« さんけい海原電鉄 動力車のライト取り付け作業 | トップページ | さんけい「銭婆の家と海原電鉄」の沼の底ホームの作成 »

2012年9月 2日 (日)

走る!灯る!海原電鉄車両の走行改造完了

さんけいのみにちゅあーとキットスタジオジプリの映画の「千と千尋の神隠し」に出てきた「銭婆の家と海原電鉄」の海原電鉄車両組立ての話題です。

付随車のライト点灯改造が終わり、2両編成の車両のNゲージ化がほぼ完了しました。元々は、動力化やライト点灯など全く考慮されていないペーパーキットです。しかしボディの剛性が結構高かったことと、汎用性の高い鉄コレ動力のお陰で、何とか安定走行、及びライト点灯させることが出来ました。

0701

ライト点灯改造は、先に行った動力車と基本的には同じです。動力ユニットのスペースがないために、回路を納めるスペースの余裕があります。

0702

車体には1灯のヘッドライト、2灯のテールランプを取り付け、レンズ部分には、Hアイズミニが接着してあります。

0703

動力車は、室内灯設置スペースを確保するために、吊革パーツを切除しましたが、付随車の方は温存します。

0704 

自作の室内灯ユニットです。夕庵式室内灯を参考にさせて頂いています。
自作のスイッチングダイオードとCRDを組み合わせて砲弾型白色LEDに接続し、LEDの先にはタミヤのソフトプラ棒を接着しています。

0705

ヘッドライトとテールランプの点灯回路です。
整流用ダイオードとCRDの回路の中に、タンタルコンデンサと2kΩのチップ抵抗を組み合わせています。コンデンサと抵抗は、進行方向と反対側のライトのちらつきを抑えるためです。テールランプの方は暗く灯すために、更に2kΩの抵抗を挟み込みます。
市販の点灯ユニットに比べて、何とも不細工な自作回路ですが、私は他に安定点灯させる方法を知らないので仕方ありません。

0706

集電は、Bトレインショーティー用走行台車から行います。
Bトレ走行台車は集電台車となっているので、改造が楽なのです。台車の集電板に直接0.2mmのポリウレタン線を半田付けしました。細い線を使うと、何とか台車の動きに対応出来る物です。Bトレ用集電板の発売を心待ちにしています。
当初は片方の台車からのみ集電を行っていましたが、ライトの安定点灯のために、結局両方の台車から集電することにしました。

0707

室内灯、ヘッドライト、テールランプの回路をそれぞれ接続します。
室内灯の発光部は、吊革パーツでうまく隠れます。

0708

シャシーにボディを被せます。
この段階では、集電は後ろの台車からのみ行っていますが、走行時にライトが安定しないので、前後双方の台車からの集電に切り替えています。Bトレ用ウェイトを車内と床下に貼り、集電性能を高めました。重量のある動力車に比べて、付随車は安定集電に苦労します。
せっかく車内にシートを設置したので、千尋やカオナシ達を乗せたかったのですが、ケーブルが多くて邪魔な上に全く目立たないので断念しました。

0709

動力車、付随車共にライト取り付け完了です。室内灯の灯りがササヤカですが、部屋を暗くすると、ちゃんと灯っていることが判ります。

0710

進行方向では、ヘッドライトが点灯します。LEDがレンズのすぐ後ろにあるので、非常に明るく灯ります。劇中でも、夜間にライトを点灯させて走行している光景が印象的でした。

0711

後尾の車両では、テールランプが点灯しています。
千尋が沼の底の駅で降りて、ホームに佇んでいる間に列車が行ってしまう時に、テールランプが輝いている光景を思い起こします。

走行実験中の動画です。

カーブレールはTOMIXのC140です。これ以上の急カーブの走行は困難です。
付随車にウェイトを積んだことにより、安定したライト点灯が実現しました。やれやれ、小さな車両の改造に何とも長い時間を要したものです。

0712

このキットは海原電鉄が主役なのではなく、あくまで銭婆の家のキットに車両が付属しているものです。銭婆の家も作るべきなのでしょうが、イマイチ意気が上がりません。映画の中の銭婆の家は、キットの母屋だけでなく、離れや納屋があり、周囲の畑等と相まって、独特の長閑なイメージがありました。それに、千尋たちは銭婆の家に向かう際、海原電鉄の沼の底駅から少し歩いていたので、車両のすぐ隣に銭婆の家があるのも不自然です。私は何やらヘリクツを並べて、意気の上がらない工作から逃げているようでもありますが・・・。

とにかく、念願の海原電鉄のNゲージ化が終わったので、今夜はちょっと良いお酒で乾杯します。

前回はこちら
さんけい海原電鉄 動力車のライト取り付け作業

次回はこちら
さんけい「銭婆の家と海原電鉄」の沼の底ホームの作成

|

« さんけい海原電鉄 動力車のライト取り付け作業 | トップページ | さんけい「銭婆の家と海原電鉄」の沼の底ホームの作成 »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん こんばんは
海原電鉄車両の改造お疲れ様です。ホイルベースなど数々の難題の克服はさすがYUJIさんですネ!夕庵式の室内灯もいい感じです!私もスワン会館の看板をこの方式でYUJIさんのように作りました。
>今夜はちょっと良いお酒で乾杯します。
まだまだ残暑の続く熱い夜ですが、今夜は、周回する列車を見ながらグラスが何回も空いたことでしょうね?

投稿: マーボウ | 2012年9月 2日 (日) 22時36分

マーボウさん、こんばんは。

何とか海原電鉄車両がほぼ完成しました。夕庵式室内灯の情報をお教え頂き、ありがとうございました。

昨夜はスコッチで少々酔いました。週明けから忙しいというのに・・・。今度は夜景の町を走らせたくなりますね。

投稿: YUJI | 2012年9月 3日 (月) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/55556576

この記事へのトラックバック一覧です: 走る!灯る!海原電鉄車両の走行改造完了:

« さんけい海原電鉄 動力車のライト取り付け作業 | トップページ | さんけい「銭婆の家と海原電鉄」の沼の底ホームの作成 »