« 「週刊SL鉄道模型」第36号 祝!試運転 | トップページ | 「週刊トヨタ2000GT」第44号 シリーズ初のボディパネルパーツに満足! »

2012年10月20日 (土)

河合商会の山の温泉宿

今週、模型メーカーの老舗の河合商会さんが自己破産の申請をしたというニュースを聞きました。昔からコツコツ真面目に模型作りをされてきたメーカーが姿を消すというのは寂しい限りです。会社の方々のこれまでの努力が報われ、そして多くの模型資産が後世に引き継がれていくことを祈る次第です。

鉄道模型関連では、河合商会は貨車などニッチな需要に応えていました。私自身は、ケーブル付きのチップLEDを相当数買い込んで使用していました。今後、全部自分で半田付けしないといけなくなってしまうと思うと、非常にお世話になっていたことに感謝申し上げる次第です。

ニュースを聞いてからいつもの模型屋さんに行ったら、もう既に河合商会の鉄道模型、プラモデル等は撤去された後でした。個人店ではまだ残っているところもありますが、多くの店ではメーカーが倒産すると、店頭から速やかに撤去します。どんな製品でも、お客さんが買って行ってから何か問題が生じた時に、製造メーカーが責任を負うからです。もちろん売った店にも責任はあるのですが、最終的に責任を取ってくれるメーカーの無くなった商品は、すぐに本部から店頭から引くお達しが回るのです。無返品対象商品で無い限り、その多くは問屋が引き取り処分します。

小さな個人店では、店頭から引いても問屋が返品を受け付けてくれないところもあるかと思うので、まだ買えるチャンスがあるかもしれません。中古品を扱うショップでは、今まで通り並んでいます。今後の商品扱い先も決まっているようなので、その内異なるブランドから継続販売されることを願っています。

01

自室の押入れから、まだ作っていない河合商会のプラモデルが出てきました。4~5年前に購入したものですが、作り出すきっかけが無く、放置していたものです。箱庭シリーズの「山の温泉宿」です。箱庭シリーズは、数十年前から同じ様なパッケージで販売されている、お馴染みのシリーズです。

02

私が子供の頃に、このシリーズのプラモデルを作ったことがあります。小さな情景作りに加えて、植物を植えるという発想が楽しいのです。

この山の温泉宿は、150分の1スケールにてNゲージ鉄道模型に使用できるサイズです。外箱の横に明記してあります。私は何かに使用できるかと思って買っていたのでしょう。今となっては迂闊に製作出来なくなってしまいました。

03

昔のまま、あまり改良を施していないと思われます。箱を開けると非常に素朴なパーツが出てきます。箱絵は非常にきれいなのですが、パーツは全くの無塗装なので、製作者が細かく塗り分けないといけません。

Nゲージ鉄道模型と同じスケールの150分の1ですが、肝心の温泉宿はかなり大きく感じます。近年になって発売されたTOMYTECのジオコレの建物等がコンパクトなので、大きく感じるのかもしれません。

素朴な木造の宿、吊橋、渓流脇の露天風呂など、山の温泉宿の情緒一杯の優れた設計なので、丁寧に塗り分けて組み立てれが、楽しい情景が出来ると思います。

04

ジオラマ作りのためのグリーンのパウダーや石もちゃんと付属しています。これだけでは全然足らないと思いますが、後は市販品を使用すれば良いでしょう。

05

箱庭シリーズの特徴でもある芝の種とマットが付属しています。
プラモデルにリアルな植物を生やすという発想は素晴らしいと思います。昔作ったときは、水加減を失敗したのか、芝は生えたものの、だんだん臭うようになってきてしまいました。家の中にドブのようなニオイがしてきたので、家族に不評で泣く泣く芝を取って捨てました。

011

箱の横に、芝の育て方が書いてあります。水を切らさないようにしなければいけませんが、私の様に水が多すぎると腐ってしまいます。

012

このシリーズは11種の商品がありました。Nゲージサイズとしては、山の温泉宿の他、田舎の駅があり、安価なストラクチャーが少なかった時代には、レイアウトに取り入れた方が多かったようです。

このまま作らないで、箱に収めて仕舞っておきます。何とも寂しいものです。

|

« 「週刊SL鉄道模型」第36号 祝!試運転 | トップページ | 「週刊トヨタ2000GT」第44号 シリーズ初のボディパネルパーツに満足! »

