« 寒い夜は自宅でひれ酒チビりと! | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」64号・65号 気になるテールライト部分 »

2015年1月 2日 (金)

地元岡崎の初詣にて「八千代本店」の菜飯田楽!

平成27年あけましておめでとうございます
本年も宜しくお願い申し上げます

昨年は仕事の多忙にかまけて、デアゴスティーニのパートワークの進行以外の記事投稿を殆どせず、サボりがちでした。一度サボり癖が付くと、マメに書いていた頃と違って積極的にネタを探すことが無くなり、余暇の張りまで失われたような気がしています。

この年末も相変わらず忙しかったのですが、年末年始は人並みに休めました。大晦日は私の実家に泊まり、元旦は妻の実家を訪れて、連日ご馳走を頂き、久々にグウタラ過ごしております。

0100

昨夜というか、本日未明に自宅に帰り、1月2日の今日は朝寝坊した後、初詣に出掛けます。昨年はちゃんと伊勢神宮に参拝致しましたが、今年は近所の岡崎公園内の龍城神社に向かいます。向かいますって言っても、近所にて車で数分の距離ではあります。寒い寒いと車に乗り込んで、暖まる前に到着してしまいました。

岡崎市は徳川家康の生誕の地ということにて、岡崎城跡にある岡崎公園近辺はちょっとした観光地の様相を呈しています。市内に神社仏閣がやたらと多くありますので、何かと見どころもあるようです。正月休みということもあって、カメラを持った観光客が大勢歩いています。しかし住んでいる地元のことは結構知らないものでして、近所なのに岡崎公園を訪れることなどめったにありません。

お正月なので参拝客が多く、駐車場に入れられるか心配していましたが、1月2日の今日は入れ替わりが激しいために、殆ど待たずに駐車出来ました。大手門をくぐって岡崎城に入り、まずは家康公の立像にご挨拶します。

0101

元旦の昨日は賑わっていたでしょうが、今日は参拝の為に並ぶ必要も無いほどの人出です。ブラブラと岡崎公園内を歩き、龍城神社に参拝です。今年も健やかに過ごさせて頂くべく、柏手を打ちます。

0102

岡崎城の天守閣の隣に龍城神社はあります。立派に聳える天守閣、日本の100名城にも数えられているそうですが、戦後に復元された鉄筋コンクリート製です。最後に登ったのは15年以上前のことになるでしょう。今日は晴れていながらも、たまに冷たい雨が降ってくるといった厄介な天気にて、とにかく寒いので、登城はやめておきます。ヘタれです。

0103

天守閣へ向かう途中の公園内にひっそりと料理屋さんが佇んでいます。八千代本店です。明治からこの地で料理屋を営んでいる由緒あるお店との事。寒い中、初詣に出かけたのは、この店の田楽を食べたかったからでもあります。近くに住んでいながら、初めての訪店です。

天守閣の裏側という公園内の一角にあるので、雰囲気は抜群です。近年建て替えられたのか、建物はきれいです。

0104

八丁味噌を使った豆腐の田楽料理が名物。黒くて濃厚な八丁味噌は、あっさりした米味噌や麦味噌で育った方々には少々辛くて濃すぎるかもしれませんが、我々はこれでなくっちゃ味噌じゃない!ってくらい深くDNAに刻み込まれています。軽く炙った豆腐に掛けた味噌ダレを想像していると喉が鳴ります。

0105

1500円(税抜)の、なめし田楽定食を注文します。普段なら、天麩羅や刺身の付いた豪華な定食に心を動かされますが、年末と正月に散々ご馳走を食べてきているので、シンプルな料理でいきたくなります。

店内は清潔で気持ちよい。入口には柔らかなお香が漂っています。燻されるような野趣豊かな田楽の香りを想像していましたが、ちゃんとした料理屋さんの雰囲気です。他の地方のお客様をご案内しても心配無さそうです。

0106

軽く炙られた柔かい豆腐にしっかりと味噌ダレが掛かった木の芽田楽は六串もあります。八丁味噌のタレが田舎臭く感じますが、豆腐は上品に仕上げられており、決して飽きることなく全て食べられます。上に乗せられた山椒の葉がピリリとして良いアクセント。菜飯は乾燥させた大根菜がふりかけの様に掛けられているので、最初に混ぜ込むように言われます。塩味が効いていて美味しい。この大根菜、結構手が掛かっていることと思います。

海老の真薯と煮麺が入ったお澄ましも実に美味しい。漬物の中の牛蒡の味噌漬け(当然八丁味噌)が絶品。八千代本店では売っていませんが、公園内の売店で、まるやの牛蒡の味噌漬けが売っていたので買ってきたら、同じ味でした。抜群のロケーションのためもあり、食事の気分は更に良くなります。

観光客で賑わう場所に地元民が行くのは、何となく場違いにも感じてしまうものです。でも八千代本店の田楽料理を楽しみに、また足を運びそうです。

|

« 寒い夜は自宅でひれ酒チビりと! | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」64号・65号 気になるテールライト部分 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あけまして
 おめでとう
  ございます
 50数年前の、大阪、まかないつきの、名古屋出身のお宅の下宿時代の八丁味噌、九州では理解されませんが夢にみます。 今年もお邪魔します。
 多分YUJIさんより、八丁味噌体験先輩かも?

投稿: honest | 2015年1月 2日 (金) 22時30分

honestさん 本年も宜しくお願い申し上げます

岡崎城から八町離れた岡崎市八帖にある味噌蔵二つ、カクキューとまるやで作られる味噌である八丁味噌、まさかhonestさんご賞味の先輩とは失礼しました。ご理解いただき、ありがとうございます。

私は結婚してから妻の実家のある岡崎に移り住んだので、はるかに後輩です。でも八丁味噌は元々、郷里の知多半島の半田市で作られた塩を用いて岡崎で作られた味噌です。私としては生まれながらの味と言ってよいかと存じます。他の地方の味噌、もちろん美味しくいただきます。でも毎日味わいたいのは、赤と言うより黒に近い、八丁味噌の濃厚な味です。

投稿: YUJI | 2015年1月 2日 (金) 23時12分

YUJIさん、honestさん、私に代わってウチのロビに新年の挨拶をさせてみました。(URL)

投稿: カズキ | 2015年1月 2日 (金) 23時19分

カズキさん、明けましておめでとうございます。
羽織姿の凛々しいロビ君、ご挨拶完璧ですね。
繋ぎ合わせで作ったって判りません。

本年も宜しくお願い申し上げます。

投稿: YUJI | 2015年1月 3日 (土) 10時43分

お久しぶりです。本年も宜しくお願い致します。 ヒルクライムの大会役員に続き、会津若松のアマチュア劇団の写真撮影をする人が居ないとの事で 私に一眼レフカメラで撮影班として入って下さいと言われ、断り切れず引き受けました。アチコチで大変です。YUZIさんもアクティブに製作されている模様で 羨ましいです。  

投稿: 会津の鉄道マニア | 2015年1月 9日 (金) 17時57分

会津の鉄道マニアさん、こんばんは。
いつも地域活動お疲れ様です。今年もご活躍されることと存じます。
私の方はすっかり記事更新が疎かになってしまっています。でもマイペースにて継続しますので、今後もよろしくお願い申し上げます。

投稿: YUJI | 2015年1月 9日 (金) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/60911510

この記事へのトラックバック一覧です: 地元岡崎の初詣にて「八千代本店」の菜飯田楽!:

« 寒い夜は自宅でひれ酒チビりと! | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」64号・65号 気になるテールライト部分 »