« 「週刊SL鉄道模型」しばらく工作無いので、オリジナルLED街灯をつくる | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」第49号 転車台のレール長は102mm »

2013年1月22日 (火)

スマートフォン用の怪しげなモバイルチャージャー

01

スマートフォンは何かと便利ですが、電池が持たないのが玉に瑕。特に最新のLTE回線を使用する機種は待ち受け時にも電池の消費量が多いとの事。私の使っているドコモのXperia acroHDという機種は従来のFOMA回線専用機なのでマシらしいのですが、通勤電車の中で動画を見たり、普通に弄っていると、イザ夕方電話が掛かってきた時等に電池切れで使い物にナラン!何てことがあります。

そりゃ薄っぺらい筐体に、本体のサイズいっぱいの液晶画面を備え、常に内部でパソコンのようなものが動き続けてるのだから、電池喰うのは当然でしょう。

02

しかも、私のスマートフォンは電池交換が出来ません。もちろんドコモショップに持っていけば交換してくれるのでしょうが、ユーザー側では電池の取り外しが出来ないのです。電池が無くなったら、電源を探して充電するほかありません。

また、電気屋さんや携帯電話屋さんでは、電源が無い時にスマートフォンを応急的に充電するモバイルバッテリーが売っています。一つカバンに入れておけば、もしもの電池切れの時に心強いことでしょう。でもそれが、結構な価格なので躊躇します。

03

職場に程近い大須にて、怪しいほど安いモバイルチャージャーというモバイルバッテリーを購入してきました。「じゃんぱら」という店で980円です。1000円を切れば、失敗してもそんなに痛くありません。

容量は2500mA。電圧は3.7Vとなっていますが、内部に昇圧機能があって5Vに引き上げて出力しているようです。USB端子から充電して繰り返し使用できるとの事。

04

箱から取り出すと、モバイルチャージャー本体とUSB充電器、そしてペラペラの巾着袋が出てきました。この巾着袋はバッテリーケースなのでしょうが、要りません。即ゴミ箱行き。

05 

モバイルチャージャー本体には、収納できるUSB端子とマイクロUSB端子が付いています。USB端子をUSB充電器やパソコンのUSBポートに接続して電池を充電します。マイクロUSB端子はスマートフォンに接続し、スマートフォン内部の電池を充電するということです。使い方は至って簡単です。

また、USB端子を電源に接続したままスマートフォンとモバイルチャージャー双方を同時に充電することも出来ます。

06

モバイルチャージャーの表面にはインジケーターがあります。側面にあるモード切替スイッチを押すと、現在のモバイルチャージャー内のバッテリー容量を知ることが出来ます。

07

モバイルチャージャーのマイクロUSB端子を、スマートフォンのマイクロUSBポートに接続して、モバイルチャージャー側面のモード切替スイッチを押すと充電が始まります。
スマートフォンのバッテリーが20~30%くらいの状態で充電すると、数十分でほぼ100%近くまで回復してくれます。これはお守りには十分なります。

但し、1回充電するともう1回は殆ど無理です。容量的には余裕があるはずなのに、結構ロスがあるようです。

08

付属のUSB充電器がコンパクトで優秀です。容量は1Aなので、このモバイルチャージャー以外にも、スマートフォン等USBを使用する電源に流用できそうです。

09_2

スマートフォンの電池切れに備え、このモバイルチャージャーとUSB充電器を持ち歩かなければならないので、荷物が増えます。まあ、モバイルバッテリーの有用性は理解できたので、もう少しコンパクトなタイプがあったら買ってみても良いかもしれません。

電池切れに怯えるスマホライフ、少しは気が楽になるでしょうか。

|

« 「週刊SL鉄道模型」しばらく工作無いので、オリジナルLED街灯をつくる | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」第49号 転車台のレール長は102mm »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!スマホのバッテリーには頭が痛いですね。仕事で運転中は常に充電器に繋いでいる状態です。その他の時には鞄には常にモバイルバッテリーを持って歩いています。私のは5200mAと言う容量の奴を2,500円で特売の時に買いました。

Softbankでは春先にもう少しバッテリーが長持ちする機種がでるらしいのでその時に買い換えも検討したいと思います。

投稿: 三日月 | 2013年1月22日 (火) 21時47分

三日月さん、こんばんは。

以前の携帯のように、だんだんスマホの電池も保つようになっていってほしいものですね。

5200mAと言う容量は余裕がありますね!2回フルに充電できそうです。

三日月さんからしたら大した距離では無いかも知れませんが、来月から私もちょっとした距離を自動車での通勤となるので、その間にUSBアダプターでの充電時間にしようと思っています。

投稿: YUJI | 2013年1月22日 (火) 22時20分

> 来月から私もちょっとした距離を自動車での通勤となるので
そうでしたか、私もサラリーマン時代は片道40分を20年間車で通い続けていました。
もともと車の運転は好きでそんなに苦にはならなかったです。
しかし車だと飲んだ後帰ってこれないので、ワゴンタイプの車に布団一式を積んで会社の駐車場で寝たのを思い出します。

投稿: カズキ | 2013年1月23日 (水) 06時18分

カズキさん、こんにちは。

年明けから急遽、通勤用の車の手配のために忙しく動いておりました。BMWでハイオク焚いて通うわけに行かないので・・・
週末には通勤車がやってくるので、報告します。ギリギリのタイミングでした。

>しかし車だと飲んだ後帰ってこれないので、

車での通勤は気楽ですが、それだけがネックですね。何かある時のためにシュラフ積んでおこうかな?

投稿: YUJI | 2013年1月23日 (水) 09時28分

どんな車を買われたのか楽しみです。

投稿: カズキ | 2013年1月23日 (水) 09時58分

> 週末には通勤車がやってくるので
転車台やら2000GTのボディやら重なりましたね。

投稿: カズキ | 2013年1月23日 (水) 10時03分

カズキさん、こんばんは。

典型的な実用品にて常識的な通勤車なのに勿体ぶっててすみません。納車後報告します。

週刊SLの49号、一日早く届きました。トヨタ2000GTの方はカズキさんからご報告頂きましたが、転車台の主桁のレポートは私が先に報告させていただきます。

投稿: YUJI | 2013年1月23日 (水) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/56105531

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォン用の怪しげなモバイルチャージャー:

« 「週刊SL鉄道模型」しばらく工作無いので、オリジナルLED街灯をつくる | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」第49号 転車台のレール長は102mm »