« 「週刊ロボゼロ」センサーラックの基板ガードを改造してSDカードを交換可能に! | トップページ | MonoMaxのオマケのCOACH万年筆、思わず自慢したくなる逸品! »

2012年12月10日 (月)

「週刊ロボゼロ」専用キャリーBOXの緩衝材のカット作業

今朝は、12月中旬とは思えない冷え込みとなりました。

早朝の岡崎は、みぞれの様なものが降っている状態でしたが、名古屋に着くと一面の銀世界。昼前まで雪が降り続き、珍しく積もりました。新聞記載では積雪2cmとのことですが、実感的にはずっと積もったように思えます。日頃雪に慣れていないので、道路を歩くのもおぼつきません。僅かな積雪でも、都市高速は通行止めになるし、電車も遅れるなど影響は大きかったようです。

昼から晴れてきたので、あっという間に雪が融けて、街中ズクズクの泥だらけになってしまいました。今回の雪では、雪合戦や雪だるまで遊べるほどではなかったようです。

今日も、デアゴスティーニのパーツ付き・ハイスペックロボットマガジン「週刊ロボゼロ」の話題です。

01

頭部の後ろ側にオプションパーツを取り付けて、物々しくなったロボゼロです。自分的には、これでようやくハード的に完成となった気がします。正面から見ると、何ともゴチャゴチャしていて、簪を挿した花魁のようです。

02

シリーズを通しての購読者には、アルミ製の専用キャリーBOXがプレゼントされました。ロボゼロのシャープなイメージに合致した、格好良いケースだと思います。手足を折りたたんでコンパクトに収納し、ロボゼロを運搬することが出来ます。

しかしこのキャリーBOX、オプションパーツを取り付けた状態での収納を前提としていません。頭でっかちになった我がロボゼロを収納するには、若干の改造が必要です。

03

キャリーボックスの内部には、ウレタンの緩衝材が入っています。ぴったりロボゼロを収めて、動かないようになっています。上面には、ケースの断面に合わせられたウレタン板を置いてから蓋をしめる仕組みです。

04

緩衝材は、センサーラックフレームを取り付けていない状態のロボゼロを収納する形状になっているので、そのままでは私のロボゼロは入りません。

この緩衝材、非常に柔らかい素材なので簡単にカットすることが出来そうです。

05

刃をいっぱいに出したカッターナイフで緩衝材を切っていきます。スパスパ切れるので、切り過ぎに注意しなければなりません。

06

現物合わせにて、少しずつカットしていきます。かなり底に近い部分までカットする必要がありました。
この緩衝材、静電気のために手指や周囲にへばりついて始末に終えません。カットが終わってから、掃除機で吸い取りました。

07

頭部を切り拡げることにより、センサーラックフレーム取り付け後のロボゼロを無事収納することが出来ました。

08

ロボゼロを運搬する際に、本体以外にキャリーBOXに入れたいパーツがあります。
標準赤外線コントローラー、予備バッテリ-、充電器、microSDカード、そしてオプションの赤外線リモコン等です。写真に取り忘れましたが。microSDカードの交換の為に、ピンセットも1本入れておきたいものです。

09

オプションの赤外線リモコン以外は、ケースの蓋の内側のポケットに押し込みます。頭部に位置する左側に入れ、右側は空けておきました。

10

ロボゼロの保護の為にウレタンの板を置き、その上から赤外線リモコンを置いて蓋を閉めます。
余程振り回さない限り、これで安全に運搬することが出来るかと思います。

11

赤外線リモコンがスマートに収納できていない気がしないではありませんが、これで一応最低限のパーツと共に、ロボゼロが専用キャリーBOXに収まりました。

ハード的に完成したとはいえ、まだまだ発展途上のロボゼロです。このままケースに入れてしまうと、仕舞いっ放しになりかねません。日頃はケースから出して、ロボットスタンドを用いて手元に置いておこうと思います。

前回はこちら
「週刊ロボゼロ」センサーラックの基板ガードを改造してSDカードを交換可能に!

|

« 「週刊ロボゼロ」センサーラックの基板ガードを改造してSDカードを交換可能に! | トップページ | MonoMaxのオマケのCOACH万年筆、思わず自慢したくなる逸品! »

週刊ロボゼロ」カテゴリの記事

コメント

> 名古屋に着くと一面の銀世界
日曜のクラブカップを見て、何じゃこれはと思いました。

私はセンサーラックを付けるとケースに収まらないのに入れるまで気が付きませんでした。
SDカードもいれづらくなるしジャマくさいですね。簡単に脱着できるといいんですが。
ジャイロの仕組みがわからないのでこんなものを作ってみました。(URL) ジャイロの調整する時は使ってみてください。

投稿: カズキ | 2012年12月11日 (火) 08時55分

カズキさん、こんにちは。

冷え込んだtので、こちらでは味噌煮込みうどんのおいしい季節になってまいりました。でも今日はすっかり雪は解けてしまいましたが・・・。

ジャイロセンサーチューニングツール、センサーの動作確認に便利そうですね。こういうソフトウェアをササッと作ってしまわれることが凄い!

