンの向きを整えて組みつけていますが、完成後に正確に動作する自信がありません。その際は、ブラケットの付け直しします。

投稿: YUJI | 2011年10月12日 (水) 17時42分

ホームポジションは、ニュートトラルでなくお互いの。・・・

投稿: honest | 2011年10月12日 (水) 21時15分

PS ホームポジシオン=RXの頭脳空時の直立像。

投稿: honest | 2011年10月12日 (水) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊ロボゼロ」第34号 シオマネキ状態からの脱却!:

« 晴天の連休最終日は服靴装備の補充のアウトレットモール | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第35号 シリーズの折り返し点です »