« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月26日 (木)

「週刊ロビ」30・31号 色移り対策パーツ配布後の再分解を承知で組み立てを進めます

3001

デアゴスティーニのパーツ付きクラフトマガジン「週刊ロビ」の第30号、31号を組み立てました。

今回も、ちゃんと奇数号発売日の前々日の日曜日に配達されましたが、週末を含めて仕事で忙しく、しばらく開封できませんでした。但しこのシリーズはちょっと溜め込んでも簡単に追いつけるので、あまり心配は要りません。2号まとめて手がけます。まずは30号からです。

3002

今回のパーツは、右足のひざとすねのパーツです。
軽い樹脂パーツです。色移り対策がなされているのかどうかは不明です。

デアゴスティーニのロビの公式ページには、パーツの色移り現象について、今後対策済みの交換パーツを提供していく旨、記載されています。それがいつのタイミングになるのかは32号あたりで報告がなされるようです。

現在はどんどんロビを組んでいる段階なので、対策パーツ入手後には大掛かりな分解が必要です。樹脂パーツにビス止めしてある部分は、パーツを破損させないためにかなりの注意が必要です。今の段階では組まないでパーツを保管しておくほうが良いのかもしれませんが、それではつまらないのでとりあえず組み立てを進めます。

3003

パーツの一覧です。
右すね内側カバー ×1、右ひざフレーム ×1、M2x7mm皿ネジ ×3(うち1本は予備)、サーボケーブル(70mm) ×1です。
軽いながらも、ロビの歩行を支える大きな力が掛かる部分なので、丈夫に出来ていることと思われます。

3004

今回の作業は、右ひざの関節の組み立てです。
すねの内側にカバーを取り付けて右すねを組み上げ、そこにひざのフレームとサーボを取り付けてひざの関節を組み立てます。

3005

今回のパーツに加え、28号までに組み立てた右脚パーツと前号にてIDを書き込んだサーボモーター、3号付属の保護シールを用意します。

3006

まず、右すね内側カバーに足首部分のサーボケーブルを通します。
今回はケーブルの取り回しが複雑なので、組み立てガイドを良く見て作業することが大切です。

3007

続いて、黒い右ひざフレームの穴にケーブルを通します。

3008

前号にてIDを書き込んだサーボモーターのカバーを外します。

3009

足首部分から伸びているサーボケーブルのコネクターを、サーボモーターの空いているコネクタ部分に取り付けます。

3010

サーボケーブルを右ひざフレームの穴に通し、サーボモーターを組みつけていきます。この際、コネクタからケーブルが外れないように注意します。現段階では接触不良のテストが出来ないので、目視と触った感触による確認です。

3011

サーボモーターのケースの4本の長いネジにてサーボモーターをひざフレームに固定します。

3012

右ひざフレームのサーボモーターの回転軸部分を、右ひざカバーのDカットされた穴に差し込みます。

3013

右すね内側フレームを取り付けます。
回転軸部分の穴に合わせて突起をはめ込みます。

3014

右すね内側カバーの後方のネジ穴を合わせて、今回付属のM2×7mm皿ネジ2本で固定します。これでひざ部分が固定されました。

3015

サーボケーブルのコネクタ部分に保護シールを貼り付けます。
これで今回の作業は終了です。

3016

すねのカバーからは、サーボケーブルがかなり余って飛び出しています。後の作業で縦長のカバーを取り付ける際に内側に折りたたんで収納しますが、それにしても余りすぎではないかと思います。他の部分のケーブルの長さはうまく調整されているのに、この部分だけやたらと長いのはどうしたことでしょうか。

3017

次回、31号のパーツは、サーボモーターです。
右股関節の縦回転用に使用します。IDを書き込むだけでなく、右脚に取り付けを行います。

3101

続いて、31号の組み立ても行います。

3102

今回のパーツは、サーボモーターです。
右股関節に使用します。かなり右脚部分が出来上がっていくようです。まだシリーズの半分のも到達していないのに、ペースが早く感じます。

