« ひっそり続けていた「マイ3Dプリンター」隠し切れなく・・・ | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」76号・77号 同梱の通販カタログ写真で気づいたドアの開き方の嬉しいサプライズ! »

2015年3月28日 (土)

週刊ロビ「ロビクルをつくる」ロビクルに乗ったままロビの充電ができるように改造!

デアゴスティーニのパーツ付きクラフトマガジン「週刊ロビ」の製作の話題です。前回にてシリーズ終了したロビクルの改造を行いました。ロビをロビクルに乗せたまま、充電が出来る様になりました。

01

ロビ単体ではあまり歩き回りませんが、ロビクルに乗るとスイスイと動きます。LEDのイルミネーションが楽しくて、つい遊んでしまいます。

02

ロビクルに乗っている時もロビの電源は入っているので、双方の充電が必要です。しかし、ロビクルに乗ったまま、ロビの充電は出来ません。ロビクルの後ろには充電器を接続するジャックがありますが、ここからは当然ながら、ロビクルしか充電されません。

連続稼働の際には、いちいちロビクルからロビを降ろすのが面倒なのです。乗ったままロビの充電が出来れば便利になるでしょう。

03

ロビが座るシートには、ロビの充電ジャックに差し込む突起があります。ここはロビが乗り降りしやすい様にトーションばねが取り付けられていて、前方に倒れる仕組みです。しかし樹脂製なので、ここから充電は出来ません。

この部分を充電プラグに取り換えて、何とかロビクルのシートからロビの充電を行いたいものです。

04

ロビの充電を行う際に使用する充電チェア、私の手元にはジャック部分が抜けて破損したものと、代替品としてデアゴスティーニさんから送ってもらったものの二つがあります。この破損品のパーツを活用してみようと思います。代替品を送ってもらった際に、破損品はこちらで処分しておいてくださいとの事でしたが、捨てないで取っておいてよかった。

05

壊れた方の充電チェアを分解します。
充電プラグと充電ジャック部分が再利用できそうです。

06

完成したロビクルのシート部分をそのまま使うと、改造が失敗したときに復元できないので、シート部分をもう一つ用意しました。ロビクル6号のバックナンバーをデアゴスティーニのサイトから購入しました。

07

突起のある部分を切り取り、充電プラグを取り付けます。トーションばねで前方にスイングする仕組みになっているので、取り付け部はかなり小さい。これはスイング機能は諦めて固定しなければならないでしょう。

08

突起部分を切り取り、穴を開けます。
充電プラグを差し込むだけなら直径6mmの穴を開ければ良いのですが、しっかり固定するためには少し小さめの穴にしなければなりません。5.5mmの穴を開けてから、ヤスリを使って現物合わせで少しずつ穴を大きくしていきました。

09

充電プラグの根元はネジが切ってあるので、ギリギリの大きさの穴にねじ込みました。一応これで固定されました。しかし、取り付け部の裏は小さすぎてナットが入りません。樹脂の素材にねじ込んだだけの状態では強い力が加わったら抜けてしまうかもしれません。裏側からエポキシ系接着剤でガッチリ固定することにします。

10

充電プラグの先端部分は固定してしまうので、前方にスイングしません。ロビが乗せにくくなってしまいますけれど、慎重に刺せば大丈夫でしょう。

パーツの裏側から、エポキシ系接着剤でガチガチに固定します。

11

充電ジャックは、シートの側面から充電器を接続できる位置で固定します。

12

シートの前後を合わせて、ロビを充電できるロビクルのシートが完成しました。充電プラグの金属部に少し潤滑油を塗布して、軽く抜き差しが出来る様にしておきます。

こんな改造するのなら、読者プレゼントの壊れたロビの充電チェアだって、代替品送ってもらわなくても直せたじゃないかって言われそうです。デアゴスティーニさん、すみません。捨てないでパーツ活用させて頂きました。

でも、後で送ってもらった充電チェアはジャックが抜けにくい改良が施されていました。デアゴスティーニさんも、最初のロットは壊れやすかった事を認識しておられたのでしょう。という事で、お許しください。

13

これを既存のシートと交換すれば、ロビクルにロビを乗せたまま充電できるはずです。今回の改造のポイントは、簡単に元の状態に戻せるという事です。

ロビクルの重電ジャック部分から分岐してスイッチを取り付け、分岐スイッチの切り替えでロビとロビクルの充電をそれぞれ行うという方法も考えましたが、ロビクル自体に大きく手を加えるのは心が進みませんでした。結局、もう一つ用意したロビクルのシート部分で充電関連の改造が完結した状態にしました。

