« 「週刊SL鉄道模型」里山中駅にターレットトラック設置!もちろんライト点灯 | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第61号 ようやく「うんていをつくる」残り僅か »

2012年4月15日 (日)

「週刊ロボゼロ」第60号 異常に臭いロボゼロ専用充電器

6001

デアゴスティーニのパーツ付き・ハイスペックロボットマガジン「週刊ロボゼロ」の製作の第60号です。

4月15日の日曜日に到着しました。このところ、何かと忙しい週末を送っていて工作する暇がありません。昨日、今日も日記ネタにもならないような、文字通り野暮な用で出かけています。ただ、今回は作業が無いのが判っているので、気軽に開封できます。地元では、桜も散り花盛んで気候も温暖なのに、結局花見に出かけられませんでした。ドライブ中に周囲の桜を見て楽しんではいますが、久し振りに野外で飲むお酒を楽しみたかったものです。

シリーズ終盤に入ってきて、ロボット本体よりもアクセサリーの配布が増えてきました。「週刊うんていをつくる」は今回お休みながら、ロボットの組み立ても先送りです。

6002

今回のパーツは、ロボゼロ専用充電器です。
パッケージを開けたら、プチプチに包まれた物体がごろりと転がり出てきました。

6003

パーツの一覧です。
充電器×1 です。
プラグ一体式のスイッチングACアダプタのようです。ロボゼロの動力源であるリチウムポリマー電池を充電するためのものです。注意事項が書かれた文書も一緒に入っています。

6004

今回の作業は、充電器の確認です。
つまり何にも作業はありません。リチウムポリマー電池はまだ配布されていないので、充電を行うことは出来ません。完成後までは使用することはないので、プチプチに包んだまま、保管となります。

6008

充電器の内側には、仕様を記載したシールが貼ってあります。中国製で、株式会社セイキというところの製造です。図解にて、中心の端子がプラスとの記載ですが、この充電器は端子が交換されているので、この図通りではありません。

6009

ロボゼロに接続する端子です。
この端子には、どちらがプラスなのか書かれていないので、見ただけでは極性がわかりません。但し、一方にしか刺さらないように出来ているので、極性を間違えることは無いでしょう。

この充電器、プチプチの梱包から取り出した途端から、非常に臭います。有機溶剤のような刺激臭が周囲に充満します。昔はこういう臭い電子パーツがたくさんありましたが、最近の電子機器でこんなに臭うのは珍しいことです。早々に仕舞いたくなります。

しばらく陰干ししておきたいほどです。

6010

まだロボゼロにはバッテリーが取り付けられていませんので、通電実験も行えません。
臭いを再び閉じ込めることになってしまいますが、臭い物体は早々にプチプチに再梱包します。

6011

何にもやること無いので、冊子のページを埋めるためか、製作中のうんていの組み立て確認について記載されていました。後2号でうんていが完成するとのことですが、私にとっては相当にどうでもよいアクセサリーで、嵩張るために厄介に思っているのですが、デアゴスティーニ側としては重要な位置づけを持っているかのような扱いです。

6012

次号、61号のパーツは、うんていフレームなどです。
また「週刊うんていをつくる」に逆戻りとなります。基本的に、58号で行った作業と同様のことを繰り返します。62号で使用するサーボホーンや、64号以降に使用する足首フレームも付属します。

前回はこちら
「週刊ロボゼロ」第59号 左脚も着々と組みあがってきています

次回はこちら
「週刊ロボゼロ」第61号 ようやく「うんていをつくる」残り僅か

|

« 「週刊SL鉄道模型」里山中駅にターレットトラック設置!もちろんライト点灯 | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第61号 ようやく「うんていをつくる」残り僅か »

週刊ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

> プチプチの梱包から取り出した途端から、非常に臭います。
私のは全然臭いません。ロットによって差があるのでしょうか。
製品自体に問題はないと思いますが一応出力電圧を計っておいた方がよさそうですね。

投稿: カズキ | 2012年4月16日 (月) 07時04分

カズキさん、こんにちは。

>私のは全然臭いません。

模型ファンのくせに有機溶剤アレルギーの私の鼻が反応してくしゃみが出るほどに臭います。通電したら、緑色のランプが点くのは確認しましたが、電圧も確認しておいたほうが良さそうですね。

今回の60号、そして同時到着の61号共に、ロボット全く触らずに済んでしまいます。バッテリーが最終号として、その前の69号にて脚の連結でしょうか。

投稿: YUJI | 2012年4月16日 (月) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊ロボゼロ」第60号 異常に臭いロボゼロ専用充電器:

« 「週刊SL鉄道模型」里山中駅にターレットトラック設置!もちろんライト点灯 | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第61号 ようやく「うんていをつくる」残り僅か »