3103

パーツの一覧です。
サーボモーター(右股関節:縦回転) ×1です。

3104

今回の作業は、股関節(縦回転)サーボへのIDを書き込みと、右脚への取り付けです。
前号で保護シールを貼ったサーボケーブルを今号のサーボモーターに接続し、テストボードを使って動作テストとIDの書き込みを行い、右脚に取り付けていきます。

3105

今回付属のパーツに加え、前号までに組み立てた右脚パーツとサーボケーブル、そしてテストボード付きのヘッドスタンドを用意します。

3106

いつものサーボモーターの付属号と同様に、まずはカバーを取り外してケーブルをはめ込みます。

3107

サーボモーターの動作テストをID書き込みです。今回のサーボモーターのIDは3です。
普段のサーボモーター付属号ならばここで作業は終了ですが、今回は更に右ひざフレームに組み込みを行います。

3108

右脚パーツを取り出し、右ひざから飛び出ているサーボケーブルをサーボモーターの空いているコネクタに接続します。確実にはめ込んで、組み込み時にも外れないように注意を払います。

3109

サーボケーブルをひざフレームの穴に通してからサーボモーターを組み込みます。

3110

サーボケーブルの4本の長いネジを使用して、サーボモーターを右ひざフレームに固定します。これで今回の作業は終了です。

3111

膝頭が飛び出たロビの右脚が、かなり出来上がってきました。縦横に巧みにサーボモーターが組み合わさっているのが判ります。

3112

次回、32号のパーツは、右股関節フレームです。右脚の根元部分まで組みあがっていくようです。その次の33号には、右股関節の横回転用のサーボモーターが付属します。作業は動作テストとID書き込みだけです。

34号に、ロビが足に履いて、歩きながら掃除できるモップシューズが付属します。こんなの最終段階にすれば良いと思うのですが、なかなか先に進まずにどうでも良いパーツで間を持たせるいつものデアゴスティーニのシリーズ構成になってきました。

色移り対策後のパーツが配布されたら、かなり大規模な分解と再組み立てが必要となります。現段階にてどんどん組んでいったら面倒なことになるのも事実です。モップシューズ等のアクセサリーの配布で間が空くのは、結果的には良いのかもしれません。

前回はこちら
「週刊ロビ」28・29号 2号まとめて組み立ててもあっという間

次回はこちら
「週刊ロビ」32・33号 改良パーツ提供というお知らせあり

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

郡上のヤナ場で「ものすごい鮎」賞味する幸福!

  9月に入ってからずっと仕事が詰まっていて、先週末も休み無く徹夜に近い状態。若い頃は多少の徹夜は何てことは無かったのですが、中年になると堪えます。デアゴスティーニのロビや、新創刊のカウンタックLP500Sも手付かずで溜まっています。毎晩深夜帰宅では開封する余裕もありません。

もう限界!他のメンバーには迷惑を掛けるが、今日は無理やり休みを取りました。大人しく家で寝ていれば良いのに、旬の落ち鮎を食べに出かけます。過労にも勝る落ち鮎の魅力。矢も盾もたまらない。まあ1週間以上前に予約してはいたので急に思い立ったわけではありません。

2013092500

今日賞味したのは岐阜県長良川の郡上鮎。
生の天然鮎しか供さないという「杉ケ瀬ヤナ」です。

杉ケ瀬ヤナ
http://www.xwns.co.jp/yamato/yana/sugigase.html

私の住んでいる岡崎市からは150kmくらい距離がありますが、東海北陸道のぎふ大和ICから程近いので交通は便利です。作業小屋のような素朴なお店は、平日なのに昼時には満員になりました。地元の岐阜ナンバーの車が多いようです。

2013092501

お店の前には、今が最盛期のヤナ場が見えます。今日は重機を川に入れて補修作業を行っていました。川から苔生したスイカのような芳しい生の鮎の香りが立ち上ってきます。気持ちが盛り上がります。

