« 「週刊ロボゼロ」第46号 サーボ半額大バーゲン?の号 | トップページ | 「桶ラマ作製」12 駅の看板作りは家族ネタが盛り上がる? »

2012年1月13日 (金)

「週刊ロボゼロ」第47号 足首フレームはガッチリと固定だ!

4701

デアゴスティーニのパーツ付き・ハイスペックロボットマガジン「週刊ロボゼロ」の製作の第47号です。

46号と一緒に11日に受け取ったものの、工作するのが遅くなってしまいました。組立作業自体は15分くらいで終わってしまいます。相変わらず、お気楽工作のロボゼロです。少々溜め込んでも心の負担になりません。

4702

今回のパーツは、足首フレームとうんていのパーツです。
ロボゼロの特徴的なアクションの一つであるうんてい運動を行うためのアクセサリーを作成するのに、随分と大掛かりなパーツを必要とするものだと思います。今回もパッケージの大きさいっぱいに入っています。

4703

パーツの一覧です。
足首フレーム、M2x4mmネジ×8(※1本は予備)、うんていサポート(右)、うんてい外側ホルダー×2、うんてい内側ホルダー×2、うんていパイプ、うんていキャップ、M2.3x8mmネジ×4(※1本は予備)、I形ラバーです。

4704

うんていのパーツは次号で使用するので、今回は保管となります。組み立てに使用するのは右側の足首フレームとM2.3×8mmネジだけです。

4705

今回の作業は、右足首にフレームの取付けです。
前回取り付けた右足首のサーボモーターに、足首フレームを取り付けます。サーボホーンのニュートラルの位置に注意して作業を進める必要があります。逆に、それ以外にこれといって留意する事項はありません。

4706

足首フレーム、M2×4mmネジに加え、46号にて組み立てた右足部分、及びフリーホーンを1個用意します。

4707

前回、サーボモーターの回転軸に取りつけたサーボホーンを一旦取り外します。
サーボホーンは、ニュートラルの位置より右に45度回転させた位置にしなければなりません。調整した場所から動かないように、ピンセットでサーボホーンを保持しながらネジを外しました。今回の注意点は、このサーボホーンの向きを合わせることのようです。

4708

サーボモーターの裏側に、フリーホーンをはめ込みます。
フリーホーンの切り欠き部分が下に向くようにするのですが、ネジ止めのときに調整すれば良いでしょう。

4709

サーボホーンとフリーホーンを挟み込むように、足首フレームを被せます。指示通りサーボホーンを固定しているネジを外しましたが、取り付けたままでも被せることが出来たかもしれません。

4710 

足首フレームを、M2x4mmネジ4本で固定します。

4711

サーボホーンを固定するネジを再び締め付けます。
一度ネジを切ってあるので、簡単に入っていきます。

4712

反対側のフリーホーン側も、3個のネジで固定します。
これで足首の関節部分が出来ました。7箇所のネジでガッチリ固定しましたが、ロボゼロの全体重が掛かる箇所の割には華奢にも思えます。本体の重量が軽いのでこの程度で十分なのでしょう。

4713

これで今回の作業は終了です。

4714

次号、48号のパーツは、うんていのパーツです。これまでに配布されたパーツと組み合わせて、うんていの組み立てを始めていきます。ロボット本体の組立作業はお休みのようです。
その次の49号では、4枚目のデータCD-ROMの配布です。作業が無さそうです。50号にて右膝のすね部分の組立てとなります。長らく膝のパーツが放置状態ですが、そろそろ出番が近づいているのでしょうか。

デアゴスティーニのパートワークは、各所バラバラに組み立てるのが定例ですが、このロボゼロは割りとまとまった作製t手順を取っています。残りは両足のパーツだけなので、出来るだけアクセサリーやデータ集で最後まで引っ張る必要があるかと思います。

前回はこちら
「週刊ロボゼロ」第46号 サーボ半額大バーゲン?の号

次回はこちら
「週刊ロボゼロ」第48号 週刊うんていをつくる?

|

« 「週刊ロボゼロ」第46号 サーボ半額大バーゲン?の号 | トップページ | 「桶ラマ作製」12 駅の看板作りは家族ネタが盛り上がる? »

週刊ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

デアゴのTV CM BLUE NOTEをやっていますね。心騒ぎますが、今では音楽は棚におくものではなく、出会った時楽しむもだと(?さとり?)ました。  N.Y の BLUE NOTE 、SWEET BASIL 。などででまた、生を楽しみたいです。 

投稿: honest | 2012年1月13日 (金) 23時28分

PS 奥様の演奏会いずれの日かと思つています。

投稿: honest | 2012年1月13日 (金) 23時33分

こんばんは!ロボゼロ制作お疲れ様です。まだまだ先は長そうですが着実にゴールへと近づいていますね。現在この手のシリーズはどのくらいあるのでしょうかね。CMをやっているものだけでも2000GT、GT-R、D51、歴史物の本そして今月末からのSL模型を作る。こんなにあってそれぞれ成り立っているのが凄いですね。