基板ガードのカットで少しはマシになったものの、ピンセットを使用してのSDカード着脱、実に面倒です。

投稿: YUJI | 2012年12月11日 (火) 17時03分

ジャイロセンサーとサーボの関係(例のジャイロONのプログラムの意味)が分かると結構おもしろいです。
しかし実際動かしてみるとどう作用しているのかよく分かりません。

> ピンセットを使用してのSDカード着脱、実に面倒です。
ウチのロボゼロ、センサーラックが取り外されています。

投稿: カズキ | 2012年12月11日 (火) 17時58分

センサーラック外すと、当然ながら赤外線センサーが落ち着きませんし、着脱何度も行うとネジ穴も痛めます。実に悩ましいです。後付けの不具合、困りますが、こんなものだと思って面倒を承知で扱うしかありません。

ジャイロセンサー作動すると、プルプル震えだして均衡を取るのが実感できますが、数値化すると更によくわかりそうですね。

投稿: YUJI | 2012年12月11日 (火) 21時43分

カズキさん凄いですね!私もカズキさんのジャイロセンサーチューニングツール使わせてもらいました有り難うございます。
おかげさまでロボゼロの震えが止まりました本当に凄いプログラムを有り難うございます!

YUJIさん綺麗に型抜きされましたね、私は手で引きちぎったのでぼろぼろです^^;ロボゼロ用ラジオ体操のプログラムを作った方がいましたモーションを配布されていますURLからどうぞ

投稿: kai | 2012年12月12日 (水) 23時10分

kaiさんありがとうございます。
実はセンサーの入力の縦横を取り違えていました。
バージョン1.2.0で修正しています。
昨日の午前10時頃アップしたのでそれ以降のものは大丈夫だと思います。
念のためダウンロードしたexeのバージョンを確認してください。(プロパティ→詳細)
1.2.0以前なら再度ダウンロードしてください。

投稿: カズキ | 2012年12月13日 (木) 07時37分

>kaiさん、ラジオ体操プログラムの情報、ありがとうございました。最初から入っていた体操の動きにくらべたら、ずっとシャープですね。ジャイロ搭載の効果が実感できそうに思います。


>カズキさん、こんにちは。

ロボゼロの武者震い?を止めることも出来るのですが!私のロボゼロは、ジャイロ作動時の最初だけ少しブルブルします。今度試させて頂きます。

投稿: YUJI | 2012年12月13日 (木) 11時36分

> 私のロボゼロは、ジャイロ作動時の最初だけ少しブルブルします。
ロボゼロが直立した状態でニュートラルの調整をしておかないといけないみたいです。
ロボゼロの姿勢やジャイロの取り付け角度によってこの値は変わるみたいです。

投稿: カズキ | 2012年12月13日 (木) 13時50分

ガズキさん、バージョンUPのお知らせ有り難うございます。
早速いれかえました^^/
ジャイロをOFFの状態でラジオ体操すると家のロボゼロは倒れてしまいます;;ジャイロONでラジオ体操すると倒れにくいです^^;ジャイロと他の微調整をがんばって見ます。

投稿: kai | 2012年12月13日 (木) 18時06分

>カズキさん、こんばんは。

オプションの赤外線リモコンのアクションは全部ケンカ系なので、ジャイロをオンにしたときのブルブルが武者震いのように見えて可愛いです。

ロボゼロ直立状態でのニュートラル調整で更に安定するでしょうね。


>kaiさん、こんばんは。

やっぱりラジオ体操、ジャイロ必須でしたか。

投稿: YUJI | 2012年12月13日 (木) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/56291120

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊ロボゼロ」専用キャリーBOXの緩衝材のカット作業:

« 「週刊ロボゼロ」センサーラックの基板ガードを改造してSDカードを交換可能に! | トップページ | MonoMaxのオマケのCOACH万年筆、思わず自慢したくなる逸品! »