« 「週刊ロボゼロ」第42号 D51と2000GTのチラシが同梱! | トップページ | 「週刊トヨタ2000GT」創刊号は、スタートアップDVDだけでも十分楽しめるぞ! »

2011年12月12日 (月)

「週刊ロボゼロ」第43号 パンツのような腰カバーフレーム取付け

4301

デアゴスティーニのパーツ付き・ハイスペックロボットマガジン「週刊ロボゼロ」の製作の第43号です。

4302

今回のパーツは、腰カバーフレームとうんていのパーツです。
パーツが大きいので、今回は久し振りにパッキングされた状態での配布です。

4303_2 

パーツの一覧です。
うんていポスト(右)×2、腰カバーフレーム、M1.7x23mmネジ×5(※1本は予備)、H形ラバー×2、I形ラバー×4です。

4304

今回の作業は、腰カバーフレームを取り付けです。
今号付属の腰カバーフレームを、股関節部分に相当する2個のサーボモーターの後ろに取り付けます。39号と42号で取り付けた左右股関節のサーボモーターを連結する状態で接続することにより、腰部分を補強する目的と思われます。
今回のパーツ位置の図解は、わかりやすいように後ろ側からの図となっています。

4305

うんていのポストは、どこかで見たことあるパーツだと思ったら、ロボットスタンドの支柱と同じものでした。スタンドで使用しているスライド部分の溝は必要ありませんが、大きさが同じくらいなので流用したのでしょう。
今回はうんていの工作はありません。ラバーのパーツと共に保管することになります。

4306

今回使用するのは、腰カバーフレームとM1.7x23mmネジ4本、そして胴体パーツです。

4307

39号と前回の42号で取り付けた股関節のサーボモーターの下側のネジを左右2本ずつ、合計4本取り外します。

4308

この4本のネジを取り外しても、上方のネジで固定しているので心配ありません。

4309 

今回付属のM1.7x23mmネジを4つのネジ穴に軽くねじ込んでおきます。
最初にサーボモーターを固定していたネジと少しピッチが異なるので、少しねじ込んでおいて、サーボモーターの内側にネジを切っておくとスムーズに工作が進むようです。下側に飛び出るほどねじ込んではいけません。

4310

腰カバーフレームを、股関節のサーボモーターの後ろ側に取り付けます。
ケーブルを通してから。サーボモーターの形状に合わせます。

4311

4箇所のネジ穴がピッタリ合うように調整します。

4312

腰カバーフレームを保持しながら、サーボモーターに差し込んだM1.7x23mmネジをねじ込みます。

4313

4箇所のネジ全て、腰カバーフレームの裏側に飛び出るくらいねじ込みます。

4314

これで股関節の二つのサーボモーターに、サーボフレームが固定されました。
左右のサーボモーターが固定され、これで走ったりして大きな力が足の根元に掛かっても大丈夫になったでしょう。

4315

後ろ側から見ると、ようやくパンツを穿かされたような佇まいです。

4316

次号、44号のパーツは、うんていのパーツです。
今回と同じうんていのポストが2本付属し、その他にうんていのパイプなどが付属してきます。うんていポストに今回と次回付属のラバーを貼り付け、うんていの工作を始めるようです。使用するのはロボット完成後なので、しばらく嵩張る厄介者となりそうです。

その次の45号では、瓦のパーツが付属します。瓦割のアクションの際に使用するアクセサリーにて、工作自体に使用するわけではありません。しかし45号では、いよいよコントロールボードを背中のフレームに取り付け、上半身のケーブルを繋ぐ作業があります。完成後は合計24個にもなるサーボモーターから伸びるモーターを、間違いない箇所にはめ込むのに慎重な作業が必要となりそうです。余剰のケーブルを背中に納め、ケーブルタイで同方向のケーブル同士を括ることも順次行われるようです。

前回はこちら
「週刊ロボゼロ」第42号 D51と2000GTのチラシが同梱!

次回はこちら
「週刊ロボゼロ」第44号 うんてい組み立ての小作業

|

« 「週刊ロボゼロ」第42号 D51と2000GTのチラシが同梱! | トップページ | 「週刊トヨタ2000GT」創刊号は、スタートアップDVDだけでも十分楽しめるぞ! »

週刊ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

うんていって二足歩行より難しいと思うのですがうまくいくんでしょうかね。
予めプログラムされた動作だけで前の鉄棒をつかむのは至難の業だと思うのですが。(何度もやってうんていの間隔を調整するのだと思います)
それよりブラブラの手でちゃんと鉄棒が掴めるのか心配です。やはりYUJIさんのように改造が必要かも知れませんね。

