« 鉄道コレ第15弾は、ミニレイアウトにピッタリのレールバス | トップページ | 丸栄での「第9回鉄道模型展」 »

2012年5月 4日 (金)

永平寺への父親の納骨の小旅行

201205030401

一昨年亡くなった父親の遺骨の納骨のために、総本山に小旅行に行って参りました。舎利様を含む遺骨の一部と菩提寺のご住職からの紹介状を携え、一路福井県の永平寺を目指します。母親に同行なので、私の車ではなく実家のトヨタSAIにて私がハンドルを握ります。SAIはパワフルなので、長距離はお手のモノ。
私は中学生の頃に行って以来、久し振りの永平寺参りです。その時は冬の寒い時期だったので、緑豊かな今の季節とは全く印象が異なります。穏やかな季節に訪れても、思っていた以上に荘厳で凛とした美しさのある名刹でした。境内の杉の巨木を眺めて歩くと、癒されるようです。

201205030402

曹洞宗の総本山の永平寺では、現在でも多くの修行僧がおられます。納骨の法要の読経は30分程度ですが、13人もの僧侶による迫力ある儀式は心が洗われる様な感覚になります。長い道中ですが、来て良かったと感じる次第です。ちなみに納骨料(分骨)は3万円で、同行者を含め、通常500円の拝観料は免除されます。門前にたくさんある駐車場は1日500円程度で、土産屋で2000円程度の土産を買うか食事を取ればサービスになります。

201205030403

連休の最中に行くことになったので、宿泊地については通常の手段では取るのが困難でした。一応、私のほうでもアチコチあたったのですが、一番人気の日程なので、目処しいところがありません。今回は母親に同行なので、彼女のお陰で全国にある会員制リゾートホテルに宿泊。連休中だろうが何とかなるものです。永平寺から車で50分程度の距離にある、ダイヤモンド片山津温泉ソサエティに宿泊します。

201205030410

昨年泊まらせてもらったエクシブ箱根離宮のような豪華なホテルではありませんが、広々とした温泉に浸かり、我々夫婦には広すぎるくらいのツインルームに美味しい食事を食べさせてもらって、何とも有難い次第です。父親をダシに、今回も贅沢旅行となりました。

201205030404

夜の9時からは、部屋の窓から連休中行われている花火がしっかり鑑賞できました。少々の小雨でも上げられるようです。

201205030405

夜が明けて、4日はホテルから車で15分程の距離にある「日本自動車博物館」を訪れます。
個人蔵のコレクションの自動車博物館で、500台ほどの収蔵車がある同館は、一度訪れてみたかったのです。

201205030406

夥しい数の収蔵車が、館内に所狭しと並べられています。貴重な車種もたくさんありますが、あまり保存価値が無いと思われるような量産車も多く展示されています。本来、保存対象にならないような車両も、系統順に並べると文化的価値があるようにも思えます。国産の旧車が多いので、昔良く見かけた懐かしい車両もあります。
車に興味があるとは思えない母親も、懐かしい車の数々を見て、結構楽しんでくれたようです。日本自動車博物館については、後日ブログネタにしたいと思っています。

201205030407

勿論、私のお目当てのトヨタ2000GTもあります。1階の目立つ場所に展示してある同車は、左ハンドルの輸出仕様です。他の車は結構乗りっぱなしのような使用感のあるものが多いのですが、流石にこの2000GTは丁寧にレストアされています。

201205030408

今日は北陸地方はずっと雨模様でしたが、東海地方に向かうにつれ、だんだん晴れてきました。帰路の北陸自動車道の長浜付近では、地面から遠くない低い位置に掛かるキレイな虹を見ることができました。向こうの山よりも低い位置にくっきりとした帯。米原を抜けて名神高速に入るとすっかり晴天に。4連休も後半の2日間は良い天気に恵まれて、絶好のレジャー日和となるのでしょうか。

