« 「週刊ロボゼロ」第62号 両膝が揃って完成が見えてきた! | トップページ | 鉄道コレ第15弾は、ミニレイアウトにピッタリのレールバス »

2012年4月30日 (月)

「週刊ロボゼロ」第63号 どうでも良い「うんていを作る」最終回です

6301

デアゴスティーニのパーツ付き・ハイスペックロボットマガジン「週刊ロボゼロ」の製作の第63号です。

今回にて、全体の9割の進捗となりました。いよいよラストスパートです。

このシリーズで組み立てるロボット本体よりも大きくて、存在感のあるアクセサリーである「うんてい」がようやく完成します。ロボゼロのアクションの一つにすぎないうんてい運動のために、かなりの号を要して組み上げたうんてい。でも私にとっては、かなりどうでも良いアクセサリーです。完成後にやたらと嵩張るので迷惑でもあります。とにかくこの困り者、ようやく今号にて終了となります。今回の作業は、それなりに時間を要します。難しくは無く、坦々と同じ様な作業を繰り返すという内容です。

6302

今回のパーツは、うんていフレームなどです。
きれいに透明樹脂でパッケージングされたうんていパーツも今回が最後です。やれやれです。

6303

パーツの一覧です。
うんていフレーム(左)×1、うんていキャップ×1、M2.3x8mmネジ×6(※1本は予備)、サーボ連結フレーム×1です。

6304

今回の作業は、うんていの組み立てです。
4本目のうんていポストを組み立てた後、これまでのすべてのパーツを合体させて、うんていを完成させます。週刊うんていをつくるの最終号です。

6305

今回付属の、赤いサーボ連結フレームは、65号にて使用します。今回は保管となっています。
65号にて、膝下のサーボモーターとこの連結フレームを取り付け、その後に足先から組み立てていき、最後にこの連結フレームにて左脚の最後の接続と行うと予測しています。果たしてどうなるでしょうか。

6306

今回のパーツに加え、54号にて組み立てたうんていポスト(左)を用意します。

6307

うんていポストの上部に、うんていフレームを連結します。

6308

うんていキャップをはめ込み、今回付属のM2.3x8mmネジで固定します。

6309

これまでのうんていパーツを全て用意します。
うんていフレームを取り付けたうんていポスト4本、うんていバー6本、うんていパイプ4本です。

6310

二組のうんていフレームを組み立てます。
つなぎ目を合わせます。

6311

今回付属のM2.3x8mmネジを、つなぎ目の2箇所に差し込んで締め付けます。

6312

次に、6本のうんていバーを用意します。
うんていバーの両端に、ネジで仮止めしてあるうんてい外側ホルダーを外します。

6313

ネジを失くさないように注意しながら、6本のうんていバー全ての両端のうんてい外側ホルダーを一旦取り外します。

6314

うんていフレームの穴部分に、うんていバーを差し込みます。
方向性があるので、何度か差し込んで試してみる必要があります。

6315

フレームの外側から、先程外したうんてい外側ホルダーを差込み、うんていフレームを挟み込むようにネジで固定します。

6316

片側のうんていフレームの内側に、うんていバーを固定しました。
もう片方のうんていフレームの内側にもうんていホルダーを差し込んで固定していきます。

6317

巨大なうんていの全体像がはっきりとしてきました。
まだこの状態ではグラグラします。うんていポストの根元部分をうんていパイプで固定します。

6318

うんていパイプの両端のうんていホルダーを一旦取り外し、うんていポストに差し込みます。

6319

うんていホルダー外側をはめ込んで、ネジで固定します。

6320

これでうんていの完成です。
坦々とした作業にて、でかいものを作り上げたのですが、イマイチ達成感は沸いてきません。完成を待ち望んでいたわけでもなく、どうでも良いアクセサリーだからです。収納場所が無くて、かえって迷惑です。完成後のロボゼロに、1回うんてい運動をやらせた後、お蔵入りとなりそうです。