プラモデル」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん こんばんは
山の温泉宿いつの日か、YUJIさんのレイアウトで輝いてくれるといいですね。ところで、今日市内に出たついでにキッズランドに行きましたら、さんけいのジブリシリーズの千と千尋の神隠しの『油屋』の予約を開始しておりました。先ほどHPを確認しましたら、12月21日発売予定です。ただ、仕様が破格です。出来上りサイズは圧巻の幅29.5cm×奥行30cm×高さ39cmです。150分の1でのサイズです。
レザーカットシートのみで48枚、組立時間はなんと120時間です。
価格もサイズ同様圧巻の定価63000円です。キッズランドでは、予約特価50400円となっていましたが、即予約は、さすがにできませんでした。

投稿: マーボウ | 2012年10月20日 (土) 22時04分

マーボウさん、こんばんは。

さんけいの油屋、名古屋のキッズランドでも予約受付しておりました。私も値段と大きさに躊躇してしまいました。多分、買えないです。
確かに、あの巨大な建物を150分の1サイズにすればあの大きさになってしまうのは当然なのですが。それにしてもよく販売を決定したと関心しきりです。

>レザーカットシートのみで48枚、組立時間はなんと120時間です。

さんけいの組み立て時間表示は、私にとっては実際よりもかなり短く書かれているので、じっくり組み立てれば軽く1.5倍は越えて180時間以上。一日1時間コツコツ組み立てても半年掛かりますね。これこそ週刊クラフトワークの企画にピッタリの気がします。

投稿: YUJI | 2012年10月20日 (土) 22時56分

> 水加減を失敗したのか、
私も昔やった時は水をやり過ぎたのかうまく行かなかったような気がします。
しかし4~5年経っているのに種はそのままで水をやればちゃんと発芽するのでしょうね。またさに植物の脅威ですね。

ジオラマと植物栽培、まさに盆ラマですね。

投稿: カズキ | 2012年10月21日 (日) 08時22分

カズキさん、こんにちは。

私は元祖盆ラマの河合商会のグリーンホビーはおろか、100円ショップのスプラウトもマトモに育てられず、ドブ化してしまいました。泣く泣く捨てるとき「カイワレなんかスーパーで買った方が安い!」って嘯きましたが、それって作る楽しみを味わう模型趣味も否定しているようで虚しくなりました。

投稿: YUJI | 2012年10月21日 (日) 10時41分

知りませんでした。河合商会さんが自己破産とは(-。-;
B6機関車が好きで5台購入しました。ネットオークションのジャンク品2台に続き、形違いそれぞれ1台づつと客車。続けて購入するきっかけは、細かい部品に不具合があったので出品者に相談したのですが、車輌を入れるケースの中に沢山の備品を無料で送ってくれて感動しました。きっと河合商会の関係者だったんだなって思っていました。
河合商会のメーカーサイトではB6の在庫は無く、ないしょで在庫持っていて、B6好きな人にオークションで売ったのかな?なんて勝手に思っていました。
自己破産なんて残念です。今回の週刊鉄道模型では走行出来なかったけど、可愛らしくギコチない走りですが、一番大好きな機関車です。大事にしたいと思います。
YUJIさんは河合商会の模型組立するのですか?種が付いてて昔学生の頃見た様な気がします。楽しい企画ですよね。
YUJIさん色んなブログあって興味あります。
自分もブログやって見たいですが…ブログじゃなかったらごめんなさい…難しいです。
今夜もありがとう御座いました。(^-^)/

投稿: だっちゅ〜どん | 2012年11月19日 (月) 20時08分

>だっちゅ〜どんさん、こんばんは。

河合商会さんの倒産は寂しいですね。大手にないニッチな商品を出していただけに残念です。私は配線済みチップLEDを纏め買いしていましたが、今後は自分で半田付けしなければなりません。

ネットオークションでB6購入できたのですね。私自身、現在オークションはやっていないので気付きませんでした。週刊SLのジオラマでなくても、他で活躍できそうですね。

投稿: YUJI | 2012年11月20日 (火) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/55933007

この記事へのトラックバック一覧です: 河合商会の山の温泉宿:

« 「週刊SL鉄道模型」第36号 祝!試運転 | トップページ | 「週刊トヨタ2000GT」第44号 シリーズ初のボディパネルパーツに満足! »