« Nikon D90 修理完了して戻ってきました! | トップページ | 秋空の信州へ、正しい日本の社員旅行! »

2011年11月25日 (金)

ミッドランドスクエア1Fトヨタ自動車ショールームの2000GTボンドカー特別展示

2011112501

今夜は、岡崎市シビックセンターコンサートホール「コロネット」で催された岡崎市音楽家教会の定期演奏会に出かけておりました。妻の原田純余も定期的に演奏している地元のコンサートなので、都合が付く限り応援及び雑用荷物持ちとして駆けつけます。

2011112502

演奏が終わって、演奏者たちが舞台に残って記念撮影をしている光景です。
妻の様なピアノ等のソリストは割と一匹狼的な方が多いのですが、弦楽や管楽の方々は仲良しさんが多く、演奏会の後に和気藹々と盛り上がっていて楽しそうです。来年もご一緒する機会があるようなので、欠かさず駆けつけたいと思います。

地元岡崎のコンサートなので、通常通り夜まで名古屋で仕事していたら間に合いません。午後から休みを取って早々に会場に向かうことにします。かといって、余りに早く行っても間が持たないので、寄り道します。

2000gt11

向かった先は、名古屋駅前のミッドランドスクエアです。
魅力的な場所が多いスポットですが、地下鉄からJRに乗り継ぐ際にはかなり寄り道をしないといけないので、なかなか行く機会がありません。商業エリアの吹き抜け部分には、巨大なイルミネーションのクリスマスツリーが聳えています。

2000gt01

ミッドランドスクエアで見たかったのは、1階のトヨタ自動車ショールームに特別展示中のトヨタ2000GTボンドカーです。11月1日から12月12日までの限定にて、「007は2度死ぬ」の撮影で使用されたトヨタ2000GTを見ることが出来るのです。

2000gt02

通常、このショールームにはいつも最新のレクサスが展示されています。今はHS250hとIS-Fの2台がありました。その奥に、チラリとトヨタ2000GTの白い車体が見えています。平日の午後なので空いています。早速中に入って、しかと見たいと思います。

2000gt03

周囲をテープでガッチリ囲われ、ガードマンに守られながら、トヨタ2000GTのオープンカーが置かれています。とてもキレイに磨かれており、周囲の照明が反射してキラキラ輝いています。

この車はトヨタ博物館の収蔵車ですが、普段は展示されておらず、なかなかお目に掛かる機会がありません。名古屋駅のすぐ側で見られる今回の特別展示は、とても貴重なチャンスといえます。

改めてみると、本当に小さな車です。大柄なショーン・コネリーは、通常のクローズドボディの2000GTに乗ると頭が閊えたために、オープンにしたのだという話さえあります。

2000gt04

映画撮影用に使われた2000GTボンドカーのベースとなったのは、二次試作車の2台です。撮影用と海外のデモ用と2台作成されましたが、2週間の突貫工事だったので、幌やサイドウィンドウは省略されています。ホイールはプロトタイプのワイヤーホイールです。スポークが細かく交差して、とても美しい。

コンバーチブルにすることにより、フロントウィンドウの湾曲が非常に強いことが良く判ります。

2000gt05

ハッチバックのボディをノッチバックに作り変え、トランクが開閉できるようになっています。リヤのラインがとても自然です。ボディカラーと同色に塗られたテールランプベゼルもボンドカーの特徴です。

2000gt06

奥に見えるIS-Fとは、全くクラスが異なるくらい大きさが違います。各所のクロームパーツは磨きこまれて輝いています。

2000gt07

コクピットは狭く、助手席に座ったショーン・コネリーには狭かったろうと思います。幌のカバーはダミーです。

2000gt13

助手席の前のグローブボックス部分はがらんどうになっています。
撮影車はここにテープレコーダーを納めていたようですが、ひょっとしてそのままの姿なのか、またはレストアした際に撮影時の形態を復元したのかは不明です。

2000gt08

ウォールナットのインパネやハンドルは、ピアノ作りで培ったヤマハの木工技術が活きています。オープンカーなので、内装も一望の下に出来るのが特徴です。

2000gt09

ウレタン2K塗装の艶がタップリ乗った光沢は、45年前のオリジナルの輝きとは異なるかもしれません。でも、現代にまでこの美しい姿を留めて置いてくれた方々の努力に敬服したいと思います。とにかくこの車、凄まじいオーラを持っています。トヨタ博物館での常設展示を望むしたいです。

2000gt10

映画用のオープンは2台だけの特別の存在ですが、通常のクローズドボディでもたった337台しか作られなかったトヨタ2000GT、流通することは殆ど無いのですが、売りに出されたら2000万円とか2500万円とか、夢のような価格になります。実物大の2000GTは夢のままになるので、模型で楽しみます。デアゴスティーニのシリーズの10分の1模型、「トヨタ2000GTを作る」の全国発売を心待ちにしたいものです。

2000gt12

今回ミッドランドスクエアに行った目的はトヨタ2000GTボンドカーでしたが、そのついでに買ってきたのが、地下1階にある「DEAN&DELUCA」に売っている「Kusumi Tea」という紅茶です。クスミティーて何ぞや、と言われそうですが、これは現在フランスで流行っているお茶です。フランスはコーヒー文化の国ですが、最近は紅茶も流行っているのです。6月にパリで飲んだクスミティーというフレーバーティーにはまり、日本で売っている店を探したら、名古屋ではこの店で売っていることを突き止めた次第です。切れたら寄り道して買っています。まだ名古屋のデパートでは特設売場などでたまに扱うだけです。でもこの紅茶、近いうちに日本中で流行ると踏んでいます。

24パックで3255円と高価ですが、ちょっと他に無い心地よさが楽しめます。私は香りを楽しんでいますが、妻はデトックス効果に感心しているようです。

明日は土曜日ながら、会社の社員旅行のために早朝から出かけます。上げ膳据え膳のバス旅行で、飲んだくれてきたいと思います。

|

« Nikon D90 修理完了して戻ってきました! | トップページ | 秋空の信州へ、正しい日本の社員旅行! »

ミニカー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

週刊トヨタ2000GT」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

12月14日、ついに発売決定になりました。
心待ちにしておりました。
2セット購入し1台をオープン仕様にするなどといったツワモノも出てきそうです。
YUJIさんのブログ更新が楽しみです。

投稿: みさえ | 2011年11月26日 (土) 03時54分

早速、定期購入申し込みました。

投稿: honest | 2011年11月26日 (土) 07時28分

オォ、デアゴのトップが2000GTになっている。
思わずFBをクリックしてしまいました。(素性がバレてしまう)
電装品については書かれていませんが今回はギミックはないのでしょうか(ライトも手でひっぱりだす様)
読者プレゼントはプレートのようですがベースにして欲しかったですね。(プレートは自分で作れますし)
全工程が大きく3つのパートに分かれているようですが、今回はデアゴお得意のつまみ食い手順はなくなる?
まぁいずれにしろ、ちょっと早いサンタさん、楽しみにしています。

投稿: カズキ | 2011年11月26日 (土) 08時19分

YUJIさん、こんにちは。
ミッドランドスクエアの2000GTボンドカー、すばらしいですね。
リアの造形なんて、改造車とは思えない自然な流れで驚きます。もともとクーペのデザインがあったのではないかと思えます。

会期ギリギリに京都に行く予定があるので、帰りに途中下車して見に行ってしまいそうな「吸引力」です。
ついでにリニア鉄道館にも行っちゃおうかな。

投稿: まっぴい | 2011年11月26日 (土) 12時48分

> オォ、デアゴのトップが2000GTになっている。
今見たらD51になっていた・・・・

投稿: カズキ | 2011年11月26日 (土) 16時41分

>みさえさん、こんばんは。

デアゴスティーニのトヨタ2000GT情報、ありがとうございました!
来月創刊のD51を見ていたのに、2000GTには全く気が付きませんでした。私にとっては、素晴らしいクリスマスプレゼントです。

多分、改造せずに指示通り組み立てていくことになると思います。でもトヨタ博物館で実車を観察できるので、気になるところは手を加えるかもしれません。


>honestさん、こんばんは。

私も定期購読します。
最初の内の書店販売する号は店頭で買い、途中から通販に切り替える予定です。

>カズキさん、こんばんは。

お待ちかねの2000GT、嬉しいですね!
電装品のギミックが無いというのはデアゴスティーニさんにとっては珍しいパターンですね。でも10分の1スケールの模型自体珍しいので、購読意欲には影響しません。

私はいつもどおりのつまみ食い方式になると思っていますが、果たして如何に。
これでD51は見送りとなりそうです。いくらロボゼロの作業が少ないからといって、デアゴだけで3つのシリーズの同時進行は避けます。過去にデアゴのC62とフェラーリ、そして講談社の鉄道模型を同時進行していたときがありましたが、余暇の余裕が無くなってしまいました。


>まっぴいさん、こんばんは。

是非、名古屋にもお立ち寄りを!
リニア・鉄道館は週末でも当初の混雑はありません。入口すぐのC62やリニアが置かれているシンボルゾーンを後回しにしてサッサとジオラマや他の展示が空いている時に見てしまえばゆっくり周れます。

2000GTのオープン、たった2週間であのノッチバックの美しいリアを仕上げたことに驚きますね。トランクは開閉して機能するようになっているのは、技術者のこだわりを感じます。

投稿: YUJI | 2011年11月26日 (土) 20時20分

YUJIさん こんばんは
デアゴのシリーズ私もD51ばかり気をとられておりました。
盆ラマにはまっている妻の付き合いもありどちらもスルーかもです。創刊号は、チェック予定ですが・・・
今日は紅葉狩り日和の中、京都を妻とブラついてまいりました
。サスペンスでおなじみの?、今宮神社前のあぶり餅を食べ、大徳寺や金閣寺等を散策(金閣寺等は人だらけでしたが・・)してまいりました。

投稿: マーボウ | 2011年11月26日 (土) 22時35分

マーボウさん、こんにちは。

トヨタ2000GTの創刊号、スタートアップDVD見応えありそうなので、それだけでも価値がありそうです。

紅葉の京都散策には最高の天気だったことでしょうね!

投稿: YUJI | 2011年11月27日 (日) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/53334327

この記事へのトラックバック一覧です: ミッドランドスクエア1Fトヨタ自動車ショールームの2000GTボンドカー特別展示:

« Nikon D90 修理完了して戻ってきました! | トップページ | 秋空の信州へ、正しい日本の社員旅行! »