« 「週刊SL鉄道模型」第49号 転車台のレール長は102mm | トップページ | 一畑山薬師寺へ紫プリウス通勤号のお祓いに(温泉付き!) »

2013年1月26日 (土)

通勤車の紫プリウスやってきた!

来月2月1日から、高速道路も使ったちょっとした距離を自動車にて毎日通勤することになりました。年始に急に決まってしまったことなので、年明け第1週目の週末から急いで車の手配に奔走していました。

まさかBMWで毎日ハイオク焚いて通うわけに行きませんし、そんなことをしていたら妻にも怒られそうです。通勤専用の車を誂えるほかありません。とにかく燃費の良い車!というと、現時点ではハイブリッド車が自然な選択となります。

トヨタのコンパクトハイブリッド「アクア」が欲しい!と思ったのですが、アクア大人気で、最低でも納車待ち3ヶ月だとか。じゃあ、ちょっと大き目のプリウスはというと、これまた新車の即納車なんて到底ありませんでした。つまり間に合わない!

結局、私や妻の双方の実家で長年お世話になっている愛知トヨタさんに、状態の良い中古のプリウスを探してもらうことにしました。街中にうじゃうじゃ走っているだけに、流石にプリウス中古車の弾数も多い。すぐに何台か見つかって、隣町から運んできてもらったのが2011年式のこのプリウスです。一応、現行型のマイナーチェンジ前の型なので、しばらくはそんなに古く見えないでしょう。車検は1年ちょっと残っていて、車両価格に諸費用加えて200万少々。アクアの新車の中くらいのグレードに安めの純正ナビを付けた位の価格に収まりました。上を見ればキリが無いので、通勤車と割り切って無理をするわけにはいきません。

2012012601

プリウスS LEDエディション。9000km程度しか走っていない車でした。
出来れば未使用登録車などがあればよかったのですが、そんなものはプリウスのような人気車では市場に出回る前に売れてしまうそうです。新車を買って、2年も乗らずに9000km足らずで売ってしまわれた車ってどんな使い方されたのか、結構同じ車を長く乗ってばかりいる私には想像がつかないのですが、色んな道を歩む車があるということです。これから毎日高速でこき使われることになるとは、前オーナーのところにいるときには考えもしていなかったことと思います。

2012012602

ボディカラーは「ダークバイオレットマイカメタリック」。舌を噛みそうなカラーネームです。濃紺のような、紫っぽいような感じで、日が落ちると殆ど黒と見分けがつきません。値引き代わりにグラスコーティングを施工してもらったので、今のところピカピカですが、汚れが目立つ色かと思います。
トヨタの標準色の一つですが、プリウスでは今のところあんまり走っていません。たとえ下取りが安くなる不人気色でも、リセールバリューを期待するような乗り方をするわけではないので気にしません。余程のことが無ければ、私に乗り潰される運命です。

2012012603

愛知トヨタさんの担当の見立てでは、リヤバンパーに小さな線傷があるとのことですが、私には見えません・・・。ボディの板金とか再塗装とかされてなければ問題ないです。中古車って、お金掛けて仕上げて並べちゃえば、私のような素人には全部極上車に見えてしまいます。この車、仕上げのプロセスであんまり大したことやっていないってことで、結構丁寧に使われていた様子です。

でも気になったのは、バンパーの角の部分です。擦り傷があるわけではありません。何とも不愉快なものが付けられているのです。

2012012604

バンパーの角に埋め込まれた収納式のヘタクソ棒!
コーナーポールともいう、車の角の目安となる棒です。運転席にあるボタンを押すと、アンテナのようにこの棒が伸びます。ご丁寧に、先っぽが光ります。

まあ、日頃は収納しておけば目立つものではありません。プリウスは前方の見切りが悪いので、役に立つときがあるかもしれません。こんなものがイヤだ!って拘っていたら、中古車なんていつまで経っても決まらないので、ヘタクソ棒を受け入れました。

2012012605

ヘッドライトをLEDにした限定の特別仕様とのことで、ハンドルも本皮巻きとなっています。運転していて少し感触が良くなりそうです。

2012012606

ディーラーオプションの安いナビが付けられています。ワンセグテレビも映り、純正品なのに何故か走行中にも画面が出ます。DVDも再生できますが、なるべく使わないようにします。

Bluetoothでスマートフォンと接続できます。でも、このナビの説明書が付いていなかったので、具体的な使い方が判りません。とりあえずスマホを認識しただけで今日は完了しました。ネットでマニュアルを探したいものです。

2012012607

バックモニターが付けられています。
こんなのに頼るほどバック駐車は苦手ではありませんが、障害物察知には役立つでしょう。バックモニターを見ていると、どうしても斜め駐車になってしまうのです。

2012012608

しかしプリウス、バックの際に目視確認しようにも、後方視界が非常に狭いのです。筒の中を覗いているような感じです。しかもリヤガラスは横に桟が入っていて2分割されています。バックモニターはほぼ必須の装備なのでしょう。

2012012609

リヤシートは分割可倒シートになっており、前方に倒すとフラットで広大な空間が現れます。トノカバーを外せば車中泊も出来そうな感じです。仕事が遅くなったり、飲んだりするときにはシュラフを拡げてここで寝ようかな?等と下らないことを妄想します。

