« 原田純余コンサート情報「岡崎市音楽家協会定期演奏会」 | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」第38号 濃淡2色のフォーリッジ »

2012年10月30日 (火)

仕事で富士宮に日帰り

今日は日帰り仕事にて富士宮に行ってまいりました。愛知県と静岡県は隣り合わせとはいえ、名古屋中心部の会社を出てから、車でたっぷり3時間以上掛かります。静岡県は横に長いのです。昼からの仕事が長引いて、帰宅時間が遅くなって今日も何にも工作できませんでしたが、このところ外出仕事があまり無かったので、移動時間は良い気分転換になります。

富士宮に行く途中に楽しみなのが、富士山の間近を通る事です。しかし朝の内は良く晴れていたのに、富士山の近くになったら雲が厚くなってきました。由比の海岸の辺りで少し山頂付近が見えたものの、富士川SAからは麓の稜線しか見えません。残念です。

20121030sa01

東名高速の富士川SAに併設された道の駅「富士川楽座」は、一般道からもアクセスでき、道の駅としては日本一の集客数を誇ることで有名です。休日のドライブの際に立ち寄る時にはいつも混雑している印象しか持っていなかったのですが、平日の昼前はガラガラの状況。さすがに昼過ぎには少しお客さんが入ってきたものの、秋の旅行シーズンでものんびり出来る程度の入りです。富士宮で仕事の約束があるのは昼からなので、ここで時間調整です。

20121030sa02

富士川楽座内の「まる鮮食堂」の「わんこ丼セット」。
生しらす丼と生桜海老セットにて900円也。どちらもミニサイズながら、地場の名産品の料理を供しています。和食定食、麺類、丼物から中華まで、メニューの量が非常に多い、典型的なサービスエリア食堂です。食券を持っていったと思ったらあっという間に持ってきたので、あんまり期待できないなあ、と思っていたのですが、これがどちらも結構美味しい。

釜揚げじゃない生のしらす丼、そして生桜海老丼は、水揚げされた地元でしか味わえない味。とはいいつつ、私の地元の愛知県でも探せば食べられるのですが、静岡名産ということになっています。インスタント食品のようにスバヤク持って来る店でも十分に美味しいのはさすがです。

富士山には振られましたが、これで英気を養って、いざ出陣です。

|

« 原田純余コンサート情報「岡崎市音楽家協会定期演奏会」 | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」第38号 濃淡2色のフォーリッジ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/56007097

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事で富士宮に日帰り:

« 原田純余コンサート情報「岡崎市音楽家協会定期演奏会」 | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」第38号 濃淡2色のフォーリッジ »