「営業中」との看板が出ていたので予約の時間よりかなり早めに店内に入ると、店のご主人から、
「お客さん、今日はものすごい鮎が一つだけあるけど、焼きますか?」

「ものすごい鮎」って表現がいいです。このヤナで、今年一番の大物らしいです。

2013092502

早速見せてもらうと、何とも巨大な鮎!キレイに色づいたメスです。もちろん正真正銘の天然鮎。
今朝ヤナに上がった鮎で、計ったら28cm強。こんなデカイ鮎、見たことありません私。もちろん食べたいです。大型の鮎が多いことで名高い清流長良川でも、これだけのサイズはめったに上がらないとのことです。有難い事に、「ものすごい鮎」を注文させて頂く幸運に恵まれました!

2013092503

超特大サイズの鮎塩焼きは別注文として、セットメニューを注文します。
セットメニューは2種類。鮎は中サイズながら煮付があるAセット。締めのご飯は鮎めしか雑炊。妻と私でそれぞれ一つずつ注文します。

2013092504

そして、特大サイズの塩焼きを2つ追加。その内の一つは先程見せてもらった超特大鮎です。特大サイズは上がったときだけの限定品です。1つ1890円と安くはありませんが、都会で「天然鮎塩焼き」を注文したら、15cmサイズの可愛い鮎でもそれ以上になってしまうものです。結果的に相当のボリュームとなりますが、大好物ならばすんなり食べてしまえるものです。

2013092505

塩焼きと魚田は店先の焼き場で炭火焼にされています。我が超大型サイズは後列左端。この店の鮎は中サイズでもかなり大きいのですが、一際でかくて別種の魚のようです。

2013092506

塩焼きは時間が掛かるので、まずは煮付けが出てきます。
甘露煮ではなくて、醤油であっさりと煮てあります。鮎の香りが損なわれない仕上がりで、しっとりと柔らかくて美味しい。

2013092507

次にフライです。ソースをかけていただきます。
開きになっているのは珍しい。頭からバリバリ食べられます。このフライが絶品。普段、鮎のコース料理でフライは要らないと思うことが多いのですが、こののフライは別です。

2013092508g

コースに入っている魚田と塩焼きです。これは二人分です。
素焼きに味噌ダレを掛けた魚田は、味噌とはらわたを絡めて食べる味が最高。鮎料理の王道の塩焼きは、言葉も発せずに食べ進みます。

木串が刺さったままテーブルに運ばれますが、簡単に抜けるので心配ありません。また天然鮎らしく、骨からの身離れが非常に良いです。

2013092509

追って今日の真打の超特大サイズの鮎が登場!
2匹とも特大サイズで価格は一緒なのですが、普通の特大鮎が小さく見えます。超特大サイズのメスは、たらこかと見紛うくらいの卵を抱えていました。もう一方はオスで、発達した白子を持っており、ちゃんと両方味わわせてもらうことが出来ました。それぞれ微妙な風味の違いはあるものの、最高の鮎の塩焼き。何も言えない逸品。

2013092510

鮎めしです。鮎の香りを損なわない薄味です。

2013092511

鮎雑炊。
鮎とご飯、塩しか使っていない潔い鮎雑炊です。普通の鮎雑炊は醤油などで味付けしてから葱などの薬味を振るのですが、ここの鮎雑炊はシンプルです。いい加減な鮎でこんなことをすると生臭くなってしまうものです。良い鮎でしか作れない味でしょう。
この鮎雑炊は病みつきになりそうです。

2013092512

次から次へと渋滞無く料理を持ってきてくれるので、食事時間は1時間ほどで終了します。帰り際には店内は満席。どんどん鮎が焼かれ続けています。

2013092513

食べ終わって、目の前の簗場を覗くと、竹のスノコの上にキラキラと輝く鮎が時折落ちてきます。

2013092514

すぐ後に串を刺されて焼かれる運命の鮎。ぴんぴんと跳ねています。
簗の仕掛けの上のよどみ部分には、たくさんの鮎が泳いでいるのが見えます。うようよいます。来シーズンも必ず訪れたいものです。

2013092515

おみやげに買ってきた鮎の干物と鮎うるか。この杉ケ瀬ヤナで作っているものです。近くの郡上八幡に立ち寄って買ってきた地酒と共に愉しむ予定です。

好物の食べ疲れは心地よい。同じ疲れでも、これから元気をもたらすもののように思えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

「週刊ロビ」28・29号 2号まとめて組み立ててもあっという間!

