« 海原電鉄in鉄道模型少年時代 | トップページ | 「週刊トヨタ2000GT」第41号 ワクワクサスペンション作り! »

2012年9月23日 (日)

「週刊トヨタ2000GT」第40号 たっぷりストロークのあるリヤサスペンション

2000gt4001

デアゴスティーニのパーツ付きマガジン「週刊トヨタ2000GT」第40号です。

前65号の長丁場のこのシリーズは、前回にて全体の60%の進捗に達しました。今号からは残り4割となります。これまでに配布されているパーツを眺めると、7割くらいに達しているような感じがしますが、足回りなど、ゆっくり仕上げていくのかと思います。今回からしばらくは、サスペンション周りを組み立てていきます。

2000gt4002

今回のパーツは、リヤサスペンションパーツです。
小さなビニール袋に、全てのパーツがコンパクトに納められています。しかし、組立作業はパーツのショボさに比例しておらず、結構楽しいものがありました。

2000gt4003

パーツの一覧です。
リヤダンパー×2、リヤアッパーアーム左×1、リヤアッパーアーム右×1、ビス(Vタイプ)×3(うち1本は予備)、ビス(Wタイプ)×5(うち1本は予備)、ビス(Xタイプ)×3(うち1本は予備)、ビス(Uタイプ)×5(うち1本は予備)です。

38号のフロントサスペンションの時と同様に、ダンパーのバネが2つ入っています。最初からスプリングの両端にパーツが取り付けてあるので、読者が面倒な作業をすることはありません。気が利いていると思います。

2000gt4004

今回の作業は、リヤアッパーアームとリヤダンパーの取り付けです。
シャシーフレームに、リヤアッパーアームとリヤダンパーを指定のビスで取り付けます。リヤアッパーアームの左右前後を間違えなければ作業は簡単です。

2000gt4005

問題は、今回使用しないXタイプのビスを含め、複数の種類のビスが同じビニールの小袋に入っていることです。読者の立場としては、その号に使用するパーツのみ、都度配布して欲しいものです。しかし、配布パーツが少ない号に、後のパーツも一緒に入れることはある程度仕方ないことではあります。せめて、全く使用しない種類のビスは、別個の小袋に入れて欲しいと思う次第です。

これまでのところ、このシリーズはキットとして非常に良く出来ており、デアゴスティーニには珍しく気が利いているところが多いだけに、今回のような些細なことが気になってしまうものです。

全く使用しないXタイプのビスは取り分けて袋に入れて封をして、他の予備ビスと共にツールボックスに保管しておくことにします。写真ではまだ取り分けていませんが、UタイプとWタイプのビスも更に2本ずつ後の号にて使用するので保管します。

2000gt4006

今回のパーツと共に、シャシーフレームを用意します。

2000gt4007

リヤアッパーアームには左右の区別があります。
それぞれ「L」、「R」と刻印されています。この刻印された側がフロント側となります。

2000gt4008

まず、左側のリヤアッパーアームから取り付けます。
シャシーフレームのビス穴に合わせて、リヤアッパーアームを差し込みます。

2000gt4009

後ろ側からLタイプの長いビスを差込み、ドライバーで締め付けます。

2000gt4010

ねじ込むと、リヤアッパーアームの前側にビスが入っていきます。
ビスの頭が、リヤアッパーアームの後端とツライチになるくらいで止めておきます。いっぱいまでねじ込む必要は無いようです。

2000gt4011

右側のリヤアッパーアームも同様に取り付けます。

2000gt4012

リヤダンパーを取り付けます。
六角形になった側を、シャシーフレーム側の取り付けポスト部に差し込んではめ込みます。

2000gt4013

シャシーフレームのダンパーの取り付けポスト部の上側に、Uタイプのビスを差し込んで、少し手で締め付けます。

2000gt4014

クロスレンチでUタイプのビスをねじ込みます。
この部分に、ちゃんと六角頭のビスを使用しているのは心憎い演出です。

2000gt4015

リヤダンパーの下側の部分を、リヤアッパーアームに差し込みます。
この取り付け部はスプリングにはまっているだけなので、手で方向を変えることが出来ます。

2000gt4016

Wタイプのビスを後ろ側から通して、ドライバーで締め付けます。
ここも、ネジ頭がツライチになるくらいでOKとのことです。締め付けすぎると、サスペンションの動きが悪くなります。

2000gt4017

左右とも取り付け完了です。
手でリヤアッパーアームを押すと、サスペンションは結構なストロークがあることがわかります。楽しい感触です。

2000gt4018

これで今回の作業は終了です。

2000gt4019

次回、第41号のパーツは、リヤロワアームです。
シャシーフレーム後部にリヤロワアームブラケットを取り付け、そのにリヤロワアームを取り付けます。これから更に2号に亘り、リヤサスペンションの仕上げに掛かることになります。

前回はこちら
「週刊トヨタ2000GT」第39号 全体の6割に到達!

次回はこちら
「週刊トヨタ2000GT」第41号 ワクワクサスペンション作り!

|

« 海原電鉄in鉄道模型少年時代 | トップページ | 「週刊トヨタ2000GT」第41号 ワクワクサスペンション作り! »

ミニカー」カテゴリの記事

週刊トヨタ2000GT」カテゴリの記事

コメント

サスペンションの作業は楽しいですよね~~~(>_<)(>_<)

『週間日産GTR』の方は現在35号でまだ、3分の1程度ですから、
こちらの方がペースが速いです。そう言えば、『週刊マクラーレンMP4/4』の2号が発売されてますが、YUJIさんは、『週刊マクラーレンMP4/4』は創刊号コレクションになさるのですか???

ちょっと気になったので(>_<)(>_<)

投稿: 人生を考える会 会長 | 2012年9月24日 (月) 01時27分

>人生を考える会 会長さん、こんばんは。

週刊マクラーレンMP4/4は、創刊号のDVDに満足したので、2号以降は入手しません。明日発売の戦艦大和も創刊号だけ入手予定です。

投稿: YUJI | 2012年9月24日 (月) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/55728719

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊トヨタ2000GT」第40号 たっぷりストロークのあるリヤサスペンション:

« 海原電鉄in鉄道模型少年時代 | トップページ | 「週刊トヨタ2000GT」第41号 ワクワクサスペンション作り! »