« 「週刊SL鉄道模型」まだ転車台電動化成功への道程半ばです | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」第57号 機関庫に欠かせない給水塔 »

2013年3月20日 (水)

「週刊SL鉄道模型」転車台の主桁の固定作業はひと段落?

Sltt0214

講談社のNゲージジオラマ製作マガジン「週刊SL鉄道模型」の製作の話題です。
転車台の電動化を進めています。かなり前から手がけており、別にノンビリしているつもりは無いのですが、とにかく今年になってから忙しくて工作する時間の確保に苦労しております。

前回、主桁とサーボモーターの接続に失敗し、ジョイント部分をバキバキと壊してしまいました。サーボモーターのトルクの強さもさることながら、転車台の中心部に掛かる力の大きさに驚いています。今回はもっと頑丈な方法を取りたいものです。プラパイプとプラ棒では心許ありません。

Sltt0215

前回、主桁とサーボの接続は転車台をベースに固定してから行った方が良いことを学習しました。先に転車台の裏側にサーボを固定してしまうと、後でサーボを動かないように木製ベースの裏側に固定する際に、微妙に角度がずれてしまうからです。

転車台の固定の前に、転車台ブロックを2箇所外せるように加工します。カズキさんのご解説に倣って、木製ベースの裏側からドライバーの先が入るように穴をあけます。

Sltt0216

この穴の裏側からドライバーを差し込むことにより、主桁を外すために必要な二つのブロックが転車台の固定後に行える事になります。カズキさん、素晴らしいアイデア、ありがとうございます。

Sltt0217

転車台を両面テープでベースに固定した後、他の全てのレールを10mmの小釘で固定します。
シリーズに付属してきた釘打ち器具が活躍します。これ結構便利です。余計なものを付属してきた!等と考えていましたが、レール固定の釘を差し込むのが非常にラクチンです。

Sltt0218

さて、サーボモーターと主桁の接続に戻ります。
前回は、脆弱なプラスチックで作ったジョイントパーツを介したのが敗因でした。今回は、サーボモーターを主桁を直接接続します。主桁の中心部分のビス穴をあけてから、サーボモーターの回転軸を1mm細くするためにやすりで削ります。直径を5mmにして、スッポリ主桁の中心部の丸い部分に差し込むためです。

Sltt0219

瞬間接着剤をサーボモーターの回転軸の先の方に少量塗り、木製ベースの裏側から差し込んで押し付けます。木製ベースのサーボモーターの筐体の隙間にはボール紙を重ねたスペーサーを挟み込んで、両面テープで固定します。

Sltt0220

主桁の表側から直径2mmのビスを使用して、サーボモーターの回転軸にねじ込みます。
接着剤を塗っただけでは、多分大きな力が加わったときに空回りするので、主桁の表面から斜めに穴をあけて楔を差し込むことにします。

ピンバイスに取り付けた1mmドリルに深さの目印となるテープを貼って、斜めに穴をあけていきます。サーボモーターの回転軸にまで穴が通っていくと、削り屑が黒くなってくるのでわかります。

Sltt0221

直径1mmの真鍮線を使用して、中心部の左右から2箇所、サーボモーターの回転軸に楔を入れます。これで接着剤を使用するだけよりは、頑丈に固定できると思います。また、力が加わると壊れるジョイントもありません。

Sltt0222

マイコンボードをPCに接続して、転車台の停止角度を調整します。
角度調整後、30分くらいぐるんぐるんと動かし続けましたが、今のところ問題ありません。結構回転抵抗があり、ブロックの境目でガクガク段差があるのが気になります。まだサーボモーターと主桁との接続部分には一抹の不安がありますが。また壊れたらその時考えることにして、先に進みたいと思います。

前回はこちら
「週刊SL鉄道模型」まだ転車台電動化成功への道程半ばです

次回はこちら
「週刊SL鉄道模型」第57号 機関庫に欠かせない給水塔

|

« 「週刊SL鉄道模型」まだ転車台電動化成功への道程半ばです | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」第57号 機関庫に欠かせない給水塔 »

週刊SL鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

無事設置されたようで一安心しました。
サーボ軸と主桁を直接結合されたという事ですがそれが一番理想的だと思います。距離が近いほど軸のねじれによる誤差がなくなり精度があがると思います。
サーボは両面テープだけで固定されているという事ですのでそれほどサーボに力はかかっていないと思います。
従って取り付け精度はかなりいいと思います。

取り付け精度の目安として回転方向による停止位置の差があります。(プログラムの補正値で補正)
理想は全く同じ(補正値=0)ですがどうしてもサーボの固定精度により回転方向で停止位置が違ってきます。
私の場合は10(1度)位の補正値が必要でした。
大きいようでしたらサーボの取り付けをより強固(スペンサーを木材にしたり金具で固定など)されればよいと思います。

投稿: カズキ | 2013年3月21日 (木) 00時16分

カズキさん。ご指導ありがとうございました。
とりあえず、サーボと主桁のクリアランスを最小にして、目処が付きました。

サーボは今後、木製ベースに金具でちゃんと固定して仕上げようと思っています。かなり力が加わるので、両面テープだとずれること間違いないですね。

投稿: YUJI | 2013年3月21日 (木) 06時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/56976862

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊SL鉄道模型」転車台の主桁の固定作業はひと段落?:

« 「週刊SL鉄道模型」まだ転車台電動化成功への道程半ばです | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」第57号 機関庫に欠かせない給水塔 »