« ミッドランドスクエア1Fトヨタ自動車ショールームの2000GTボンドカー特別展示 | トップページ | デアゴスティーニ週刊「TOYOTA2000GT」お待ちかねの全国販売! »

2011年11月26日 (土)

秋空の信州へ、正しい日本の社員旅行!

2011112601

今日は清清しい青空が広がる絶好の行楽日和となりました。

土曜日で仕事は休みですが、勤めている会社の社員旅行が催されたので、参加してまいりました。日帰りのバス旅行で、行先は信州です。駒ヶ根のレストランでしゃぶしゃぶの昼食を取った後、妻籠宿の街並みを散策するという行程です。顔ぶれはいつも一緒に仕事をしている方々ばかりなので、何処へ行っても同じ様な宴会がなされるだけなのですが、朝っぱらから飲んで騒ぐという非日常性があるので、日本の正しい社員旅行も結構楽しいものです。

2011112602

まずは美しい中央アルプスの街並みを眺めながら、信州のワイナリーを見学した後、団体用のレストランでの昼食です。信州では馬肉が食べられます。でも好みがあるので、各種の肉のしゃぶしゃぶの食べ放題コースというお手軽メニューです。

2011112603

どんな食事でも、お酒が入ってだんだん座が乱れて、お酌の応酬のサラリーマンの宴会となるのは同じです。肉はいくらでも追加できるのですが、野菜はあてがわれたものが全てなので、大切に配分しないといけません。しかし皆さん、お肉しか食べないので、野菜好きの我々のところにたくさん回ってきます。

2011112604

午後からは妻籠宿まで南下して、古い町並みの散策です。
木曽路は紅葉が日光に映え、美しい山容が拡がっていました。

2011112605

木曽路には多くの宿場町が保存されていますが、その中でも妻籠宿は時代劇のセットがそのまま残っているかのような、古い町並みが広がっています。手軽にいける距離なので、何度も訪れている観光地ですが、何度行っても良い街並みです。既に過分に飲んで、すっかり酔っ払いが出来上がっているのですが、酩酊しながらの散策が苦にならないコンパクトさも気に入っています。

2011112606

妻籠で買ってきたのが、木曽桧の柄杓です。
実家の庭の蹲(つくばい)の手水鉢用の柄杓が真っ黒に変色しており、年明けの父親の三回忌の法要までにきれいなものに替えたいと思っていたのです。

なんでこんなもの観光地で買うのか、と思います。1本1200円と結構高価ですし、ホームセンターなどでも買えると思うのですが、観光にでも行った先で無いとなかなか買えるものではないのです。旅先で見つけて閃いたら、勢いで買ってしまうに限ります。

2011112607

何で2本も買ったのかといえば、1本は年明けに下ろして常用にし、今後大切な来客のある時に交換するためです。

2011112608

食事前に信州マルクスという長野県上伊那郡のワイナリーを見学した際に、ワインをお土産に買ってきました。本坊酒造の「信州駒ヶ原」という銘柄です。試飲したところ、しっかりとタンニンが利いている辛口なのに、かなり軽い味わいです。価格は1900円。その他にもウィスキーも醸造していて、お土産コーナーでは試飲が楽しめます。カップは小さいながらも何倍も飲ませてもらったので、1本くらい買って帰りたくなるものです。

2011112609

ブドウ品種は「ヤマソービニオン」。聞いたことの無い種類です。赤ワインの代表的な品種であるカベルネ・ソービニオンと、信州の山ブドウとを掛け合わせて作った新しい品種との事。山ブドウ特有の渋みの味わいが特徴的です。

早朝から飲んだくれて騒いでいると、午後遅くにはヨレヨレになります。帰途のバスでは一様にみなさんお休み中なのも社員旅行の特徴です。つまみ用に買ってきたソーセージと共に、のんびり楽しもうと思います。

|

« ミッドランドスクエア1Fトヨタ自動車ショールームの2000GTボンドカー特別展示 | トップページ | デアゴスティーニ週刊「TOYOTA2000GT」お待ちかねの全国販売! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん こんばんは
社員旅行 お疲れ様でした。
社員旅行(バス旅行)と言えば、ガイドさんの朝の挨拶と同時に、とりあえずビールの缶を開けるのが、日本の正しい社員旅行の様な気がします。毎日顔を合わせる仲間でも、一応旅行となると気分が変わりますね。幹事は、飲み物の買い出し等大変ですが・・・

投稿: マーボウ | 2011年11月26日 (土) 23時14分

私も同じ日会社のOB会のバス旅行で、佐賀の祐徳稲荷と浜宿という古い酒蔵が10数軒軒を連ねるミニ妻籠のような所楽しんできました。雰囲気は共通ですが、話題が病気でもりあがるとこがまったく違います。

投稿: honest | 2011年11月27日 (日) 11時42分

>マーボウさん、こんにちは。

社員旅行はバスに乗り込んだらすぐにビールが配られ、走り出したら乾杯となりますね。帰りにはぐったりしているのもいつものことです。幹事の方は準備に後片付けなど本当に御苦労様だと思います。

>honestさん、こんにちは。

>話題が病気でもりあがるとこがまったく違います。

40代以降になると、先日の健康診断の数値についての会話が多くなりました。特に肝臓関連は、お互いに気になる所です。とはいえ、飲んで騒いでしまうわけですが・・・。

投稿: YUJI | 2011年11月27日 (日) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/53341651

この記事へのトラックバック一覧です: 秋空の信州へ、正しい日本の社員旅行!:

« ミッドランドスクエア1Fトヨタ自動車ショールームの2000GTボンドカー特別展示 | トップページ | デアゴスティーニ週刊「TOYOTA2000GT」お待ちかねの全国販売! »