追伸

カズキさんのアイデアのマグネットのバス停を作って見ました。何故止まった後に自動で走り出すかは謎ですがいつまで見ていても飽きませんね。

投稿: 三日月 | 2012年1月13日 (金) 23時45分

honestさん、私もBLUE NOTE気になっています。
初回のマイルスデビス、先日コメントのあった枯葉も入っています。
デアゴの以前のシリーズも初回はMDで初回だけ特別価格で買いました。
嫌いじゃないんですが毎回MDなのは・・・、全部初回摘み食いでMDコレクションを揃えてみようかな。

>いつまで見ていても飽きませんね。
三日月さん、同感です。
私も詳しくは分かりませんが、中に小さいバネが入っていて磁石の方向に反応していろいろな動作をするみたいです。
単純だけど素晴らしいメカニズムだと思います。(一定時間停止は電子コントロールだと思います)

投稿: カズキ | 2012年1月14日 (土) 08時21分

>honestさん、おはようございます。

デアゴのBLUE NOTE、今朝の朝刊でも1面広告が入っていますね。
ジャズに疎い私もマイルス・デイヴィスくらいは存じ上げています。490円は売れるでしょう。

>PS 奥様の演奏会いずれの日かと思つています。

ありがとうございます。
九州で演奏会したこと無いのです。せいぜい大阪までで・・・。いつの日か是非!


>三日月さん、おはようございます。

ロボゼロ、あと5ヶ月程となりました。ロボット本体は大方出来上がっています。
大型書店に行くと、パートワークや分冊百科、それこそ百花繚乱ですね。最近は途中打ち切りも少ないので、それなりに買われているのでしょう。不況の書籍業界にとっては救世主の存在かもしれません。


>カズキさん、おはようございます。

私の地元の岡崎は、「ジャズの街」として役所が盛り上げようとしていますが、我々住民が盛り上がりません・・・。何だかジャズの壮大なコレクションを持っていたお医者さんが市に寄贈したそうで、図書館においてあるとの事。一度聞きに行こうと思っています。

今回のBLUE NOTE、創刊号はワンコインでおつりがくるので、私も書店でついで買いしそうです。

投稿: YUJI | 2012年1月14日 (土) 09時30分

おはようございます。13日から幕張メッセでやっている東京オートサロンでトヨタ2000GTをソーラーEVに改造した物が展示されている様ですね。ボンネットにソーラーパネルを張り付け、最高速度は200キロだそうです。すごいと言うか勿体ないと言うか・・・

投稿: 三日月 | 2012年1月14日 (土) 10時22分

2000GTの時のように記念イベントをやるようです。(URL)
二匹目のドジョウで応募してみよとも思いました。
しかしこっちは本物じゃないし(本物なら怖いですが)まして初回つまみ食い組なので遠慮しときます。

投稿: カズキ | 2012年1月14日 (土) 12時52分

よく見たら2名一組みたいで、カミさんはジャズは騒音と思っているみたいでし一緒に行ってくれそうな人がいません。

投稿: カズキ | 2012年1月14日 (土) 12時56分

 ちよっと質問、サーボモーターのニュートラルの位置は上のままですか?。私はサーボホーンごと45度傾けましたが。

投稿: honest | 2012年1月14日 (土) 14時09分

>三日月さん、こんにちは。

トヨタ2000GTのEV!
小さな車なので、きっと電池搭載場所に苦労されたことと思います。ボンネットは広いので、ソーラーパネルは大丈夫でしょうが・・・。

仰るように勿体無い、という気になりますね。でも見てみたいものです。


>カズキさん、こんにちは。

デアゴさん、シリーズ創刊に合わせてのコラボイベント続きますね。でも東京ばかり(当たり前ですが)です。地方でも順に開催してくれないでしょうか・・・。


>honestさん、こんにちは。

私もサーボホーンごと45度傾けています。左足は逆になるのでしょう。この段階にて、右足と左足の違いが出てきました。

投稿: YUJI | 2012年1月14日 (土) 17時31分

>壮大なコレクション
故 植草甚一さん(木造の紀伊国屋でしょちゅうお会いしてお話したこともありますが)の昔の膨大なコレクションはタモリさんが継承されと聞いた覚えがあります。LPが超高価だった頃の話ですが。

投稿: honest | 2012年1月15日 (日) 02時30分

honestさん、こんにちは。

ジャズの名盤、絶版が多いのですね。最近CDで復刻されてくるものもありますが、クラシックのように原版が少ないのでしょうか。

確かに私が子供の頃ではLP貴重品でした。

投稿: YUJI | 2012年1月15日 (日) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊ロボゼロ」第47号 足首フレームはガッチリと固定だ!:

« 「週刊ロボゼロ」第46号 サーボ半額大バーゲン?の号 | トップページ | 「桶ラマ作製」12 駅の看板作りは家族ネタが盛り上がる? »