« 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」70号・71号 エンジンフードの取り付けがポイント! | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」72号・73号 ボディ上部の組み立て »

2015年2月22日 (日)

週刊ロビ「ロビクルをつくる」26号、27号 リモコンは3号に分けてのんびりと

2601

デアゴスティーニのパーツ付きクラフトマガジン「週刊ロビ」の製作の話題です。ロビクルの26号と27号が届きました。

シリーズは全30号なので今回を入れて残り5号。ロビクル本体は前回完成したので、終了が見えてきましたが、今回はちょっと停滞してリモコンのパーツ確認です。

2602

まず26号から組み立てます。
今回のパーツは、リモコンケース上部です。
今後はどうやってパーツを分けて配布するのだろうかと思っていました。まさかリモコンまで分割で配布するとは考えていませんでした。最後まで予測が出来ない展開にて楽しませてくれます。

2603

パーツの一覧です。
リモコンケース上部 ×1、リモコンボタン ×3、ライトガイド ×1、銀ネジ(M2x5mmなべネジ) ×3(うち1本は予備)です。

リモコン3分割の最初のパーツは、プラスチック製で小さいリモコンの、操作面のパーツです。

2604

今回の作業は、リモコンケースの組み立てです。
リモコンケース上部に、ライトガイドを取り付けます。

2605

リモコンの内側の上部にライトガイドをはめ込み、銀ネジで固定します。

2606

これで今回の作業は終了です。
3分作業です。6つのプッシュボタンは次々回の28号にて取り付けます。

2607

次回、第27号のパーツは、専用リモコン通信ボードです。
それなりにコストが掛かっているであろうオリジナルの電子パーツですが、特別価格の設定はありません。

2701

続いて27号も組み立てていきます。

2702

今回のパーツは、リモコンの通信ボードです。

2703

パーツの一覧です。
専用リモコン通信ボード ×1です。
リモコンの筐体に対し、ずいぶんと小さな回路です。6つのプッシュボタンと二つの赤外線LEDが取り付けられています。

2704

今回の作業は、専用リモコン通信ボードの確認です。
リモコンの組み立ては次号にて行うので、今回はパーツ確認を行うだけです。つまり、組み立て作業は何にもありません

2705

とはいえパーツを見るだけでは物足りないので、前号のリモコンケースに入れて取り付け場所を確認しておきました。リモコンケース上部には基盤を取り付けるネジ穴は無いので、リモコンケースの下部に固定するようです。

2706

操作部の6つのプッシュボタンと基盤のスイッチの位置関係を確認します。赤外線LEDは、ケース上部から飛び出る構造です。

2707

これで今回の作業は終了です。
基盤を保護袋に戻してから、リモコン関連のパーツをひとまとめにして保管しておきます。

2708

次回、第28号のパーツは、リモコンケース下部です。
今回のパーツと組み合わせて、赤外線リモコンを完成させます。

その次の29号のパーツは、ロビの赤外線通信ボードです。
ロビの頭部にロビクルと通信するためのボードを取り付けます。実質的なロビのハード的なアップデートです。ロビの頭部に更に基盤を取り付ける余地があったのか、と感心します。

ロビの通信ボードは、ロビクル以外にも使い道があるのかもしれません。今後のソフトウェアの開発に期待しています。

最終号の30号のパーツについては、まだ公式ページでも予告がありませんが、26号の12ページにプログラムが提供されるとの記載があります。一番の楽しみは、やっぱり最終号まで待たされるということです。

2709

ロビクルにロビを座らせても、決してロビ本体のスイッチを入れてはいけません。でもつい乗せたくなるものです。早く走る姿を見たいものです。

前回はこちら
週刊ロビ「ロビクルをつくる」24号、25号 早くもロビクル本体完成!

