« 「週刊ロビ」9号 カニ爪のようなロビの前腕部 | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」点発珍GTで踏切の赤色灯点滅回路の作成 »

2013年4月27日 (土)

「週刊SL鉄道模型」第62号 柵と塀は土台が大きくて違和感あり

Sl6201

講談社のNゲージジオラマ製作マガジン「週刊SL鉄道模型」の第62号です。

4月の20日過ぎより仕事が立て込んでおり、帰宅後に趣味に割ける時間が無い状態が続いていました。この62号も書店発売日の24日にブックサービスより届いていましたが、開封さえ出来ずに週末になってしまいました。

大型連休前半の3連休は仕事を休みますが、後半の4連休は出勤の必要があり、連休中に遅れを解消することが出来なくなってしまいました。このままだと作業がかなり滞ってしまいそうです。開き直って、存分に遅れてやろうと思います。

今日も野暮用が多くて結局パーツ確認は夜になってしまいました。とりあえず遅れていたレポートを書きます。

Sl6202

今回の付属パーツは、「情景小物セット1」です。
いつものパーツ箱に入っています。

Sl6203

軽いですが、箱の中身が詰まっているような感触です。
小袋に入れられたパーツが出てきました。

Sl6204

塀と柵、そして土台が別々に梱包されています。

Sl6205

パーツを確認します。
柵のパーツが16本、その土台が64個、塀のパーツが8個と塀の土台が8個です。柵2本と土台8個、塀3個と土台3個は予備パーツとなっています。

Sl6206

今回の作業は、付属品の柵と塀の配置です。
ジオラマベースに早速設置の指示があります。ただ、地面の仕上げなどが未定の私はまだ作業を実施しません。それに柵や塀の土台をそのまま使用すると野暮ったくなりそうな気がします。工作を簡単にするために、リアルな情景を犠牲にしてしまっています。

Sl6207

とりあえず、パーツをランナーから切り離します。うっかり予備パーツも切り離してしまいましたが、 小さなジップ付きのビニール袋にでも入れて保管しておけば良いでしょう。

Sl6208

今回の付属パーツは、市販品のジオコレの情景小物「柵」と「塀」のパーツと同じものかと思われます。私の手元には柵のセットしかありませんでしたが、多分塀も同じでしょう。分量的にはジオコレの柵のセット丸ごとに、塀のセットを半分加えたような感じです。

Sl6209

柵には、下部に一辺約9mm程度の正方形のブロック状の土台を取り付けて自立できます。塀も土台に差し込んで立てます。
ジオラマに設置するのに加え、お座敷レイアウトにも気軽に置いて楽しむことが出来るようになっていますが、どちらも土台の大きさ、厚みが目立ちます。

Sl6210

柵と塀の設置箇所は、冊子の製作マニュアルに解説があります。
柵のパーツは、そのまま使用すると土台のブロックが4つ必要ですが、設置場所によっては3つや2つの長さに切断して調整する必要があります。

Sl6211

とりあえず柵を仮置きしてみました。
予想通り、正方形の土台が大きすぎて違和感があります。柵の足元にこんなに大きなコンクリートブロックがあるわけはありません。

Sl6212

しかも植毛シートの上から接着するという指示なので、土台が浮いてしまいそうです。製作マニュアルには、接着の際に1分ほど手で押さえて圧着すると書かれていますが、そんなことでうまく植毛シートの中に埋まるとは思えません。後の作業にて、土台の周囲にフォーリッジを植え込んでいくことになります。

Sl6213

塀の方は更に違和感があります。このままでは「置いた」感が半端ありません。
創刊号記載の試作品では、一部の塀には土台を使用せずに設置してあります。

Sl6214

柵については、土台を差し込む箇所に合わせて地面のスチレンボード部分に穴をあけて立てる必要があるでしょう。塀についても、地面に筋を付けて立てようと思います。どちらも線路際の部分では、車両を試運転しながら接触しないように位置決めをしたいものです。

Sl6215

次号、第62号の付属パーツは、「情景小物セット2」です。
予告写真を見ると、電柱と街灯の詰め合わせでした。市販品のジオコレの内、このジオラマに必要なものだけ抜粋してあるようです。街灯は、LEDを仕込んだ点灯タイプを既に作成しているので、次号付属のものは使用しません。電柱にも今回の柵や塀のような土台パーツが付属しているのかもしれません。当然そんなものは使用せず、地面に穴をあけて立てる予定です。

まだしばらく仕事が忙しいので、仕上げの部分の作業が溜まってしまいそうです。

前回はこちら
「週刊SL鉄道模型」第61号 改造派には予備自転車が嬉しい

次回はこちら
「週刊SL鉄道模型」点発珍GTで踏切の赤色灯点滅回路の作成

|

« 「週刊ロビ」9号 カニ爪のようなロビの前腕部 | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」点発珍GTで踏切の赤色灯点滅回路の作成 »

週刊SL鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

土台はやはり、おっしゃっているように、デカイですよね。あまりに不自然でしょうがないので無しで設置をしてみましたが、足の所に穴を開け設置をしただけだと少し他の所が浮くので手間ですが毛足をカッターで削り設置しました。

投稿: タッ君パパ | 2013年4月27日 (土) 22時31分

タッ君パパさん、こんばんは。

土台を省いても足元浮いてしまいますか・・・。設置情報ありがとうございます。簡単工作のための植毛シート、我々にはちょっと邪魔になってしまいましたね。毛足の処理、参考にさせていただきます。

投稿: YUJI | 2013年4月28日 (日) 00時06分

まだ遮断機や小物は設置していませんがストラクチャーを置いて電動化の配線をまとめてみました。(URL)
今回はスイッチ操作で動画を撮りましたがしばらくいじっていなかったので結構操作を間違えました。(編集でごまかしています)

投稿: カズキ | 2013年4月28日 (日) 17時37分

カズキさん、こんばんは。

TCSセンサーをうまく隠しましたね。ネオンサインと相まって、楽しい列車の動きを楽しませていただきました。

今日は先程からようやく踏切の点滅回路を作り出しました。いつもの点発珍GTで、開かずの踏切を作ります。

投稿: YUJI | 2013年4月28日 (日) 21時34分

YUJIさん カズキさん こんばんは
>ネオンサインと相まって、楽しい列車の動きを楽しませていただきました。
久しぶりの、スワン会館のネオン楽しませていただきました。
私は、やっとストラクチャーを固定したところで、配線までまだまだです。
実は、私も点発珍を買いに日本橋に行ってました。レイアウトの奥のポイントが見にくいので、ポイントの状態を表示盤で見えるようにしようと部品を買いに行ってました。コントローラと一体型にする構想です。

投稿: マーボウ | 2013年4月28日 (日) 22時30分

マーボウさん、こんばんは。

点発珍、電子回路作りが苦手な私には強い味方です。何かと世話になっています。本日、開かずの踏切を設置しました。ササヤカなネオンと共に、夜景の途中経過を楽しんでいます。

ポイントの表示盤、便利そうですね!

投稿: YUJI | 2013年4月29日 (月) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/57258969

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊SL鉄道模型」第62号 柵と塀は土台が大きくて違和感あり:

« 「週刊ロビ」9号 カニ爪のようなロビの前腕部 | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」点発珍GTで踏切の赤色灯点滅回路の作成 »