明日ちょっと一足先に2000GTをゲットしてきます。

投稿: カズキ | 2011年12月12日 (月) 22時13分

YUJIさん こんばんは
2000GT TVCM 流れ始めましたね。創刊号はDVD付きなので
とりあえずチェックします。書店の閉店時間まに合えばですが・・

投稿: マーボウ | 2011年12月12日 (月) 22時24分

予告された、うんていとか、瓦割りなどは、プログラムとして、提供されるようですね。 フラガール?など優しい動作なども、教示過程をへて、教えこむのも楽しみですね。

投稿: honest | 2011年12月13日 (火) 01時21分

 PSコマネチも。

投稿: honest | 2011年12月13日 (火) 01時24分

>カズキさん、おはようございます。

うんていはスタートアップDVDを見ると、非常にゆっくり次のバーを掴んでいるようですね。落ちても良いくらいの高さなので、完成後は早速挑戦してもらうことにしましょう。

待ちに待った2000GT創刊ですが、私は夜まで手に出来そうにありません。


>マーボウさん、おはようございます。

CM流れていましたか。私はまだ見ていませんが、集中スポットでしばらく流れますね。

スタートアップDVDには実車の影像が結構葉一定そう(入っていそう:失礼、すごい誤変換・・・)なので、楽しみにしています。


>honestさん、おはようございます。

ロボゼロのシリーズで提供されるアクションは、武闘系のおっかないものが多いので、平和なものを作りたいですね。

コマネチ!やらせてみたいものです。

投稿: YUJI | 2011年12月13日 (火) 07時54分

> スタートアップDVDを見ると、
そういえばそんなのあったなぁと探したのですがこのDVDだけ見つかりませんでした。(少年時代は2枚あるのに)
人間、見れないと見たいもので、Youtubeにもアップされておらず1時間かけてやって見つけました。
DVD通りなら運動能力は私よりはるかに優っており、習字の字も私よりうまいような気がします。

> 実車の影像が結構葉一定そうなので、
いっぱい入っていました。私は昨日から歯痛てぇいます。(失礼しました)
半分くらい実車の映像でプロジェクトXのような作り(音楽こそ入っていませんが)になっています。
これだけでもお宝だと思います。
またちゃんとしたケースに収められています。(私が買った中では初めてです)

投稿: カズキ | 2011年12月13日 (火) 12時57分

> 夜まで手に出来そうにありません。
レポート楽しみにしています。

投稿: カズキ | 2011年12月13日 (火) 13時11分

> プロジェクトXのような作り(音楽こそ入っていませんが)になっています。
Youtubeにアップされていました(URL)
BGMガンガン入っています。例のテーマ曲という意味でした。
それにSUBARUじゃなくTOYOTAだし。

投稿: カズキ | 2011年12月13日 (火) 16時04分

ついでに、SUBARUのアイサイトの実車も、注文してしまいました。 老人のぼんやり対策と、山行きのためのAWD、選択の余地がせまいです。

投稿: honest | 2011年12月13日 (火) 16時32分

PS 色までも、車庫に並ぶ娘の赤との調和を求められます。白・シルバー・以外、決断簡単です。 ダーグレーにしました。 
 車選び、・・・・ またやりたいです。

投稿: honest | 2011年12月13日 (火) 18時32分

43号のこれまで未使用のパーツ・・うんてい用ポスト以外は、フリーホーンがもう一個で残りのサーボと一致しますね。それにしても、5本のM1.7のネジジの意味よくわかりません。すべて予備を使い果たしたとの前提でしょうね。 親切すぎて。

投稿: honest | 2011年12月13日 (火) 22時40分

>カズキさん、こんばんは。

慌てて誤変換、失礼致しました・・・。明日は歯医者行きですね。接着剤補修やめましょう。

週刊トヨタ2000GTのスタートアップDVD、これは力作ですね。内容短いながらも存分に楽しめました。工作手順が5号までしかないのが物足りないですが、きっとまだパーツ配布順検討中なのでしょう。

工作自体は30秒で終わりました。


>honestさん、こんばんは。

零戦の子孫の新車ご注文、おめでとうございます!
10分の1の2000GT組み立てと共に、新しいカーライフのスタートですね。アイサイト、安全装置として優秀ながら、作動しないことを願いたいものですね。

投稿: YUJI | 2011年12月13日 (火) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊ロボゼロ」第43号 パンツのような腰カバーフレーム取付け:

« 「週刊ロボゼロ」第42号 D51と2000GTのチラシが同梱! | トップページ | 「週刊トヨタ2000GT」創刊号は、スタートアップDVDだけでも十分楽しめるぞ! »