« 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」60号・61号 読者プレゼント同梱の巨大ダンボールにびっくり! | トップページ | 週刊ロビ「ロビクルをつくる」20号、21号 終盤になってののんびり進行 »

2014年12月23日 (火)

「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」62号・63号 今年最後のカウンタック工作

Lp500s6201

デアゴスティーニの「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」の製作の話題です。62号と63号が到着しました。

前回の記事を書いた日の20日に配達があったのですが、その日の夜は義父の喜寿祝いの宴席に出かけていたので、受け取りが今日になってしまいました。前回は梱包の大きさに驚いた上に、師走の仕事が忙しくてずっと放置してあったため、ほとんど4号まとめての工作となりました。

このところ、1週間おきにロビクルと共に届くサイクルになっていました。ロビクルの高額号の時は隔週刊となるのでサイクルが狂っています。今週はカウンタックのみ届いています。ロビクルは今週中に届くと思われるので、それが今年最後の工作となるでしょう。

Lp500s6202

ますは62号から開封します。
今回のパーツは、ルーフ内貼りです。大型パーツですが、樹脂製なので重くはありません。

Lp500s6203

パーツを確認します。
ルーフ内張×1、ペリスコープウインドウ×1、M2.6×6mmビス×3(※1本は予備)、M2.0×4mm皿ビス×7(※1本は予備)です。

ルーフ内張の表面には、起毛を表現した処理が行われています。

Lp500s6204

今回の作業は、ルーフ&Aピラーへの内張の取り付けです。
61号で組み立てたルーフ&Aピラーに、今回付属の「ルーフ内張」を取り付けていきます。

Lp500s6205

今回のパーツと共に、前回組み立てたルーフ&Aピラーを用意します。また写真に撮り忘れましたが、58号に付属してきたリアボディサポートのパーツも必要です。

Lp500s6206

まず作業台の上に布を敷きます。ルーフのパーツの塗装面が傷付かないためです。前作のトヨタ2000GTのシリーズに付属してきたカバークロスを拝借します。

ルーフのパーツを裏返して置き、中央部に今号付属のペリスコープウインドウをはめ込みます。突起に合わせて置きますが、気を付けないとすぐに外れます。ルーフ内張パーツを取り付けたら固定されます。

Lp500s6207

ルーフの内側に、ルーフ内張パーツをセットします。

Lp500s6208

6か所のネジ穴に、M2.0×4mm皿ビスをねじ込んで固定します。

Lp500s6209

ルーフの後部に58号付属のリアボディサポートのパーツをはめ込み、左右2か所のネジ穴にM2.6×6mmビスをねじ込んで固定します。

Lp500s6210

これで今回の作業は終了です。
ベージュのルーフ内張に、黒々とビスが見えます。完成後もこのままなのでしょうか。ねじ頭を隠すシールなどで隠す工程があることを願います。ルーフ中央部には小さなペリスコープウインドウが見えます。こんな隙間から、安全確認が出来る様に後方がちゃんと見えたとは思えません。後期モデルで廃止されたことも理解できます。

Lp500s6211

今回のパーツはしばらく保管することになります。適当に扱うと、ルーフ後部の二つの突起が折れてしまいそうなので、養生パーツを作ります。61号に付属してきたルーフのパーツの保護材を使用し、干渉部を切り欠いて突起部が入るようにします。

Lp500s6212

奥までガッチリはめ込むと、下から突起が飛び出てしまうので、適度にパーツが保護できる程度に被せる様にしました。

Lp500s6213

パーツが入っていたビニール袋に入れて、裏返した状態で保管しておきます。

Lp500s6214

次回、63号のパーツは、トランクリッドです。

Lp500s6301

続いて、63号の組立作業を行います。

Lp500s6302

今回のパーツは、トランクリッドとトランクリッドステーです。

Lp500s6303

パーツを確認します。
トランクリッド×1、トランクリッドステー×1、M2.0×4mmビス×3(※1本は予備)、M1.7×4mm皿ビス×2(※1本は予備)です。

Lp500s6304

今回の作業は、トランクリッドへのトランクリッドステーの取り付けです。
車体後端に配置されるラッゲージルームの蓋となるトランクリッドの組み立て作業を行います。

Lp500s6305

トランクリッドステーをトランクリッドにねじ止めするだけの作業です。付属の小さい方のネジ、M1.7×4mm皿ビスを1本用意して、取り付け位置を確認します。

Lp500s6306

トランクリッドステーの先端の穴にビスを入れ、ドライバーで締めつけて固定します。

Lp500s6307

これで今回の作業は終了です。
今号は5分の工作でした。

Lp500s6308

今回使用しなかったビスも一緒にして、号名を書いたビニール袋に入れて保管しておきます。

Lp500s6309

次回、第64号のパーツは、テールエンドです。
リアフェンダーにテールエンドを取り付けていきます。この模型で気になるテールランプの部分の隅の丸い成型部分がどのくらい目立つのかが明らかになります。64号にて全体の8割の進捗となります。

その次の65号には、インナーフレームが付属します。
カウンタックの特徴的なバードゲージ型のフレームが再現されていないことは残念ですが、一応インナーフレーム部分もダイキャスト製となるようです。

次回の工作は、年明けになりますが、正月休みの間に届くかどうかは微妙なところです。

前回はこちら
「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」60号・61号 読者プレゼント同梱の巨大ダンボールにびっくり!

次回はこちら
「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」64号・65号 気になるテールライト部分

|

« 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」60号・61号 読者プレゼント同梱の巨大ダンボールにびっくり! | トップページ | 週刊ロビ「ロビクルをつくる」20号、21号 終盤になってののんびり進行 »

ミニカー」カテゴリの記事

週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/60855461

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」62号・63号 今年最後のカウンタック工作:

« 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」60号・61号 読者プレゼント同梱の巨大ダンボールにびっくり! | トップページ | 週刊ロビ「ロビクルをつくる」20号、21号 終盤になってののんびり進行 »