« エフトイズ「名車アーカイブVol.1」アコガレの初代ソアラ | トップページ | コマツ教習所愛知センターでのフォークリフト講習受講体験! »

2013年8月 4日 (日)

「川口やな」で旬の鮎賞味後の淡水魚水族館訪問

毎年、夏になると鮎の風味が恋しくなります。

スーパーで売っている養殖鮎でも楽しめないことはありませんが、シーズンに1~2回は簗場に行って本場の鮎を賞味したいものです。

2013080401

このところ毎年訪れている岐阜県の揖斐川の観光やなの「川口やな」に今年も行って、存分に鮎を賞味致しました。他にも美味しい鮎が食べられるところはたくさんあるのでしょうが、失敗したくないので確実に美味しい行きつけに向かってしまうものです。

例年は7月の解禁早々に待ちかねたように訪れるのですが、今年は何かと忙しかったので、8月に入ってからの訪問となりました。

揖斐川町観光情報-観光やな - 揖斐川町役場
http://www1.town.ibigawa.lg.jp/kankoujyouhou/experience/yana.html

期間:7月下旬~10月中旬
場所:揖斐郡揖斐川町北方
TEL:0585-22-0579

2013080402

ここは美味しいのに他の簗場よりも少々安い、私が知る限り、十年以上殆ど価格が変わっていません。エライと思います。塩焼きが2尾あるAコースがお気に入り。お刺身や魚田が苦手な方は、その分の鮎を塩焼きに変更してくれます。

2013080403

今日は夏らしい暑さではありますが、川面を抜ける風が涼しい。エアコンなど要らない心地よさです。川は少し増水していたので、簗場に下りることは出来ませんでしたが、私たちは美味しい鮎が食べられれば良いので構いません。

時折、水面すれすれを川鵜が上流に向かって飛んできます。獲物を探しているのでしょうか。

2013080404

鮎料理の王道はやっぱり塩焼き。青臭くて苦い肝も絶品。
この「川口やな」では締めの鮎雑炊があるのが嬉しい。私の地元から近い奥三河の簗場では雑炊を供さないところが多いのです。

2013080405

仰け反るほどたらふく鮎を食べてから向かったのは、同じ岐阜県の各務原市の水族館「世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ」です。世界でも珍しい淡水魚に特化した大型水族館で、一度訪れたかった場所でもあります。

世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
http://aquatotto.com/

淡水魚の仲間である鮎を食べてきた後で生きている魚を鑑賞に行くというのは矛盾しているかもしれません。

2013080406

水族館に面している長良川に住む魚たちが多く展示されているので、当然ながら鮎もたくさん泳いでいます。今しがた食べてきた鮎に比べて随分と大柄ではありますが、仲間たちには違いありません。人間とは、罪深い存在だと思う次第です。

鮎をはじめ、岩魚やアマゴを見て「美味そう!」と言い、ウグイやアブラハヤ、オイカワ等を見て「これは外道だ」と呟きます。食べる対象としての判断基準を水族館に持ち込んでしまいますが、価値観が乏しいので致し方ありません。

2013080407

日本だけでなく、アジア、アフリカ、そしてアマゾン川等、世界中の淡水魚が展示されています。凶悪な面構えの各国の淡水魚に比べ、何とも日本の川の魚たちの愛らしいこと。

かなり大規模ながら、見学順路がはっきりしていて見やすいのは特長だと思います。自由にアチコチ歩き回りたい私には少々窮屈ではありますが、今日のような夏休みの混雑期には順路がはっきりしていないと混乱するでしょう。

リクガメやコイ、そしてカピバラ(淡水魚ではないがアマゾン川流域に住んでいるという繋がり)へのエサやり体験など、子供が楽しめるコーナーもたくさんあります。爬虫類や両生類もたくさん居るので、環境学習の場としても有効でしょう。夏休みのような混雑期じゃない時に、再度訪問したいものです。

全身鮎臭くなってから訪れるに相応しい場所ではありませんが・・・。

|

« エフトイズ「名車アーカイブVol.1」アコガレの初代ソアラ | トップページ | コマツ教習所愛知センターでのフォークリフト講習受講体験! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん こんばんは
毎日多忙な中の、憩いの一日を鮎と共に楽しまれたご様子羨ましい限るです。私は、義父の少し早いお盆の墓参りでした。
水族館、私も、海水魚を見てはおいしそうな魚と思う方ですが、淡水魚のナイルパーチを見ておいしそうな白身魚のフライとは、なかなか思いません。なんでかな??

投稿: マーボウ | 2013年8月 4日 (日) 22時12分

こうのとり、無事打ちあがりましたね。搭載されているロビにそっくりな人型ロボットは身長34cmだそうで、親しみがわきますね。活躍期待しましょう。

投稿: honest | 2013年8月 5日 (月) 16時31分

>マーボウさん、こんばんは。

お盆のおつとめ、お疲れ様です。私もお盆に実家に帰れなさそうなので、一月前の先月にお参り済ませました。

確かにナイルパーチにティラピアなど、日本での重要な食用魚ですが、泳いでいる姿見ても全く食指が動きません・・・。


>honestさん、こんばんは。

我らのロビの兄弟のキロボ、宇宙に飛び立ちましたね。国際宇宙ステーションでの人気者になるのは間違いありませんね。

投稿: YUJI | 2013年8月 5日 (月) 20時58分

私の住む町にも鮎を出しているキャンプ場があり、甘露煮等の保存食を売っています。家のそばには淡水魚博物館もあり夏休みによく出掛けますが、目当てはライブスチィームの走行会かもです。

投稿: タッ君パパ | 2013年8月 6日 (火) 12時56分

タッ君パパさん、こんばんは。

ライブスチーム楽しみついでに鮎賞味できたら、相当に贅沢な時間となりそうですね!

投稿: YUJI | 2013年8月 6日 (火) 21時16分

お久しぶりです。以前トヨタ2000GTでコメントされていただきました。いちはし はじめです。
川口やなにいかれたのですか?

ボクの地元の近くです。揖斐は、しかしこんなに近いのに数回しか行ったことがありません。。。岐阜のボクとしてはベタな鵜飼もどうかと。。

投稿: いちはしはじめ | 2013年8月 9日 (金) 08時15分

いちはしはじめさん、こんばんは。

亡き父の親友が揖斐のご出身にて、川口やなは40年来のお付き合いとなっています。私は離乳食の時期から親しんでおります・・・。私の地元に近い奥三河の鮎も食べますが、年に一度は父親に連れて行ってもらった思い出話と共に揖斐に行くことになります。毎年お邪魔致します。

まだ鵜飼鑑賞経験はありません。雰囲気を楽しみに、是非一度行こうと思っています。

投稿: YUJI | 2013年8月 9日 (金) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/57927841

この記事へのトラックバック一覧です: 「川口やな」で旬の鮎賞味後の淡水魚水族館訪問:

« エフトイズ「名車アーカイブVol.1」アコガレの初代ソアラ | トップページ | コマツ教習所愛知センターでのフォークリフト講習受講体験! »