« 通勤車プリウスのタイヤをエコタイヤに! | トップページ | 「週刊ロビ」40・41号 坦々と左脚フェーズ »

2013年11月30日 (土)

年に一度使うかどうかのタイヤチェーンを買う

毎日、長距離を自動車で通勤しています。

ウカウカしている間に、明日から師走です。このところ、朝晩めっきり冷え込んできました。
冬になって気になるのは、雪が降ったらどうするか、ということです。私の住む愛知県でも、年に一回くらいは交通に支障が出るような雪が降る事があります。積雪に対応した交通環境ではないので、少しでも積もると交通マヒを来します。

そんな時に通勤もへったくれもないのですが、一応勤め人としては最大限の努力をして会社に向かわなければなりません。雪が降ったからお休みよ、なんてカメハメハ大王の国民のような事は言っていられません。

冬になると、雪道に対応したスタッドレスタイヤに履き替えるという方法が一般的です。突然の雪にも悠然と立ち向かえるでしょう。私の周囲にも、11月から早々に履き替えている方が多くおられます。

でも、この間プリウスのタイヤをエコタイヤに替えて、その感触の良さを楽しんでいるわが身としては、どうしてもドライ路面で転がり抵抗が大きくて燃費が悪くなり、乗り心地も悪化するスタッドレスを履く気にならないのです。年に一度あるかないかの雪に対する対価もバカになりません。タイヤを保管しておく場所もありません。

Qe01

スタッドレスタイヤがいやなら、タイヤチェーンを装備することになります。
そこで、昔ながらの金属チェーンではなく、非金属の最新チェーンを購入しました。カーメイトの「BIATHLON Quick EASY」というチェーンです。昔の金属チェーンと違って装着が簡単であり、耐久性もアップしているとのことです。どうせ大雪になれば、スタッドレスタイヤを装着していてもチェーン規制が掛かった高速道路ではタイヤチェーンを携行しないと入れてくれません。いずれスタッドレスタイヤを買うことになっても無駄にはならないでしょう。

通販で買ったこのチェーンが届き、箱から取り出すと、そのケースの大きさに驚きます。ブリーフケースのようなこのケースの大きさは、横52cm、高さ42cm、奥行き14cmです。そんなに広くないプリウスのトランクに載せると相当に邪魔です。必要になるまでは、車庫の奥に置いておきたくなります。

昔の金属チェーンは、小さな段ボール箱に入っていたものでした。取り付けるのに苦労しましたし、一度使って箱に戻すと湿気と重量の為に拡がってモタモタになってしまったものでした。また、次に使う段になると、サビサビで固まっていて装着する気が失せたものです。今回の非金属チェーンの頑丈なケースなら、繰り返し使用するのも気にならないかもしれません。

Qe02

通勤に使用しているプリウスのタイヤサイズは、195/65R15です。タイヤサイズに応じた商品を選ばなければなりません。私の場合、このQE10という品番のものが適合します。他の車に安易に流用できないので、注意が必要です。但し、オプションを購入すると、一部の他のサイズのタイヤに使用することも可能です。

Qe03

巨大な「カバン」の様なケースを開けると、折りたたまれた樹脂チェーン二つと付属品が出てきます。スパイクが埋め込まれた樹脂チェーンは、「こんなんで大丈夫なのか?」と思わないではありませんが、手に取ると結構重量感があって頑丈です。

Qe04

取り付け時に必要な軍手や腕カバー、そして取り付け時の説明書と解説DVDまで付属しています。説明書は雪の上で拡げても破れない素材で出来ており、至れり尽くせりです。ジャッキアップの必要も無く、結構簡単に取り付けが出来そうです。昔の金属チェーンとは大違いです。

本来は、事前に装着練習を行うべきでしょうが、雪が降っていないのに駐車場でチェーンを取り付けているのは恥ずかしいものです。詳細なDVDを何度か観て、取り付けたような気になっておきます。練習が面倒臭いだけではありますが。ひょっとすると一度も使わないで済むかもしれませんし・・・。

Qe06

このチェーンを装着する予定なのは、毎日通勤に酷使しているプリウスです。

Qe05

でも、専用オプションのQE100というエクステンションを使用すると、我が家のもう一台の車であるBMW118iにも使用することが出来ます。何とも偶然ではありますが、この1000円程度のオプションで利用の幅が広がるのならば、ということで、このオプションも購入しました。205/55R16という全く違うタイヤサイズなのに、簡単なパーツで使用可能になるのです。

Qe07

BMWは後輪駆動なので、リヤタイヤにチェーンを取り付けなければなりません。タイヤとタイヤハウスの隙間が狭いので、取り付けには苦労するでしょう。雪が降って、しかもプリウスが使用不可能という、とてつもない低確率でしか使用しないオプションかもしれません。露天の駐車場が定位置のプリウスに対して、車庫に納められているBMWの後ろに、とりあえず巨大なタイヤチェーンのケースは鎮座しています。

雪が降ったら電車は停まるし道路はマヒを来すのですが、それでの勤め人としては最大限の努力をしないといけないのです。もう少し増えこんできたら、車庫に置きっぱなしでは無くて、ちゃんとトランクに積んで準備しておきたいと思います。宮仕えは辛い?

|

« 通勤車プリウスのタイヤをエコタイヤに! | トップページ | 「週刊ロビ」40・41号 坦々と左脚フェーズ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/58594662

この記事へのトラックバック一覧です: 年に一度使うかどうかのタイヤチェーンを買う:

« 通勤車プリウスのタイヤをエコタイヤに! | トップページ | 「週刊ロビ」40・41号 坦々と左脚フェーズ »