« 「週刊ロビ」58・59号 専用キャリングケース発表に心疼く! | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」28号・29号 1週間遅れにてシートの取り付け »

2014年4月14日 (月)

鎌倉初心者の春の江ノ電巡り!

001

14日の月曜日に休みをもらい、13日の日曜日から泊りがけで鎌倉に来ています。4月1日の消費税増税前の凄まじい駆け込み需要による多忙が過ぎて一段楽したので、妻を連れての久しぶりのお出かけです。自宅の岡崎市から鎌倉までは車で行きますが、鎌倉に着いてからは一日乗車券を入手して、江ノ電に乗って移動する作戦です。気候の良い時期の日曜日なので、かなり賑わっていました、

002

鎌倉に来たのは20数年振りのことです。大学生のときのゼミの研究旅行で横浜に行った際、最終日の帰路に立ち寄りました。一通り観光地を巡ったはずですが、団体旅行の常にて殆ど覚えていません。

今回が初の鎌倉と言っても良い状態なので、まずは訪問の挨拶を兼ねて鶴岡八幡宮に詣でます。鎌倉祭りのパレードが行われていて、大変な賑わいです。

003

境内には、数年前に倒れた大銀杏の切り株が、今も生々しく残っていました。

004

八幡宮から鎌倉駅へ、小町通を散策します。昼食は「和彩八倉」という食堂にて、鎌倉名物のしらす丼。たっぷりの釜揚げしらすはアッサリとした塩加減が絶妙。これは癖になりそうな旨さです。

005

食後は鎌倉駅の西口から銭洗弁財天まで歩きます。洞窟のようなトンネルを抜けていきます。

006

社務所で100円を払い、線香とろうそく、そしてお金を洗う笊を受け取ります。コインを洗うのかと思っていたら、周囲にはお札を洗う人が多いのに気づいたので、私も思い切って1万円札をベシャベシャにします。空気が乾燥しているので、しばらく干せば財布に戻せました。ご利益はあるでしょうか。

007

その後、近くの佐助稲荷を詣でます。
ひっそりとした境内には、ウグイスのさえずりが響きます。かなりの坂道なので、歩ける靴が必要です。

008

山を降りて、鎌倉大仏へ。
大仏殿が遺失したままのむき出しの美男大仏は、国内外の観光客に囲まれていました。

009

拝観料の200円に加えて20円!を支払うと、大仏様の胎内巡りが出来ます。
内部は結構広い。外郭が思った以上に薄いことが判ります。

010

頚部には、樹脂で強化された跡が見えます。
補強のための柱などない、モノコック構造です。重量は121トンとのこと。意外と軽い。

011

今回の宿は、七里ガ浜に面した鎌倉プリンスホテルです。アメックスのフリーステイギフトを使用しての宿泊です。鎌倉の町からは離れていますが、江ノ電で移動すれば問題ありません。

012

部屋は普通のツインルームで広くも豪華でもありませんし、設備は少々古いですが、窓からの景色は最高です。

013

ちょっと曇り空ではあるものの、部屋の窓からは江ノ島が望めました。

014 

部屋に居ながらにして、江ノ電の撮影も出来ます。単線ながら、結構頻繁に行き交います。

015

部屋には有線LANの設備が備わっています。部屋によっては無線もあるそうです。
どうしても無線LANが必要の際には、機器をフロントに借りることも出来ます。

016

夕食は、最寄の江ノ電の駅の七里ガ浜から程近い、イタリア料理店の「リストランテ・アマルフィイ」。混んいましたし予約していなかったのに、すぐに席を用意してくれました。

017

最も安い3500円のコースを注文。全ての料理が美味しかったのですが、中でもオマール海老のスープが絶品!このスープを満たした風呂に入りたい。ガイドブックで見ていてちょっと気になっていた店だったので、行って大成功でした。ハウスワインも美味しい。

018

今回使用した江ノ電の一日乗車券の「のりおり君」1枚600円。鎌倉プリンスホテルのフロントでも販売していました。3回乗れば元が取れるので、混雑する鎌倉の道を車で移動するよりお気楽でした。

今朝はちょっと空模様が怪しいですが、江ノ島にでも立ち寄ってから帰途に着きます。ササヤカな小旅行でした。

|

« 「週刊ロビ」58・59号 専用キャリングケース発表に心疼く! | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」28号・29号 1週間遅れにてシートの取り付け »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん こんばんは
奥様と春の鎌倉を満喫されたご様子羨まし良い限りです
江の島エスカーにも乗られて帰ってこられたのでしょうね!
>ご利益はあるでしょうか
銭洗い弁天、私たちも参拝したことがあります。1円から1万円まですべてのお金をあらったご利益か?
帰ってから宝くじが当たりました(数万円の少額ですが・・)

投稿: マーボウ | 2014年4月14日 (月) 22時04分

 鎌倉、老人でもザック背負って、タクシーNOの街ですね。 禅寺、街並みなど、東京(江戸)を超える昔にスリップしますね。
 土産は素直に、サブレ?

投稿: honest | 2014年4月14日 (月) 22時53分

昨日は朝方曇っていたものの、どんどん雲が流れて晴れ間が覗き、爽やかな日となりました。江の島探訪にはうってつけでした。久しぶりの小旅行にて、リフレッシュできたと思います。


>マーボウさん、こんばんは。

江の島エスカー乗らずにずっと歩きました。海風が心地よかったです。

>帰ってから宝くじが当たりました(数万円の少額ですが・・)

!!!
私も良いことがあるでしょうか。

>honestさん、こんばんは。

鳩サブレお土産にたくさん買いました。黄色い紙袋提げて江ノ電乗るのがお約束でしょうか。

鎌倉、何とも散策が楽しい街ですね。寒くも暑くもなく、方々で鶯のさえずりが聞こえてきて、歩くのには良い天候でした。再訪したいものです。

投稿: YUJI | 2014年4月15日 (火) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/59466117

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉初心者の春の江ノ電巡り!:

« 「週刊ロビ」58・59号 専用キャリングケース発表に心疼く! | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」28号・29号 1週間遅れにてシートの取り付け »