« 「週刊トヨタ2000GT」第56号 年明けの号は、58号の大物パーツ登場までの場繋ぎか | トップページ | イーグルモス「世界の軍艦コレクション」創刊号の大和しか売れないんじゃないかと心配・・・ »

2013年1月15日 (火)

「週刊トヨタ2000GT」第57号 ボディ外装パーツなのに樹脂製しかも塗装不良・・・

2000gt5701

デアゴスティーニのパーツ付きマガジン「週刊トヨタ2000GT」第57号です。

56号と共に届いた57号ですが、前回に続いて殆ど組立作業が無い上に、ボディ外装なのに軽い樹脂パーツで、しかも塗装がダマになっていて汚く、意気が上がりません。

2000gt5702

今回のパーツは、エアインレットとエアアウトレットです。
その他、ワイパーや側面エンブレムが付属しています。全て樹脂の小パーツなので、軽くて小さいパッケージです。ダンボールの梱包材の中に、ちんまりビニール袋が挟まっているような状態です。

2000gt5703

パーツの一覧です。
エアインレット×1、エアインレットベース×1、エアアウトレットベース×1、エアアウトレット×1、左ワイパー×1、右ワイパー×1、側面エンブレム×2です。

エアインレットとエアアウトレットは残念ながらスカスカに軽い樹脂製です。ルーバー部分の加工があるので、コスト的に金属パーツには出来なかったということなのでしょうか。残念です。

2000gt5704

今回の作業は、エアインレット&エアアウトレットの組み立てです。
エンジンフードの左右に配置されるエアインレット、エアアウトレットを組み立てます。表面パーツにベースをはめ込むだけなので、5分で終わる作業です。

2000gt5705

実車のエアインレットとエアアウトレットはルーバーになっている部分が繊細なイメージですが、この模型では樹脂パーツと鳴ってしまったためか、かなりポッテリしています。しかもルーバーの部分の塗料の切れが悪く、断面がきれいではありません。

2000gt5706

しかも、右側に位置するエアアウトレットには、1箇所かなり目立つ塗装の不良があります。塗料の中に埃が混入してダマになり、しかも一部が剥げている状態です。ボディ表面に配置するパーツなのに、少々落ち込みます。良く見なければ判らないじゃないかと言われそうですが、実車でも新車でこんな傷があったら日本では不良品です。丁度良い色があればタッチアップしたいものですが、一度デアゴスティーニさんに問い合わせてみようと思います。

2000gt5707

付属のワイパーは、ボディパーツが来てからの取り付けです。
エアインレット、エアアウトレットと異なり、こちらは予想以上に良く出来ています。創刊号などの試作品の写真のワイパーを見ていると、少々チャチナクロームパーツに見えます。しかし実際に今回のワイパーのパーツを手に取ると、繊細な作りに感心します。ウインドウに接する部分にはちゃんとラバーの黒塗装がなされていますし、ワイパーアームの基部にはダミーのスプリングパーツさえ取り付けられています。

2000gt5708

ボディ側面に取り付けるエンブレムも、なかなか良く出来ています。
実車は七宝焼きであるとのことで、このデアゴスティーニのシリーズの全巻購読者プレゼントでは実物大の側面エンブレムがもらえます。

2000gt5709

さて、そろそろパーツの組み立てに入ります。
エアインレット、エアアウトレットと、その内側に位置するベースパーツを組み合わせてセットします。

2000gt5710 

パーツを真っ直ぐに押し込んで固定したら、今回の作業は終了です。
今回やっても、ボディパーツへの取り付けの際に行っても、どちらでも良い作業でしょう。

2000gt5711

今回のパーツはしばらく使用しないので、ビニールの小袋に入れて傷が付かないようにして保管します。

2000gt5712

次回、第58号のパーツは、ボディです。
いよいよこのシリーズの最大かつ最高に豪華なパーツが付属します。一体化されたダイキャスト製ボディパーツなので、かなり大きめで重みのあるパッケージになることが予測されます。このところ、チマチマとした小パーツで繋いできたこともあり、次回の豪華ボディパーツも通常価格での提供となります。

前回はこちら
「週刊トヨタ2000GT」第56号 年明けの号は、58号の大物パーツ登場までの場繋ぎか

次回はこちら
「週刊トヨタ2000GT」第58号 待望の重量級ボディパーツ!

|

« 「週刊トヨタ2000GT」第56号 年明けの号は、58号の大物パーツ登場までの場繋ぎか | トップページ | イーグルモス「世界の軍艦コレクション」創刊号の大和しか売れないんじゃないかと心配・・・ »

ミニカー」カテゴリの記事

週刊トヨタ2000GT」カテゴリの記事

コメント

> 1箇所かなり目立つ塗装の不良があります。
やる事があまりなさそうなので4号溜めていますが気になったので開封してみました。
私のは大丈夫でした。綺麗に塗装されていました。
それに引き替えワイパーのプラメッキはちょっと萎えますね。

投稿: カズキ | 2013年1月16日 (水) 08時14分

カズキさん、こんばんは。

次号のボディまでは、本当にやることありませんね。
カズキさんが先にボディパーツを手にされることになりますので、是非印象をお教えください。

ワイパーはチャチですが、私には正直言って思ったよりマシでした。バネパーツに騙されたかもしれません。

投稿: YUJI | 2013年1月16日 (水) 21時25分

YUJIさん、ゴメンなさい一足お先に取りに行ってしまいました。
置き場所に困るくらいデカイです。(本屋も困っていたようです)
それに結構重たいです。
箱に読者サービス品と書いてありますが、デアゴのHPでバックナンバーが普通に買えるようです。
本誌がむき出しでいつもの外箱がなかったので読者プレゼントの応募券が無いと焦ったのですが本誌にちゃんとありました。

投稿: カズキ | 2013年1月22日 (火) 13時46分

カズキさん、いち早い情報ありがとうございます。

やっぱりデカイですか!フェラーリの時に顰蹙を買いながら電車でフレームパーツを持ち帰ったことを思い出します。今回は週末に宅配されるので、ひたすら待ちます。ドアやフードの重量感から想像すると、かなり重そうですね。

プレゼントの応募券のこと、すっかり忘れていました。そういえばデアゴもありましたね。それの処理が面倒で、直販の通販を利用するということもあります。シリーズ終了時に勝手にプレゼント送ってくれますので。

投稿: YUJI | 2013年1月22日 (火) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/56533808

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊トヨタ2000GT」第57号 ボディ外装パーツなのに樹脂製しかも塗装不良・・・:

« 「週刊トヨタ2000GT」第56号 年明けの号は、58号の大物パーツ登場までの場繋ぎか | トップページ | イーグルモス「世界の軍艦コレクション」創刊号の大和しか売れないんじゃないかと心配・・・ »