6321

完成間際のロボゼロを、うんていのバーに摑まらせます。
このうんてい、ロボゼロの足がしっかり地面に着くくらいの高さしかありません。落下しても危険ではないということなのでしょう。

6322

完成形のままでは持て余すので、うんていポストの部分を取り外し、3分割の状態で保管しておくことにしました。

6323

次号、64号のパーツは、データCD-ROMです。
「ROBO XEROデータCD-ROM モーションデータ(5)/プログラムファイル(5)」が入っています。つまり次回は作業がありません。

その次の65号では、膝下に取り付けるサーボモーターが付属します。今後、2号に一つの割合で2つのサーボモーターが付属し、左脚を組み立てていくことになります。

前回はこちら
「週刊ロボゼロ」第62号 両膝が揃って完成が見えてきた!

次回はこちら
「週刊ロボゼロ」第64号 早く見たいぞロボゼロの安来節!

|

« 「週刊ロボゼロ」第62号 両膝が揃って完成が見えてきた! | トップページ | 鉄道コレ第15弾は、ミニレイアウトにピッタリのレールバス »

週刊ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

 このシリーズは、本体や(うんてい装置など)組立完成後に本当に楽しむためのものと思うようになりました。 でもCDからや自作の動作データを、簡単にみえる、MOVEなどのプログラミング言語で、サーボモーターに伝える方法、大変ですが、覚えるしかないようですね。
 最終号ではまだ酔えませんね。  

投稿: honest | 2012年5月 1日 (火) 00時38分

PS 別の楽しみのスタートですね。 無料ですが?

投稿: honest | 2012年5月 1日 (火) 00時51分

honestさんのお話の通りだと思いますが、私は諸般の事情から
デアゴスティーニ社直送の定期購読を この63号までとしました。

64号以降は5月が終わるあたりで ほかで 求めるようにします。

投稿: 太田 | 2012年5月 1日 (火) 05時11分

> うんていパーツも今回が最後です。
やっと終わりますか、私も今日、取りに行ってさっさと終わらせます。

何か有効利用と考えたのですがいいアイデアが浮かびません。
完成の写真を見て物干しにも見えなくもないのですが、せいぜい靴下が干せるくらいの大きさですし、それにこの数の靴下を一度に洗濯する事はまずありません。
アルミのパイプは何かに使えるかも知れませんね。

ガラクタ集めが趣味の私もちょっとこのガラクタは・・・

投稿: カズキ | 2012年5月 1日 (火) 07時40分

>honestさん、こんばんは。

プログラミング講座、私は読み飛ばしてしまっています・・・。きっと完成後に引っ張り出して、皆様のお力を借りながら研究することになるのでしょうか。終了後も長く楽しめそうなシリーズですね。

とりあえず、完成後に銘酒で乾杯します。さすがに今回はお酒の通販の案内、ありませんね。


>太田さん、こんばんは。

デアゴさん、巧みなパーツ配布戦略でしたが、確かにもう先が見えているので、無理やりロボゼロ購読続けなくても完成出来ますね。


>カズキさん、こんばんは。

靴下物干し!確かに完成後はそんな佇まいです。ヤワなので、軽いものしか干せませんね。

零戦の台座も結構邪魔になっていますが、今回のうんていはそれ以上に嵩張りますね。

投稿: YUJI | 2012年5月 1日 (火) 18時01分

66号 赤外線リモコンが来ますね。

投稿: 太田 | 2012年5月 2日 (水) 18時30分

太田さん、66号情報ありがとうございます。
ロボゼロのオリジナルロゴが格好良いですね!

投稿: YUJI | 2012年5月 2日 (水) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊ロボゼロ」第63号 どうでも良い「うんていを作る」最終回です:

« 「週刊ロボゼロ」第62号 両膝が揃って完成が見えてきた! | トップページ | 鉄道コレ第15弾は、ミニレイアウトにピッタリのレールバス »