父親を送る儀式が一つ一つ終わっていって、少々寂しくはあるものの、ホッとした気分でもあります。

|

« 鉄道コレ第15弾は、ミニレイアウトにピッタリのレールバス | トップページ | 丸栄での「第9回鉄道模型展」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お父上様の納骨お疲れ様でした。納骨にも色々な手順があるので大変でしたね。

日本自動車博物館は日本初の四輪駆動車のくろがね四起があるので一度行って見たいですが、YUJIさんも言われていた通り結構雑な扱いの車両も多いと聞いているので行くべきかどうか悩ましい所です。

投稿: 三日月 | 2012年5月 5日 (土) 18時37分

三日月さん、こんばんは。

夥しい数の収蔵車は、一見の価値があると思いました。普通、保存対象にならない普通の車が沢山あるので、懐かしい気持ちになれます。使いっぱなしの車の状態が、かえってリアルに感じました。ミラーにアクセサリーが掛かったままだったり、板金塗装部分がはっきりしていたり、旧オーナーの息遣いさえ感じられます。

ただ、個々の車の説明が不十分で展示順には脈絡が無く、ミュージアムショップもオモチャ雑貨ばかりで書籍や図録は全くありません。博物館というよりは、コレクションルームを見たといった感じです。学術監修が入って整理すると、私にとっては魅力的になりそうですが、多くの来場者はテーマパークのように思っているのかもしれません。

投稿: YUJI | 2012年5月 5日 (土) 21時05分

 まったく関係ない話ですが、娘との陶器市帰りのバスで、車窓からの夕暮れの月、快晴いのせもあって、大変綺麗で、今まで人生70数年最高の月などと、のたまっていました。 馬鹿にしていた娘が、インターネットで調べたらしく、今年の5月5日の月は、聞いたこともない、スーパームーンと言って楕円軌道のせいで、30%も明るいらしいです。 私の感性自慢できました。
 明夜は満月よかったら上を見てみて下さい。

投稿: honest | 2012年5月 5日 (土) 22時08分

PS 月もつぎの金環食など忙しいですね。

投稿: honest | 2012年5月 5日 (土) 22時19分

>PS 月もつぎの金環食など忙しいですね。
私も金環食楽しみにしております。
妻と、那智勝浦に一泊で観察旅行の予定です。久しぶりの旅行ですがいつにもましてお天気のみ気がかりです。YUJIさんの地方も金環食の軌道上でしたよね!

投稿: マーボウ | 2012年5月 5日 (土) 23時25分

一応10万分の1に減光するNDフィルターを購入して準備は整っています。
当日の天気次第ではそちらの方(実家の三重)に移動する予定です。
高校の友人(星仲間)は三重で小学校の校長をやっているのですが当日は生徒を早く登校させてみんなで観測会をやるようです(職権乱用?)

投稿: カズキ | 2012年5月 6日 (日) 08時26分

>honestさん、こんにちは。

満月、ひときわ美しく輝いていましたね。雨で空気が洗われたからだと思っていましたが、普段よりも明るいとは知りませんでした。

今月の金環食、非常に楽しみです。


>マーボウさん、こんにちは。

居ながらにして金環食が楽しめるとは、一生に一度のことだと思うのでワクワクしています。日食グラス、NDフィルターなど準備万端整え、待ち構えています。5月21日は月曜日で忙しいのですが、休暇を取ることにしています。ただ、自宅からは東の空に電線が掛かってしまうので、観測条件の良い妻の実家にて観察します。天気が良いことを祈ります。

>カズキさん、こんにちは。

私はND400とND8の2枚重ねにて挑む予定です。今のデジカメは高速シャッターが切れるので何とかなるかと。カメラ2台体勢なので、フィルターは2セット用意しました。

生徒にとっては、安全な条件で金環食を見るのは、貴重な経験になるでしょうね。きっと天体に興味を持って、その道に進むきっかけになる子がいるかもしれません。

投稿: YUJI | 2012年5月 6日 (日) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/54632270

この記事へのトラックバック一覧です: 永平寺への父親の納骨の小旅行:

« 鉄道コレ第15弾は、ミニレイアウトにピッタリのレールバス | トップページ | 丸栄での「第9回鉄道模型展」 »