« エフトイズ艦船キットコレクションの掌サイズ戦艦武蔵 | トップページ | 「週刊ロビ」20号 左腕組み立ては12号の右腕作業そのまま繰り返し »

2013年7月13日 (土)

「週刊SL鉄道模型」消防車の赤色灯は点滅させて回転をイメージ

Sl01

講談社のNゲージジオラマ製作マガジン「週刊SL鉄道模型」の製作の話題です。

前回、68号に付属してきた消防車のヘッドライトにLEDを仕込み、ルーフの赤色灯には赤色LEDで光るようにしました。この赤色灯は回転灯ですが、Nゲージサイズで回転を表現しようとするとライト自体が大きくなって不恰好になります。

講談社のNゲージジオラママガジンの前々作「昭和の鉄道模型をつくる」にパトカーを設置したときに、3個のLEDを順次点灯させる方式で回転を表現しました。しかし車両に比してライトが大きすぎて不自然でした。

回転させなくてもライトを点滅させれば、それなりに緊急車両の雰囲気が出るものです。今回の消防車の赤色灯も点滅させることにします。

LEDの点滅回路として、踏切のライト交互点灯の際に使用した「点発珍GT」を使用します。道具箱に予備品があったので有効活用します。このキットは二つのLEDを交互点灯させるものなので、今回のように一つのLEDを点滅させるには、一つLEDを無駄に点滅させなければなりません。一つのLEDを点滅させるキットは他にありますが、ワザワザ買いに行くのも面倒なので、手持ちのパーツを使うことにします。

点発珍GTの点滅間隔は約1秒。赤色灯の点滅には少し緩慢です。点滅間隔は、回路内のコンデンサを交換することによって変える事が出来ます。

Sl02

パーツ数が少ないので、15分程で組み上げることが出来ます。
この回路で使用する電圧は9V。LEDの点灯に使用している12V電源から降圧するために、3端子レギュレータを回路に付加しておきます。

点滅間隔を短くするために、回路内の10μFの二つのコンデンサを、4.7μFの容量のものに交換しています。

Sl03

点灯実験です。
消防車の赤色灯の他に、もう一つ余分なLEDを接続しておかないと、LEDが点滅してくれません。コンデンサ容量が半分以下になったので、点滅間隔は0.5秒程度になりました。やたらと明るく輝くので、非常に目立つ存在になりそうです。もう少し点滅間隔が短くても良いかな?といった感じです。組みつけてから気になったら、コンデンサを更に容量の小さい3.3μFのものに交換するかもしれません。

Sl04

消防車は、消防団車庫から顔を出す感じに設置します。
消防団車庫、火の見やぐら、そして消防車の配線を木製ベース裏に通していきます。

Sl05

車庫、火の見やぐら、消防車をアクアリンカーで接着固定します。
消防団車庫の扉は開放状態で固定します。消防車は本当に顔を出す程度。これ以上道路側に出すと、踏切の傾斜路にタイヤが掛かって不自然な状態になってしまうのです。

Sl06

回路を接続して点灯実験です。
動画を撮っていないので雰囲気が伝わらないかもしれませんが、とにかく赤色灯の点滅が目立ちます。木製ベースの裏では、全く意味無く一つのLEDが点滅を続けています。

Sl07

ヘッドライトもやたらと明るい!一応、車庫の中にも照明があるのですが、それが目立たないくらいライトが明るい上に、ルーフの赤色灯点滅が激しい。まさに出動間際!といった佇まいです。赤色灯はスイッチを取り付けたほうが良いかもしれません。とにかくせわしない。

周囲に消防士も置きたいものです。ジオコレの消防署の人々のフィギュアを入手しようと思います。

前回はこちら
「週刊SL鉄道模型」消防車とトラックへのLED仕込み

|

« エフトイズ艦船キットコレクションの掌サイズ戦艦武蔵 | トップページ | 「週刊ロビ」20号 左腕組み立ては12号の右腕作業そのまま繰り返し »

週刊SL鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

SL鉄道模型もアクリルケースを作って全て終了しました。(URL)
同時に2000GTのケースも購入(こちらは既製品)したのですがちょっと寸足らずのようでした。

投稿: カズキ | 2013年7月14日 (日) 07時06分

カズキさん、こんにちは。

いつもながらの見事なケース自作ですね。週刊SLのサイズで接着できる技術に敬服いたします。コストパフォーマンスは素晴らしいと思います。今回のシリーズのジオラマサイズが少し大きいことは気が付きませんでした。

私は安直に両方とも純正品を買ってしまいました。トヨタ2000GTの方は、エンツォと違ってエンジン音気軽に鳴らせますが、値段だけの価値があるかは微妙です。

投稿: YUJI | 2013年7月14日 (日) 08時56分

写真だとよく分かりませんが結構汚いです。
アクリル接着剤は1摘たらしても汚い跡が付きます。
それに引き替え2000GTのケースは綺麗です(あたりまえですが)
サイズ不足を我慢すればなかなかのもんですよ。

投稿: カズキ | 2013年7月14日 (日) 12時10分

私はアリイのC62プラモのアクリルケースを作っただけでリタイヤしてしまいました。液状の接着剤の流し込み、難しいですね。

完成品のトヨタ2000GTのケース、台座付きで5500円は破格ですね!

投稿: YUJI | 2013年7月14日 (日) 20時38分

こんにちは。
最近は、LEDもいろいろなものが出ています。
今回、点発珍GTを使用されていますが、電源を接続するだけで点滅する、自己点滅型のLEDもあります。
また、LEDを点滅させるための、LED点滅駆動ICというものもあります。
点滅間隔は、2Hz(0.5秒)で調整は出来ませんが、機会がありましたら、お試しください。

なお、製品は秋月電子通商のWebで見ることが出来ます。

ご参考までに。

投稿: oomori | 2013年7月23日 (火) 09時15分

oomoriさん、こんばんは。
LED点滅についてのご解説、ありがとうございます。
今回はパーツを探す暇が無い状態であり、自己点滅型の極小チップLEDがまだ登場していないこと、手持ちパーツを活用することなどの理由にて、イレギュラーな方法での工作となりました。本当はパーツをあれこれ物色したいものです。

木製ベースの裏で虚しく光っているLEDについて、何とか表舞台活躍させる方法を考えてみたいと思っています。

投稿: YUJI | 2013年7月23日 (火) 20時58分

こんにちは、YUJIさんSL鉄道模型が、一段落付いて、鉄道模型を自分自身で作ってみようと、おもいます。わたしも、樽型の、鉄道模型を作ってみたいのですが、お忙しいなか、すみませんが。動力源や、レールの型番を、具体的に、お教え頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

投稿: いっしっー | 2013年7月28日 (日) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/57783518

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊SL鉄道模型」消防車の赤色灯は点滅させて回転をイメージ:

« エフトイズ艦船キットコレクションの掌サイズ戦艦武蔵 | トップページ | 「週刊ロビ」20号 左腕組み立ては12号の右腕作業そのまま繰り返し »