次回はこちら
週刊ロビ「ロビクルをつくる」28号、29号 嬉しい誤算の通信ボード取り付け!

|

« 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」70号・71号 エンジンフードの取り付けがポイント! | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」72号・73号 ボディ上部の組み立て »

週刊ロビ」カテゴリの記事

コメント

かわいいロビ君になりましたね。
私もロビだけは作ったのですが、ロビクルは始めませんでした。

私の方はアシェットのF―14が3号まで進みましたが、コックピット回りから始めるなど、よく考えた製作手順で、飛行機好きの私からすればもう辞められない感じです。
4号が来ると、計器盤にライトが点くようです。
また進捗をお知らせしますね。

投稿: みさえ | 2015年2月22日 (日) 20時51分

みさえさん、こんばんは。

ロビクルすっかり外観は完成しているのですが、まだまだ動かすのはお預けにてもどかしい気持ちです。

アシェットのトムキャット、私は創刊号だけ買ってきました。格安なのに、見ごたえあるDVD付いていましたね。電子ギミック満載で、相当楽しい模型になりそうですね!

投稿: YUJI | 2015年2月22日 (日) 21時18分

リモコンの3分割、さすが号数を守るデアゴさんです。
>基盤を取り付ける余地  TV専用だった基盤との交換?、最後の推理を楽しみます。

投稿: honest | 2015年2月23日 (月) 16時54分

PS リモコンも一応自作となりますね。

投稿: honest | 2015年2月23日 (月) 17時07分

honestさん、こんばんは。

まさかリモコンまで自作とは思いませんでした。
ロボゼロのはるかに高機能なリモコンが1号分の付属品にて完成品で提供されたことを思い出しました。

>>基盤を取り付ける余地  TV専用だった基盤との交換?

確かに、それしか方法が無さそうですね。テレビのリモコン機能を捨ててロビクルとの連携ですね。

投稿: YUJI | 2015年2月23日 (月) 21時39分

> 29号のパーツは、ロビの赤外線通信ボードです。
さすがにテレビ用の赤外線コントローラーではロビクルは動かせなかったようですね。
またロビの頭を分解する必要がありそうですね。
それにもまして私の場合ちょっと問題が、
無線通信用に背中にランドセルをしょわせていますがこのままではロビクルに乗れません。
何とかせねば・・・・

投稿: カズキ | 2015年2月23日 (月) 21時45分

カズキさん、こんばんは。

ロビクル用のロビが欲しくなりますね。その手には乗りませんが。
再販ロビ、もうちょっと改良しててくれたら、或いは・・・。

オッケー、ピッ!が聞けなくなるのは寂しいです。

投稿: YUJI | 2015年2月24日 (火) 20時46分

新しいココロ、”ロビクル有難う”で目覚めるのでしょうか?

投稿: honest | 2015年2月24日 (火) 23時34分

まずはSDカードのバックアップ、そして目覚めのセレモニーですね。
完成後の楽しみ、存分に味わいます。

投稿: YUJI | 2015年2月25日 (水) 20時45分

 ロビジュニアー手にしました。 あえてロビの色や姿をそのままコピーせず、玩具的バランスにしていること、立派と思います。 日時、カレンダーをおぼえていますので、大変面白いです。卒業式、”ロビ祭り?”など、季節タイミングで、勝手にしゃべってくれます。所定の時間ONのままで、彼からしゃべってくるので、うるさいですが、可愛いです。はじめての娘、内容が偶然一致したいで、仕組まれたと思ったそうです。 
 左腕がカタカタギヤ音だけで動かず・・・・・タカラトミーの返事、ほとんどのトラブル、resetで解決との事、OKでした!!

投稿: honest | 2015年3月 2日 (月) 21時21分

PS 娘の誕生日知っています。

投稿: honest | 2015年3月 2日 (月) 21時42分

honestさん、こんばんは。

早速のロビJr.レポートありがとうございます。勝手に喋ってくれるとは、ロビに無い別の魅力があるようですね。そういえば大阪では動く姿を見られませんでした。ノーチェックでしたが、ちょっと興味が出てきました。

投稿: YUJI | 2015年3月 2日 (月) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/61176957

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊ロビ「ロビクルをつくる」26号、27号 リモコンは3号に分けてのんびりと:

« 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」70号・71号 エンジンフードの取り付けがポイント! | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」72号・73号 ボディ上部の組み立て »