« 「週刊SL鉄道模型」64号のトラックのライトは明るく改良! | トップページ | 「週刊ロビ」14号 読者プレゼントのロビ時計は早々に届きました! »

2013年5月30日 (木)

「週刊SL鉄道模型」第66号 オリジナル車体色のカーコレ!

Sl6601

講談社のNゲージジオラマ製作マガジン「週刊SL鉄道模型」の第66号です。

長らく続いてきたこのシリーズ、今号を入れて残り5号となってしまいました。いよいよクライマックスの様相を呈してきました。意外な形での拡張ジオラマの紹介があって驚かれされましたけれど、基本部分は平穏にフィナーレを迎えるようです。

今回もジオラマに設置するアクセサリーの配布です。見慣れたものですが、カラーリングがこのシリーズオリジナルとなっている貴重なものとなっています。

Sl6602

今回の付属パーツは、「自動車」です。
パッケージに比して、小さな小箱に入っています。

Sl6603

パーツを確認します。
一目見てTOMYTECのカーコレクションからの流用であることが判ります。昭和30年代という設定にあわせた、カーコレ第11弾のミニカーが4台入っています。

Sl6604

ミゼットMP、スバル360、トヨペットクラウン(初代)のタクシー、トヨペットマスターラインのバンの4台です。
カーコレ第11弾は魅力的なモデルが揃っているので、私も複数購入しています。しかし今回の付属品は、全てボディカラーがオリジナル色となっています。わかる人にしかわからないことではありますが、何となく嬉しいものです。

Sl6605

軽自動車の2台です。
今の軽と比べると、ずっと小さな車です。ライトの点灯改造をしたことがありますが、かなりの苦労を強いられることになります。

Sl6606

テールランプ部分はどちらもシャシー側ではなく、ボディ側にあります。何分ボディが小さいので、光ファイバーの取り回しに苦労しそうです。

ミゼットの荷台には、荷物のドラム缶が付属しています。取り付けるかどうかは自由です。

Sl6607

トヨペットクラウンのタクシーとマスターラインのバンです。
クラウンのタクシーのサイドには「富井タクシー」と書かれています。「里山交通」ならよかったのですが・・・。
でも、ボディカラーがオリジナルのクラウンは貴重品です。ナンバー部分が黄色いのが気になります。軽自動車じゃあるまいし・・・。

Sl6608

クラウンのテールランプの形状が独特なので、光ファイバーの取り付け時に苦労します。ランプの形状に合わせて点灯させることは難しいので、ここは妥協して丸く光らせることにします。ルーフの行燈照明がポイントになりそうです。

Sl6609

今回の作業は、付属の自動車の配置です。
基本的には自動車は接着せずに置くだけという指示になっています。好きな場所に移動して楽しむことが出来るでしょう。

今回、樹木も設置する指示がなされています。フォーリッジを貼り付けて久しい樹木がようやく片付くわけです。私は地面の仕上げが終わってから設置する予定です。まだまだ実施できません。

Sl6610

前回、その強引さにビックリした拡張ジオラマ発売の案内について、今回も情報が書かれています。シリーズで付属してきた貨車4両がついでに配布されるとのことですが、このミニジオラマにて長大編成の貨物列車を走らせるという意味があるのかは判りません。

下部の夜景ジオラマの写真は非常に魅力的です。ついでに週刊SLジオラマの基本部分のビル3棟の照明も賄えるようです。寅さんの街にディーゼルカーやSLが似合うかどうかは判りませんが、組み立てればそれなりの光景になりそうではあります。

何れにせよ、専用クリアケースに収まらない今回の拡張ジオラマは、私には購入対象になりませんが、次号からの紹介記事については非常に楽しみです。こうなったら、今回の拡張ジオラマについての魅力を存分に語っていただきたいものです。

Sl6611

次号、第67号の付属パーツは、「情景小物3・アジャスター」です。
アジャスターとは、ジオラマのすわりをよくするためのものでしょう。私のジオラマは、中央部に比べて四隅が上に上がっています。他の方もそうなのでしょうか。このアジャスターで調整して安定させるのでしょう。これまでの講談社のジオラマ製作シリーズ3作全てで土台が反り返ってしまっていますが、今回のようなアジャスターが配布されるのは初めてです。

その他の情景小物は、ジオコレのパーツの寄せ集めです。公園のパーツと田んぼのパーツです。公園の銅像なんて何処に設置するのでしょうか。楽しみにしたいと思います。

前回はこちら
「週刊SL鉄道模型」64号のトラックのライトは明るく改良!

