« 「週刊ロビ」36・37号 後半戦スタートは、いずれも5分工作 | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」6号・7号 チマチマ工作が続きます »

2013年11月11日 (月)

サラブレッドに触れる悦び!乗馬クラブクレインで体験乗馬体験

昨日の日曜日、人生初めての乗馬を体験してきました。100頭以上の美しいサラブレッドを間近に見て触れて乗って楽しむ体験は、感動の連続でした。朝から冷たい雨が降っていましたが、馬の背に乗っていると暖かさが伝わってきて寒いということは全くありません。

「馬と戯れてくる!」というと、「競馬ですか?」と返されることが多いのですが、私は競馬場に行ったり馬券を買った経験はありません。でもテレビで競馬中継をやっていると、サラブレッドの走る姿の美しさに魅せられて見入ってしまいます。

01

今回は、実家の母親に連れられて行ってきました。
私の母親は長年乗馬を趣味にしています。毎週乗馬クラブに行って楽しんでいることは知っていましたし、騎乗光景の写真を見せてもらうことはあったのですが、実際に乗馬を楽しんでいる姿は見たことがありません。私も乗馬にアコガレはありましたし、何より馬を間近で見たいと思ったので、一度一緒に出かけることにしたわけです。ついでに我々夫婦も一日体験乗馬させてもらおうというタクラミです。多少の雨降りながら、初心者用の馬場はテント屋根の下なので、濡れることはありません。

訪れたのは乗馬クラブクレイン東海です。伊勢湾岸自動車道の「湾岸長島IC」を降りて5分程度の場所です。

名鉄乗馬クラブクレイン東海
http://www.uma-crane.com/map-tokai-course/

02

駐車場からクラブハウスに向かうまでに多数の厩舎があり、それぞれの「個室」に馬がいます。清潔にされているので臭いことはありません。どの馬も懐っこく、近づくと戯れさせてくれます。馬の顔は想像以上に大きく「馬面」で、何ともいえない良い香りがします。優しい瞳に癒され、体重500kgを超える大きな動物ながら、全く怖いということはありません。いちいち一頭一頭の馬に挨拶していると、なかなか先に進むことができません。

03

長年ここに通っている母親は、雨降りでも広々とした外の馬場で騎乗しています。人馬一体となって活き活き楽しんでいます。頭から爪先までバッチリの乗馬スタイル。服装はもちろん鞍などの馬具も全て自前のお気に入りです。普段はクラブの専用ロッカールームに保管してあります。いつも騎乗が終わると、ロッカールームの温泉シャワーを浴びてスッキリして帰って来るとのことです。騎乗する馬はクラブ所属のお気に入りの指定馬ですが、その内、馬も自前にしたいと言い出しかねなくて怖いです。

初心者の体験乗馬では、とりあえず長袖、長ズボンを着ていれば大丈夫です。軍手などの手袋は持参します。そんなに汚れるわけではないので、余程のことが無い限り着替える必要もなさそうです。その他に必要なブーツ、ヘルメット、プロテクターベストはクラブで貸してくれます。近年乗馬は人気が高いので事前予約が必要ですが、かなり気楽に乗馬体験させてもらうことができます。

テント屋根の下の馬場で、早速馬に乗せてもらいます。
乗せてくれるのは、25歳という超ベテランのレイモンド君。大柄な牡馬です。元障害物競技馬で輝かしい実績を持っていて、余生をこの乗馬クラブでノンビリ送っているとの事。人間に換算すると80歳くらいというお年寄りですが、色艶が良くて、美しい馬です。顔を近づけると、懐っこく擦り寄ってきてくれます。

踏み台を使わせてもらってレイモンド君の背に乗ると、思った以上に高い!馬の体温と息遣いが伝わってきます。多分、緊張している私の鼓動も彼に伝わっているはず。リラックスすると、馬も落ち着くとのことです。レイモンド君は優しく素直で賢い馬なので、初心者に大人気の様子です。

04

妻が乗せてもらったのは、シャンティ君というこれまた23歳のベテランの牡馬。ちょっと小柄のノンビリ屋で、カメラを向けるとサッと目線をくれるお茶目な馬です。愛想が良くて子供たちにも大人気との事。器量がよいのでカレンダーのモデルにもなっています。馬ごとに性格が違うのは楽しい。