2012012610

メーター類はセンター部分に置かれています。スピードメーターがデジタルなので、慣れる必要があります。

BMW運転直後に乗り換えたら、アチコチが軽くてヘナヘナで安っぽく、走り出すと足周りがドシンバタンととっちらかって剛性が低いことに驚きますが、そんなことが気になるのは最初の10分ばかりのこと。後はハイブリッドだろうが何だろうが、前を向いているだけで走ってしまうかのようなトヨタ車の安楽な世界が拡がります。結構パワーがあるし、これなら長距離の通勤でも平気そうな予感です。

明日は早速、お祓いに行きたいものです。中古車だとお祓いしない方も多いですが、私は中古車こそ入念にお祓いしたいと思う次第です。

今夜は18時より、名古屋の電気文化会館「コンサートホール」にて、妻も出演するコンセール・アミさん主催のピアノコンサートがあります。帰りの荷物があるのでこれから車で出かけますが、会場の指定駐車場の登録はBMWになっているので、来たばかりのプリウスは留守番です。本格的に運転するのは明日以降になりました。

|

« 「週刊SL鉄道模型」第49号 転車台のレール長は102mm | トップページ | 一畑山薬師寺へ紫プリウス通勤号のお祓いに(温泉付き!) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

プリウス購入おめでとうございます。結構珍しい色を買われた見たいですが、私はカッコいい色だなぁ~と思いました。プリウスは一度現行型を借りて東京~城崎の約2000キロを走った事が有りますが、2回しか給油しなかったのに驚いた覚えがあります。
その割にパワーモードで走ると少し恐い位に加速するので注意が必要かもしれません。

投稿: 三日月 | 2013年1月26日 (土) 16時21分

やはりプリウスでしたか。何となくそんな気がしていました。
> 納車待ち3ヶ月だとか
ウチもプリウスαにしたかったのですが8ヶ月待ちととんでもない納期にインサイトにしました。

> ダークバイオレットマイカメタリック
いい色ですね。前に紺のストリームに載っていたので好きな色です。
今はカミさんのお下がりの赤のフィットに乗っています。
N-Oneみたいに自分で屋根を黒く塗ってツートンにしたいと言ったらカミさんに却下されました。

投稿: カズキ | 2013年1月26日 (土) 18時56分

YUJIさん こんばんは
>自動車にて毎日通勤することになりました
2月からの高速も走行の通勤、安全運転を心がけて下さい。
私も以前の会社では、残業が多くなってからは車通勤でしたが、カーステを聞きながらの運転、電車通勤では味わえない気分でした。自分のお気に入りのカセットテープを録音して作っていたあの当時のテープやCD未だにCDラックにいっぱいあります。

投稿: マーボウ | 2013年1月26日 (土) 23時11分

>三日月さん、こんばんは。

今回はとにかくすぐに車を用意してもらうために、色やグレードは問わず、とにかく状態いのち、板金塗装修理、塗装修復跡無し、走行距離10000km未満、装備はETCは欲しいってことで、他の人があまり選ばないような車が回ってきたのかと思います。新車買うんじゃないのに、皆さんまず色、装備を気にされるとのこと。プリウスは黒やパール白は人気が高いそうです。

2000キロで給油2回だけっていうのは信じられない程ですね!通勤手当の高速代は実費ですが、燃料費は距離で計算するので、浮いた分はメンテ費用の足しになるかもしれません。


>カズキさん、こんばんは。

プリウスα、こちらでもどんどん増えていますが大人気も続いていて納車待ちが長いようですね。プリウスより更に大きいので、車内でキャンプが出来そうです。

濃い色の車に乗るのは初めてです。汚れが目立つんじゃないかってこれまで選択していませんでした。今回のような機会が無いと、なかなか買わなかったと思います。


>マーボウさん、こんばんは。

自動車通勤は、その昔の営業担当時代に、営業車でしょっちゅう直行直帰していた頃以来です。マイカー通勤なんて継続して行っていた経験はありません。

ヘッドホンじゃなくてスピーカーからの音楽を聴いての通勤、楽しみです。
Bluetoothで外部機器に接続できることがわかったので、アレコレ試したいものです。書店の立ち寄り等もちょっと楽になったかもしれません。書店開いてる時間に帰れれば、ですが・・・。

投稿: YUJI | 2013年1月26日 (土) 23時54分

>何となくそんな気がしていました
私の勝手な予測もプリウスでした。 駐車場に沢山並ぶプリウスたちの中で、ナンバー確認しなくてすむいい色ですね。 日常的に楽ですね。

投稿: honest | 2013年1月27日 (日) 13時42分

honestさん、こんばんは。

実用的な通勤車ということで、予測されてしまいましたね。
今日、ちょっと走ったら、10秒おきごとに出会うプリウス仲間。駐車場ば隣合うこと多し。これから慣れるようにします。

投稿: YUJI | 2013年1月27日 (日) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/56630581

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤車の紫プリウスやってきた!:

« 「週刊SL鉄道模型」第49号 転車台のレール長は102mm | トップページ | 一畑山薬師寺へ紫プリウス通勤号のお祓いに(温泉付き!) »