« 「週刊ロボゼロ」第58号 巨大なうんていパーツを持て余しそうです | トップページ | 名古屋市科学館のH2Bロケット »

2012年4月 2日 (月)

「週刊ロボゼロ」第59号 左脚も着々と組みあがってきています

5901

デアゴスティーニのパーツ付き・ハイスペックロボットマガジン「週刊ロボゼロ」の製作の第59号です。

昨日の58号に引き続き、作業を行います。明日は職場の歓迎会に出席するので帰宅時間が遅くなり、工作できそうにありません。別れと出会いの季節にて、先週の送別会に続き、酒宴の機会が続きます。帰りの電車を乗り過ごさないように気をつけたいものです。

今回は「うんていをつくる」を一旦休止し、ロボット本体へのパーツ取り付けなので、楽しい内容です。サクサク作業が進みます。

5902

今回のパーツは、サーボモーターです。
左股関節に取り付けるものとなります。専用の緩衝材で丁寧に梱包されているうんていのパーツと異なり、簡単にビニール袋に入れられているだけです。

5903

パーツの一覧です。
サーボ(300)×1、M1.7x25mmネジ×3(※1本は予備)、M2x4mmネジ×7(※1本は予備)です。

5904

今回の作業は、左股関節へのサーボモーターを取り付けです。
左股関節には、既にサーボモーターが1個取り付けられていますが、さらにもう1個サーボモーターを追加します。55号の右側と同様の作業なので、間違えることは無いでしょう。サーボホーンの取り付け角度のみが注意事項です。

5905

今回付属のパーツに加え、ロボット本体と前号付属のサーボホーン、フリーホーン、タッピングネジ、サーボ連結フレーム、そしてサーボモーターの動作を確認するテストボードを用意します。

5906

まずはいつも通りのサーボモーターへのサーボホーン取り付けです。
サーボホーンをサーボモーターの回転軸にはめ込んでから、タッピングネジで締め付けます。

5907

テストボードに接続してサーボモーターの動作実験を行います。今回も問題ありません。

5908

サーボモーターの回転軸の反対側に、フリーホーンをはめ込みます。

5909

ロボゼロの股関節フレームに、サーボモーターをはめ込みます。
取り付け角度は右側のサーボモーターを見れば良くわかります。

5910

M2x4mmネジ3本で、股関節フレームとサーボホーンと固定します。

5911

フレームの反対側も、フリーホーンとM2x4mmネジ3本で固定します。

5912

股関節フレームの間隔が広く、フリーホーンがサーボモーターから浮いたような状態ですが、これで良いようです。動作に支障はありません。

5913

次に、サーボ連結フレームを取り付けます。
サーボモーターの下部のネジ2本を外します。

5914

サーボ連結フレームをサーボモーターのネジ穴に合わせてはめ込みます。

5915

M1.7x25mmネジ2本を使用して、サーボ連結フレームとサーボモーターを固定します。

5916

サーボ連結フレームの反対側にネジの先が飛び出るくらい締め付けて、ガッチリと固定します。これで今回の作業は終了です。

5917

右脚に引き続き、左足も仕上がっていきます。残りのサーボモーターは4つですが、シリーズはまだ11号も続きます。うんていで2号程度、充電器で1号、バッテリーで1号はわかっていますが、残りの3号はどんなパーツになるのでしょうか。データCDならまだ良いですが、「今回の付属パーツはふでぺんです」ってのは勘弁して欲しいものです。さすがにそれは無いでしょうが。

5918

次号、60号のパーツは、充電器です。
ロボゼロのバッテリーを充電するためのものですが、まだリチウムポリマー電池が無いので使用することはありません。パーツを確認して終了となりそうです。

その次の61号は、またうんていパーツです。残り2回くらいになった「うんていをつくる」の作業にて、うんていフレームをうんていポストに取り付けていきます。コンパクトなロボゼロに対して、どんどん巨大化しているうんていですが、こんなの何処に保管すれば良いのか途方に暮れます。

前回はこちら
「週刊ロボゼロ」第58号 巨大なうんていパーツを持て余しそうです

次回はこちら
「週刊ロボゼロ」第60号 異常に臭いロボゼロ専用充電器

|

« 「週刊ロボゼロ」第58号 巨大なうんていパーツを持て余しそうです | トップページ | 名古屋市科学館のH2Bロケット »

週刊ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

こちらでは「うんていパーツ」は 後回しで・・・と思い
積み上げております。


第59号のサーボまわりは組み立てました。

公式サイトを見ますと、62号では左脚をのばしていく
組み立てとなっていました。(左膝のパーツをとりつけるネジもある)

こちらでは当初 考えていたように左足 ぜんぶできてから
本体 連結ですね。

投稿: 太田 | 2012年4月 3日 (火) 20時14分

リモコンのコメントまだですね。仕組み楽しみ?

投稿: honest | 2012年4月 4日 (水) 19時06分

>太田さん、こんばんは。

うんていは組みあがっていくと収納に困ります。また組んでいてもイマイチ楽しくないので、私は完成後に持て余すことと思います。

今後は繰り返し作業が多いので、右脚とは組み立てて順を変えているようですね。どの部分で最終的に左足が連結されるのか楽しみです。


>honestさん、こんばんは。

そういえば、リモコンがありましたっけ。まだ謎のベールに包まれていますね。楽しみです。

投稿: YUJI | 2012年4月 4日 (水) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/54364031

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊ロボゼロ」第59号 左脚も着々と組みあがってきています:

« 「週刊ロボゼロ」第58号 巨大なうんていパーツを持て余しそうです | トップページ | 名古屋市科学館のH2Bロケット »