2801

デアゴスティーニのパーツ付きクラフトマガジン「週刊ロビ」の第28号、29号を組み立てました。

普段と同様、奇数号発売前の日曜日にちゃんと2号一緒に配達されました。しかし週末を含めて仕事が忙しく、なかなか手を付けられない状態でした。作業量は少ないので多少溜めても問題は無さそうですが、早めに組み立てておきたいものです。

28号、29号と一緒に組み立てます。2号分まとめても10分程度の作業量でした。まずは28号からです。

2802

今回のパーツは、右すねのカバーです。
相変わらずサーボケーブルだけが別梱包となっています。緩衝材と一緒に処分してしまわないように要注意です。

2803

パーツの一覧です。
右すね外側カバー ×1、右すねフレーム ×1、サーボケーブル(70mm) ×1、M2x6mm皿ネジ ×3です。

白くて軽い樹脂パーツです。右すねフレームはサーボホーン二つも兼ねるので、素材的にはかなり頑丈なのかと思われます。

2804

今回の作業は、右すねの外側の組み立てです。
今号より右脚のくるぶしから上を組み立て始めます。まずは、すねの右側面、脚の外側になる部分を組み立てです。

2805

今回のパーツに加え、前号にて組み立てた右脚と、3号付属の保護シールを用意します。

2806

すねの二つのパーツを組み合わせます。

2807 

M2x6mm皿ネジ2本を使用して固定します。

2808

右足パーツの足首部分のサーボモーターの回転軸に、すねのパーツの穴を合わせて差し込みます。

2809

グッと奥まで差し込みます。
今のところは片側から差し込んだだけの状態ですが、今後の作業にてすねの内側パーツでサーボモーターを挟み込んで固定されることになります。

2810

付属のサーボケーブルに、いつものように保護シールを貼り付けます。
保護シールは、サーボケーブルをサーボモーターのコネクタに取り付けてから貼った方が合理的な箇所もありますが、一応組み立てガイドの手順どおりにしておきます。

2811

これで今回の作業は終了です。あっという間に終わってしまいました。
足のパーツは曲線で覆われている状況がわかります。

2812

次回、29号のパーツは、右膝のサーボモーターです。
脚への取り付けは30号以降に行うので、テストとID書き込みだけ行います。

2901

続いて、29号の組み立ても行います。
28号と同様、すぐに終わりそうです。

2902

今回のパーツは、サーボモーターです。

2903

パーツの一覧です。
サーボモーター(右ひざ用)×1です。

2904

今回の作業は、右ひざサーボのテストとIDを書き込みです。
前号で保護シールを貼ったサーボケーブルを今号のサーボモーターに接続し、テストボードを使って動作テストとIDの書き込みを行います。

2905

今回付属のサーボモーターに加え、テストボードを組み込んだヘッドスタンドと、前回保護シールを貼ったサーボケーブルを用意します。

2906

サーボケーブルを取り付けるために、サーボモーターの裏蓋を取り外します。
ケースの4本のネジを抜きます。

2907

裏蓋を取り外したら、基板の一方のコネクターにケーブルを接続します。

2908

裏蓋を仮留めします。
この後すぐにパーツにサーボモーターを組み込むのならば裏蓋は外したままでも良いのですが、早くても2週間近く後になるので基盤にカバーを掛けておきます。