次回はこちら
「週刊SL鉄道模型」第67号 アジャスターは必要に応じて

|

« 「週刊SL鉄道模型」64号のトラックのライトは明るく改良! | トップページ | 「週刊ロビ」14号 読者プレゼントのロビ時計は早々に届きました! »

週刊SL鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!タクシーと聞いて飛んで来ました(笑)
私が今の仕事についたのは20年前ですがその頃まだ初代の310ブルーバードの個人タクシーが走っていて(総走行距離127万キロ!)確かナンバーは昔のままで黄色だったと思います。どうやら昔のタクシーは黄色だった見たいですよ。

投稿: 三日月 | 2013年5月30日 (木) 22時19分

今晩、YUJIさん。さっそくクラウンの、テールランプと、ライトを、改良いたしました。テールランプは、とっても小さいので、おゆまるくんの、オレンジ色が、ダイソーで購入しました。模型店は、色が、二種類のみなのでダイソーで購入です。型どりを、した時点で、かなり、小さい為に、床に、落とすと、どこに落ちたか、わからなく成るので、予備を、3個ストックです。LEDチップ1608を、オレンジのクリアーで塗っておいて、テールランプに、取り付け電飾チェックで、かなり、明るく、いい感じに、なったのですが、時間が、かかってしまい、結局テールランプの、改良で、終了です。のんびり時間を、掛けて作業するしかないかと思います。

投稿: いっしっー | 2013年5月31日 (金) 22時42分

>三日月さん、こんにちは。

昔のタクシーのナンバープレートのことお教えいただき、ありがとうございます!私の無知ゆえに、変なこと書いててしまいました。事業ナンバーは緑色とばかり思っていました。

走行距離127万キロ!のブルーバードタクシー、もし残っていたら博物館行きになりそうですね。


>いっしっーさん、こんにちは。

タクシーの電飾、お疲れ様です。とても手を掛けておられる様子ですね。ダイソーのLEDグッズの有効利用は楽しいですね。

私はタクシーについてはトラックの様にふんだんにLEDを使用せずに光ファイバーで施工する予定です。まだ手掛けられませんが・・・。

投稿: YUJI | 2013年6月 1日 (土) 07時47分

今晩は、YUJIさん。今日は、内径3ミリのアルミパ イプを購入しました。それに、光ファイバーと、LEDの、3ミリを入れてみましたところ、ものすごく、効率よく光ファイバーが明るく街灯に、負けないぐらいに光ったので。これを、全ての、車に対して、改良していっております。どうやら、無理を、し過ぎたみたいで、風邪を、引いてしまって、しばらくお休みてす。少しの間、作業は、お休みてす。残念です。風邪を、治り次第再開したいと、思います

投稿: いっしっー | 2013年6月 3日 (月) 22時17分

いっしっーさん、こんばんは。

お大事になさってください。
全ての車に細かい加工をされる情熱に敬服です。

私は時間が無いので、サッと仕上げてしまいそうです。なかなかその時間も無いのが残念ですが。

投稿: YUJI | 2013年6月 4日 (火) 22時07分

今晩は、YUJIさん。お疲れ様です。なんとか、風邪も、良くなってまいりました。そろそろ、鉄道模型制作を、再開できそうです。遅れた分を、取り戻すつもりと、言いたい所ですが、ゆっくり、取り組んでいきたいと、思います。話しは、変わりますが、最近、鉄道模型を、眺めていると、なわと、中央に、下がり気味に、なっていました。もお、どおする事も、出来ないので、これはこれで、味がでたなぁーと、納得するしかないですね。後、3号に、なっていました。暑さに、めげず、頑張りましょう。

投稿: いっしっー | 2013年6月 8日 (土) 21時50分

いっしっーさん、こんばんは。

体調戻られて何よりです。最後の仕上げの段階になりましたね。
私は涼しくなってからの完成となりそうです。まだまだ楽しみます。

投稿: YUJI | 2013年6月 8日 (土) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/57488653

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊SL鉄道模型」第66号 オリジナル車体色のカーコレ!:

« 「週刊SL鉄道模型」64号のトラックのライトは明るく改良! | トップページ | 「週刊ロビ」14号 読者プレゼントのロビ時計は早々に届きました! »