先生の指示にてブーツで馬の腹をポンと叩くと、馬が歩き出します。叩き続けると、ギアがアップするように速度が上がっていきます。手綱を手前に引くと、ブレーキが掛かります。方向転換は曲がりたい方向に手綱を引いて顔をそちらに向けます。しかし馬と気分が一緒にならなければ指示を聞いてくれません。「走る!」、「停まる!」、「曲がる!」という強い意志が伝わるようにすると、だんだん言うことを理解してくれます。

体験乗馬ではちょっと駆け足をするところまでながら、馬の動きに合わせて上下動をしなければお尻が痛くなります。人馬一体となって馬とのコミュニケーションを楽しむには長い道のりが必要であることを理解できました。馬は勿論ですが、乗っている人にとってもかなりの運動量が必要です。体験乗馬では、馬上に30分程度いるだけですが、人によっては筋肉痛になるそうです。

ずっと忙しい日が続いていて心身ともに疲れてはいましたが、馬の魅力に癒されてリフレッシュして帰ってきました。しばらく馬の温もりと優しさ、つぶらな瞳が忘れられそうにありません。

|

« 「週刊ロビ」36・37号 後半戦スタートは、いずれも5分工作 | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」6号・7号 チマチマ工作が続きます »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!乗馬体験お疲れ様でした。内腿が筋肉痛になっていませんか?私が子供の頃に体験した時には内腿が筋肉痛になった覚えが有ります。
ちなみに警視庁の騎馬隊の馬は元競争馬が多いそうです。そのせいかパレードなどで見ると全盛期を思わせる様な綺麗な馬が多いですよ。

PS
愛知県発祥のインスタントラーメンのキリンラーメンはご存知ですよね?
アマゾンで売っていたので買って見ました。最近余り見かけない感じの素朴な味で気に入りました。

投稿: 三日月 | 2013年11月11日 (月) 22時31分

>体験乗馬ではちょっと駆け足をするところまでながら

軽速足でしょうね。馬の動きに併せてお尻を上下、結構太ももに来ます。私も若いころにここまで体験しました。

投稿: マーボウ | 2013年11月12日 (火) 15時11分

> 伊勢湾岸自動車道の「湾岸長島IC」を降りて5分程度
お三重県ですね。

> 毎週乗馬クラブに行って楽しんでいる
お元気そうで何よりです。
私は今週末、母親の13回忌で三重に帰省です。

馬は娘の結婚式でハワイに行った時、トレッキングで乗りました。
私のような重めの人間に当たった馬は運が悪く、乗った時「チッ」と舌打ちされたような気がしました。

投稿: カズキ | 2013年11月13日 (水) 13時44分

>三日月さん、こんばんは。レスが遅れてすみません。

競走馬が活躍できる期間は短いので、その後に様々な場所で余生を送っているのでしょうね。出来るだけ早く走ることを求められて育ってきたのに、引退後に乗馬用に大人しく調教される際の苦労があるようです。

キリンラーメン、最近レトロなパッケージで有名になってしまったようですね。地元生産なのですが、一度も食べたことありません。今度買ってきます。


>マーボウさん、こんばんは。

タイミングが合うまでは、お尻が鞍にベチベチと当たって痛かったです。続けていたらきっと筋肉痛になったことでしょう。

暴れん坊将軍のオープニングに憧れてはじめた方も多いとの事。確かに波打ち際で走ってみたい!


>カズキさん、こんばんは。

長島町は、カズキさんがご実家に帰られる道すがらですね。実家からは高速道路を使ったら、小一時間の手頃な距離でした。いまだに忙しくしていないと体調が悪くなってしまう母親ですが、忙しい中でも乗馬タイムが貴重な癒しの時間になっているようです。

投稿: YUJI | 2013年11月13日 (水) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/58554961

この記事へのトラックバック一覧です: サラブレッドに触れる悦び!乗馬クラブクレインで体験乗馬体験:

« 「週刊ロビ」36・37号 後半戦スタートは、いずれも5分工作 | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」6号・7号 チマチマ工作が続きます »