« 「週刊SL鉄道模型」高すぎる踏切標識の台座を何とかしたい! | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」第64号 希少性?のあるトラック »

2013年5月13日 (月)

「週刊SL鉄道模型」63号の電柱に傘付き街灯を取り付ける

講談社のNゲージジオラマ製作マガジン「週刊SL鉄道模型」の製作の話題です。

63号に街灯を電柱が付属してきました。どちらも道路に立てるとゴチャゴチャ感が増して、ジオラマのリアル感が増します。使用する6本の街灯は、付属品の形状を模したLED付きのものを自作しているので、それに交換する予定です。

Sl01

電柱は大・中・小の3種類が付属しています。その内の大と中の電柱7本に、傘付きの電球の街灯を取り付けようと思います。やたらと街灯だらけの街になってしまいますが、ジオラマは賑やかにしたいものです。

Sl02

街灯のLEDには、1608タイプの極小チップLEDを使用します。
また、プラ板で電球の傘を作成します。傘付き電球の街灯は、電柱によく取り付けられていたものです。現在は蛍光灯になってしまいました。

Sl03

プラ板の傘にケーブルを通す穴をあけて、LEDを取り付けます。

Sl04

電柱の上半分は、オリジナルのパーツをそのまま使用します。下半分には、直径2mmのアルミパイプを切断して交換することにします。絶縁体である塩ビパイプを使用したほうが使い勝手が良いのですが、手元に2mmのものがありませんでした。

Sl06 

電柱の下部をデザインナイフで切断します。
下半分をアルミパイプにして、パイプの内部にLEDのケーブルを引き通すという計画です。

Sl07

傘を取り付けたLEDのケーブルをアルミパイプに通し、電柱の上部と下部をゼリー状瞬間接着剤で接着します。

Sl08

LEDの光が傘の上部に漏れないように、マットブラックで塗装します。
遮光塗装の際には、LEDを発光させながら確認して行うようにします。塗り漏れをしないためです。

Sl09

傘の部分をシルバーに、電柱の支柱をウッドブラウンに塗装して仕上げます。
またLEDの発光面は、クリアイエローに塗装します。白色LEDのままだと電球の雰囲気にならないからです。
塗料が乾燥したら、電柱パーツの完成です。

Sl10

大サイズ2本、中サイズ5本の電柱を、LEDの街灯付きに改造しました。
サッサと作ったような記事になっていますが、実はLEDの半田付けから始めると数日掛かりの作業となっています。

Sl11

点灯実験です。
暖色系の灯りは、他の街灯の白い光とのコントラストが楽しめそうです。

前回はこちら
「週刊SL鉄道模型」高すぎる踏切標識の台座を何とかしたい!

次回はこちら
「週刊SL鉄道模型」第64号 希少性?のあるトラック

|

« 「週刊SL鉄道模型」高すぎる踏切標識の台座を何とかしたい! | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」第64号 希少性?のあるトラック »

週刊SL鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

yujiさん こんばんは

 特製クリアケース最後の募集案内がでましたね。
 前回まで買いそびれていたので早速オーダーいれるつもりです。

 ところでyujiさんはすでにセットしてるのですか?
 本体とセットするのはむずかしくありませんか?
 心配なのは本体とのズレだとか微妙に誤差があったりするとつかないのかなって不安です。
  なにせいい値段しますし失敗したら元も子もないなって思ったりしてます。
  どうかアドバイス願います。

投稿: ひさちゃん | 2013年5月15日 (水) 20時46分

今晩は。そして、お疲れ様ですYUJIさん。今更ですが、LEDチップに、配線を半田付けした後に、ポリパイプに、配線を入れた後に、テストをすると、配線同士が、接触しまして、光ったり、光らなかったりとで、配線を、何かでコーティングを、施した方が良いとはおもうのですが、YUJIさんは、剥き出しの配線にどのような工夫を、されてますか。教えていただけると、幸いです。ちなみに、ポリパイプは、かめやの、釣具屋さんで、三本入りで、84円で、購入したものを、使っております。格安で、お財布に、優しい、価格です。かなり細いので、重宝しております。

投稿: いっしっー | 2013年5月16日 (木) 22時52分

>ひさちゃんさん、こんばんは。多忙にかまけてレスが遅くなって申し訳ありません。

本体とアクリルケースの台座とのセットについてもご心配、お察しいたします。
しかし、実物を見る限りではご心配に及ばないと思います。台座に木製ベースを置くだけで、特に固定するわけではありません。底面に穴が空いているので、そこから配線を通すことになります。

ケースに入れると、ジオラマの格が上がったような気分になります。


>いっしっーさん、こんばんは。

84円のポリパイプ、魅力的ですね!模型以外の素材を活用するアイデア、参考にさせていただきます。

私は、配線にコーティングを後で施すことはしておりません。使用しているポリウレタン線の被膜を必要以上に剥がさないだけです。ポリウレタン線は熱で被膜が剥がれるので、半田ごてを使用して必要な部分だけ半田でコーティングして通電させています。慣れればショートは殆ど防げます。

投稿: YUJI | 2013年5月16日 (木) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/57369902

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊SL鉄道模型」63号の電柱に傘付き街灯を取り付ける:

« 「週刊SL鉄道模型」高すぎる踏切標識の台座を何とかしたい! | トップページ | 「週刊SL鉄道模型」第64号 希少性?のあるトラック »