« 「エクシブ箱根離宮」分不相応なスーパースイートルーム宿泊体験です! | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第39号 久々のロボット本体の工作 »

2011年11月 8日 (火)

「週刊ロボゼロ」第38号 変哲の無いSDカードリーダーです

3801

デアゴスティーニのパーツ付き・ハイスペックロボットマガジン「週刊ロボゼロ」の製作の第38号です。

38号と39号は日曜日の6日に配達に来ていただいたようですが、週末は旅行中だったので、受け取りが今日になってしまいました。39号の店頭発売日は今日なので、特に問題はありません。早速開封してみることにします。

しかし組立作業の無かった前回に引続き、今回もさしてすることがありません。こうやってまったり進行していくのが、このロボゼロのシリーズの特徴のようです。

3802

今回のパーツは、SDカードリーダーです。

3803

パーツの一覧です。
SDカードリーダー、サーボホーン、フリーホーン、M2x8mmタッピングネジ×1です。
SDカードリーダーだけだと今号をパスされるかもしれません。そのためにサーボホーン等のロボット構成パーツを付属しているのでしょう。また冊子の記事のロボット・ラボでは、教示によるモーション作成の最後のまとめがなされているので、パスするわけにはいかないようになっています。

3804

今回の作業は、メモリーカードを読み書きするSDカードリーダーの確認作業だけです。組立作業は何にもありません。前回に引続き、ロボット本体は手付かずとなります。

3805

ロボゼロの記憶媒体であるmicroSDカードを読み書きするときに使用する「SDカードリーダー」です。しかしロボゼロ専用品ということではなく、デジカメや携帯などのデータ用として売られている汎用品です。

カードリーダーなんて、ロボゼロを購読している方々はいくつか持っていると思います。またノートパソコンには、大抵本体にSDカードリーダーが付いています。こんなの付属するのなら、せめてロボゼロのロゴを入れてくれたら良いのにと思います。透明キャップが収納できるような仕組みも無く、これなら100円ショップで売っているカードリーダーの方がマシかもしれません。

何度もSDカードをカードリーダーに差し込んでいると、双方の端子が磨耗して読み取り難くなってきます。つまりこれらは消耗品であり、大切なデータはバックアップを取っておいて、調子が悪くなったら交換することになります。

3806

30号に付属してきたmicroSDカードとSDカードアダプターと合わせて使用します。ロボゼロのデータはmicroSDカードに収められるので、今回付属のカードリーダーを使用する際にはSDカードアダプタを取り付けた状態です。巷にはmicroSDカードを直接読み込める小型のカードリーダーがあるので、それを用意するとひと手間省けそうです。

3807

microSDカードをSDカードアダプタに取り付けてから、SDカードリーダーに差し込みます。そしてUSB端子をパソコンのUSBポートに差し込みます。説明の必要が無いほどの簡単な作業です。

前回付属したシリアルケーブルは主にプログラムファイルを転送するのに使用し、今回のSDカードリーダーは基本データと実行ファイルを転送するために使用するとのことです。

3808

汎用のSDカードリーダーなので、30号付属のmicroSDカード+SDカードアダプタだけでなく、市販のSDカードはどれでも読めるようです。2GBまでのSDカードの他、大容量のSDHCカードも問題なく読めました。安価なSDカードリーダーを購入すると、まれに大容量のSDHCカードが読めないことがありますが、今回のパーツではデジカメのデータ転送などにも問題なく使用することが出来そうです。

3809

次号、39号のパーツは、サーボモーターです。
胴体下部に取り付ける右股関節のサーボモーターとなります。久し振りにロボット本体の工作があります。

前回はこちら
「週刊ロボゼロ」第37号 ロボゼロ本体の組み立てはお休み

次回はこちら
「週刊ロボゼロ」第39号 久々のロボット本体の工作

|

« 「エクシブ箱根離宮」分不相応なスーパースイートルーム宿泊体験です! | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第39号 久々のロボット本体の工作 »

週刊ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

ディアゴスティーニネタですが、こんなのYouTubeで見つけました。(URL)
技術、構成、演出かなりの秀作だと思います。
最初は本物かと思ったくらいです。

投稿: カズキ | 2011年11月 9日 (水) 05時54分

カズキさん、おはようございます。

パロディながら、とてもワクワクする動画ですね!ナレーションも本物っぽくて騙されかけました。デアゴスティーニのCMより楽しい!

真面目に、実際に乗れるキットカーの分冊マガジン欲しい!
アメリカやイギリスではキットカーはたくさんありますが、日本ではミツオカがやめてからなくなってしまいましたね。車検とか難しいのでしょうか。

投稿: YUJI | 2011年11月 9日 (水) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/53193304

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊ロボゼロ」第38号 変哲の無いSDカードリーダーです:

« 「エクシブ箱根離宮」分不相応なスーパースイートルーム宿泊体験です! | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第39号 久々のロボット本体の工作 »