2909

30号の作業にて再び裏蓋は取り外すので、4本のネジを軽く締めます。

2910

サーボモーターの動作テストとID書き込みを行います。
今回の右ひざのサーボモーターのIDは4です。テストボードにサーボケーブルを接続し、TEST/SETボタンを長押ししてID書き込みを実施します。

2911

これで今回の作業は終了です。
撮影した画像を見ると、あまり白いパーツが黄ばんでいるようには見えません。デアゴスティーニからはそろそろ色移りしてしまったパーツの対処法が公開されることと思われます。今後、新たに色移り対策済みのパーツが配布される可能性が高いのですが、そうするとかなり大規模な再分解が必要になります。

デアゴスティーニのクラフトマガジンでは、組み立てたものの再分解はいつものことではあります。ロビの場合は、ネジ穴を潰さないように注意したいものです。

2912

次回、30号のパーツは、右すねの内側カバーと右ひざフレームです。
28号で組み立てた右すね部分の内側を組み立て、そこにひざのフレームとサーボを取り付けてひざの関節を組み立てます。右足がゆっくりと胴体部分に向けて組み上がっていきます。

その次の31号には、右股関節のサーボモーターが付属します。取り付けは32号にて行うので、まずはID書き込みだけを行っていくようです。

超多忙でも、パーツを溜め込む心配のないロビのシリーズはありがたい!

前回はこちら
「週刊ロビ」27号 ロビの大足あらわる!

次回はこちら
「週刊ロビ」30・31号 色移り対策パーツ配布後の再分解を承知で組み立てを進めます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

田舎の情景作りにピッタリ?ジオコレの自動精米所

01

ジオコレの「自販機C~自動精米所~」を買ってきました。

なかなか「週刊SL鉄道模型」の製作が進みませんが、鉄道模型の情熱がなくなってしまったわけではありません。模型屋さんを覗いて、気になるものは手にとって楽しんでいます。週末を含めて忙しいので、かなり疲れているようです。ノンビリ時期を待ちたいと思います。

田舎を車で走っていると、プレハブ作りの自動精米所を見かけることが多くあります。お米の自販機までセットになっているところもあり、丁度このセットのような光景が日本各地に見られます。

02

早速開封します。
かなりガッチリ作られた建物のパーツが出てきました。

03

今回欲しいのは、小さい方の建物の自動精米所だけですが、お米の自販機の建物も仮組みして楽しみます。看板や幟に貼り付けるシールが付属していますが、一応最初からパーツに印刷されているので、特に使用する必要はありません。

04

精米所の内部には、ちゃんと自動精米機が設置されています。
建物の壁を取り付けてしまえば内部など見えないと思うのに、細かいところまで作りこんであるものです。こういう演出は楽しい。せっかく設置した精米機が見えるように、外の扉を開けた状態に改造したくなります。

05

仮組み状態ですが、一応完成です。5分で組み立てられるお気軽工作です。
簡単なプレハブ作りの精米所と自販機、日本の田舎の各所で見られる光景です。

06

車やフィギュアを設置すれば、更に楽しめます。セットには道路部分も入っているので、これだけでミニジオラマを演出できるようになっています。

07

設定年代の問題から似合わないことを承知の上にて、製作中の「週刊SL鉄道模型」のジオラマに設置してみます。
分厚い台座が目立ちすぎますが、思ったよりは違和感がありません。こういった線路沿いの街道に精米所のプレハブはよく見かけます。

08

精米所のプレハブは、基礎のない掘っ立て小屋なので、台座を取っ払って設置すればいけるかもしれません。ちゃんと土の地面を作って整地した上で設置出来そうです。

実際の精米所が小さく見えるのですが、このジオラマにおいてみると結構大きいのが問題です。他の建物が非常に小さいので目立ってしまうのかもしれません。

線路へのバラスト撒き、地面のパウダー処理など作業がまだまだ残っているこのジオラマに精米所を設置するかは未定です。まだ完成が遠いので、色々遊んでみたいものです。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »