« 週刊ロビ「ロビクルをつくる」10号、11号 電子パーツの作動テスト | トップページ | ガチャポンのロビ、3タイプ揃わなくても十分カワイイぞ! »

2014年10月13日 (月)

「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」52号・53号 コクピット部分の組み立ては楽しい

Lp500s5201

デアゴスティーニの「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」の製作の話題です。昨日の昼下がり、同時に購読しているロビクルの10号、11号と一緒に届きました。

昨日は穏やかな日でしたが、今日は台風19号の影響で昼前から風雨が強まってきました。JR東海道線は20時頃から終日運休の案内がなされています。平日だったら職場から帰宅するのに難渋したところでした。3連休の最終日、家にこもってテレビで台風情報を見ながらのんびりカウンタックの工作を進めます。

Lp500s5202

ますは52号から開封します。
今回のパーツは、ステアリング・ハンドルです。

Lp500s5203

パーツを確認します。
ステアリング・ハンドル×1 、イグニッションキー×1 、M2.3×4mmワッシャー付きタッピングビス×2(※1本は予備)です。

Lp500s5204

ステアリング・ハンドルはかなり丁寧なつくりに思えます。中央部にウルフのエンブレムが燦然と輝いています。予想以上のクオリティでした。
イグニッションキーは、実際にハンドルコラムに差し込んでエンジン音のギミックを作動させるためのものです。8分の1サイズなので、非常に小さいパーツです。完成後に失くしそうです。挿しっぱなしで固定できればよいのですが、デフォルトではすぐに抜けてしまいます。

ステアリングハンドルの中央部には、ホーンボタンはありません。デアゴスティーニの前々作のモデルカーのフェラーリ・グランツーリズモでは、ホーンボタンの配線が切れる故障が相次いだものですが、今作では心配ありません。但し、ホーンのギミックが無いのは少々寂しくはあります。

Lp500s5205

今回の作業は、ダッシュボードへのステアリング・ハンドルの取り付けです。
51号に付属してきたダッシュボードに、ステアリング・ハンドルを取り付ます。

Lp500s5206

今回付属のパーツに加え、アンダーパネル、47号付属のコーションシールA、28号付属のLEDテスター、51号付属のA/Cウインドアウトレット3個、ダッシュボード、単3アルカリ電池3個が必要です。

Lp500s5207

まず、電池ボックスに単4電池3個を入れます。
この電池ボックス、完成後に開けるのが面倒なほど蓋が取りにくく、また端子の素材が悪いのか、既にマイナス側のスプリングが錆びてしまいました。この状態では、その内ポロリと破損しそうです。

Lp500s5208

ステアリング・ハンドルのスイッチの作動テストを行います。
アンダーパネルの電池ボックスから伸びている電源ケーブルを、LEDテスターのBATTERYのソケットに差し込みます。

Lp500s5209

ステアリング。ハンドルから出ているケーブルの内、まず茶色のケーブルをSWITCHのソケットに差し込みます。
ステア輪舞・ハンドルの左側のレバーを手前に引くと、LEDテスターのLEDが点灯します。スイッチの動作を確認したら、ケーブルを抜きます。

Lp500s5210

次に、青いケーブルをSEITCHのソケットに差し込みます。
先程と同じレバーを奥に押し込むと、通電してLEDテスターのLEDが点灯します。

Lp500s5211

次に、オレンジ色のケーブルを差し込んでテストします。
イグニッションキーをキーシリンダーの穴に差し込み、軽く回すとスイッチが入り、LEDが点灯します。エンジン始動音のギミック作動を単なるスイッチとせず、わざわざキーを挿しこませるという演出が心憎い!但しイグニッションキーのパーツは小さいので保管に留意です。
私のパーツの3つのスイッチは正確に動作するようです。

Lp500s5212

47号付属のコーションシールを、アンダーパネルの後方のイグニッションコイルの下側に貼り付けます。
こんなのイグニッションコイルを取り付ける前に貼っておくものだろうと思います。ピンセットで正確な位置に貼るのは結構面倒です。前回はパイプの取り付け位置を間違って解説していましたし、デアゴスティーニさんはどのシリーズでも、多かれ少なかれ組み立て順の矛盾があります。

Lp500s5213

ダッシュボードにA/Cウインドアウトレット3個を取り付けます。
穴の形状に合わせて差し込むのですが、差し込んだだけだと外れそうなので、接着剤の力を借りました。

Lp500s5214

ステアリング。ハンドルをダッシュボードに取り付けます。取り付け位置を合わせて、今回付属のM2.3×4mmワッシャー付タッピングビスで固定します。

Lp500s5215

これで今回の作業は終了です。
電池ボックス内の電池は取り外す指示となっています。でも次回も使用するので、今のところは入れっぱなしにしておきます。

Lp500s5216

次回、53号のパーツは、メーターパネルです。
メーター内部にはLEDが取り付けられ、光るようになっています。子供っぽいギミックですが、楽しいものです。

Lp500s5301

続いて、53号の組立作業を行います。

Lp500s5302

今回のパーツは、メーターパネルです。

Lp500s5303

パーツを確認します。
メーターパネル×1です。
ステアリング・ハンドル同様、メーターパネルも丁寧なつくりです。スピードメーターとタコメーター内部にLEDが仕込まれており、点灯する仕組みになっています。

Lp500s5304

今回の作業は、ダッシュボードへのメーターパネルの取り付けです。
メーターパネルの点灯実験を行った後、前号でステアリング・ハンドルを取り付けたダッシュボードの上にメーターパネルを取り付けていきます。

Lp500s5305

今回付属のパーツに加え、アンダーパネル、ダッシュボード、50号に付属してきて余っている2.6×6mmタッピングビス2本、28号付属のLEDテスター、単4アルカリ電池3本が必要です。電池は前回から入れっぱなしにしています。

Lp500s5306

まずはメーターパネルの二つのLEDの点灯実験です。
アンダーパネルの電池ボックスのケーブルをLEDテスターのBATTERYのソケットに差し込みます。メーターパネル下部から出ている二組のケーブルを、順にLEDテスターのSWITCHソケットに差し込んで点灯テストです。

Lp500s5307

スピードメーター、タコメーター共に問題なく点灯しました。完成後には二つのメーターは同時に点灯します。ちゃんとメーターの表記もなされています。

創刊号のシリーズガイドを見ると、8連メーター全てが光っているように見えます。しかし製品版ではスピードメーターとタコメーターの二つだけ点灯するようです。

Lp500s5308

ダッシュボード上部にメーターパネルを取り付けます。
二組のケーブルを、ステアリング・ハンドル上部の左右の穴にそれぞれ通してから、突起と穴を合わせてセットします。

Lp500s5309

メーターパネルを隙間なくセットしたら、ダッシュボードを裏返して2か所のネジ穴に50号付属の2.6×6mmタッピンギビス2本をねじ込んで固定します。

Lp500s5310

これで今回の作業は終了です。
ダッシュボードだけの時は、プラスチックの生地丸出しで安っぽく見えたものですが、ステアリング・ハンドルとメーターパネルを取り付けたら、かなり良い雰囲気になってきました。

Lp500s5311

アンダーパネルの上にコクピット部分を載せて様子を楽しみます。どんな乗り物の模型でも、運転者が乗る部分はワクワクするものです。

ダッシュボードのパーツからはケーブルがたくさん出ており、断線の危険性があります。車体への取り付けまではビニール袋に入れて保管しておきます。

Lp500s5312

次回、第54号のパーツは、エンジンフードです。その次の55号と合わせてエンジンフードを組み立てます。ボディの塗装パーツの配布は楽しみです。もっとも、車体への取り付けはずっと先のことになるでしょう。

前回はこちら
「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」50号・51号 エンジン回りは今回でひと段落

前回はこちら
「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」54号・55号 久しぶりの金属製外装パーツ配布!

|

« 週刊ロビ「ロビクルをつくる」10号、11号 電子パーツの作動テスト | トップページ | ガチャポンのロビ、3タイプ揃わなくても十分カワイイぞ! »

ミニカー」カテゴリの記事

週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 関東ですが、現在、台風19号の影響は、当初より大きくなさそうな?感じです。
 明日、53号の予定で、スピードメーターとタコメーターの点灯ですか。
 先日、突然、ビデオカメラの電源が入らなくなり、寿命だと思ってあきらめ(生産終了のもので、1回修理)、ネットで注文しましたが(2万以下で充分な感触)、喜んだのもつかの間、ACアダプターが欠品していて連絡待ちです。
 また、ネットで目についたレゴ・テクニックシリーズ(組み立て動画など)をあれこれ見ているとつい時間の経過を忘れます。

投稿: K2E | 2014年10月13日 (月) 18時39分

電装品の工作は楽しいですね。
イグニッションキーのスイッチですか、私だったら本物のキーでもなくしそうなのに絶対なくしますね。
しかしカウンタックの本物のキーっていくらぐらいするんでしょうね。ハワイのフェラーリショップに行った時、土産にキーのレプリカを買ってこようとしたのですが中古車が買えそうな値段(ちとオーバー)に手が出ませんでした。
今日やった240Zはブレーキがスイッチと連動していてブレーキランプが点くようです。

投稿: カズキ | 2014年10月13日 (月) 19時01分

>K2Eさん、こんばんは。

台風の休日は、家で工作しているのが最適でしょうね。どこにも大きな被害が無いことを祈りつつ・・・。

東海地方では夜半に通り抜けそうで、明日の朝は台風一過の秋空が拡がりそうです。


>カズキさん、こんばんは。

カウンタックはイグニッションキーも8分の1サイズなので、完成後の保管に気を遣いそうです。

>中古車が買えそうな値段(ちとオーバー)に手が出ませんでした。

!!!
レプリカのキーでですか!
そういえば、フェラーリ・グランツーリズモのシリーズでマスコットのキーが付属してきましたね。原寸大かと期待したのに、小さめでした。原寸大ならキーホルダーに付けて遊べたのに。

最近の車のキーは鍵の部分が無くてボタンだけですし、キーを差し込んで回すという操作もないので、ちょっと味気なく感じますね。

投稿: YUJI | 2014年10月13日 (月) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/60466208

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」52号・53号 コクピット部分の組み立ては楽しい:

« 週刊ロビ「ロビクルをつくる」10号、11号 電子パーツの作動テスト | トップページ | ガチャポンのロビ、3タイプ揃わなくても十分カワイイぞ! »