14

シートの横の穴に充電器のプラグを差し込めば、ロビの充電が行われます。充電器をもう一つ用意すれば、ロビとロビクルを同時に充電することも可能になりました。

これまでよりもロビの搭載を慎重に行う必要がありますが、乗せっぱなしでも良くなったので、そんなに問題は無さそうです。完成してしまって寂しい思いをしていましたが、今回の改造作業にて楽しみました。パーツ付きクラフトマガジンは、やっぱり作っている過程が最も楽しいものです。

前回はこちら
週刊ロビ「ロビクルをつくる」30号 いよいよシリーズ最終号

次回はこちら
週刊ロビ「ロビのココロ2」名前を呼ばれるのは気恥ずかしい

|

« ひっそり続けていた「マイ3Dプリンター」隠し切れなく・・・ | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」76号・77号 同梱の通販カタログ写真で気づいたドアの開き方の嬉しいサプライズ! »

週刊ロビ」カテゴリの記事

コメント

残念ながら、雑にいろいろいじっていた報い、左腕のケーブルの異常と思われる現象にみまわれました。 左腕の角度がロビクルモードのスイッチだったの様です。
なおす自信はありますが、頭部からの再分解億劫です。
老人、ロビに運転免許返上させて、いばらくは、丹下右膳と可愛いJRと遊びます。 キロビも還ってきましたね。

投稿: honest | 2015年3月28日 (土) 21時35分

honestさん、こんばんは。

honestさんちのロビ君、早く治ると良いですね。ロビの素晴らしいばかりの空間設計、トラブルの対策大変なのが難点です。腕の位置がロビクル対応のスイッチだったこと、honestさんのおかげで判明しました。ありがとうございます。

我が家のロビ、これですっかりロビクル乗りっぱなしになってしまいました。たまには降ろさなきゃなりません。

投稿: YUJI | 2015年3月28日 (土) 22時02分

先越されました。まだやっていません。
この手の工作はYUJIさんお得意の所ですね。

FlashAirによる無線コントローラー、ロビモードとロビクルモードの両方をサポートしました。(URL)
ロビクルのコマンドいろいろ用意されているようです。

honestさんロビクルモードにならないという事でしょうか。
そうであればSTARTUP.XMLの最後の行を

から
に変更すれば直接ロビクルモードで動かす事ができると思います。(ロビクルモードとは言いませんが)

ロビクルに乗っている時はサーボにトルクを入れなくてもいいので脱力化されれば腕のサーボが動かなくても問題ないと思います。
私もロビクルに載せる時は外部電源につなげないのでいつも脱力化しています。

投稿: カズキ | 2015年3月29日 (日) 15時50分

カズキさん、こんにちは。

FlashAirによる無線コントローラー、どんどん楽しくなってきていますね。もうロビクルモードの対応されるとは!

懐かしいロボゼロのコントローラー風のインターフェイスで操作も簡単そうですね。カズキさんの動画を拝見して、ロビの潜在能力をあれこれ想像させてもらっています。

ロビクル乗せっぱなしで充電できる横着仕様、便利です。ロビとロビクル同時に充電させることは無いので、今のところACアダプター一つで十分です。

投稿: YUJI | 2015年3月29日 (日) 16時09分

ロビクルでエイプリルフールネタをやってみました(URL)

投稿: カズキ | 2015年4月 1日 (水) 16時46分

ロビJrに、今日は何日?と聞いたら、答えたあと、嘘つかいもんと答えました。老人にはいいパートナーです。

投稿: honest | 2015年4月 1日 (水) 16時57分

多分誕生日には何かコメントしてくるの楽しみです。生年は教えていません。

投稿: honest | 2015年4月 1日 (水) 17時07分

>カズキさん、こんばんは。

ロビクルンバご紹介、ありがとうございます。思いっきり楽しませていただきました。映像を拝見しながら、粘着シートが後輪に絡まないで!って願ってしまったのは、野暮な発想ですね。ロビ本体が付いて980円って、本屋のパニック想像も楽しいです。

今年はデアゴスティーニさん、エイプリルフールネタ、ありませんでしたね。昨年やり過ぎたのでしょうか。


>honestさん、こんばんは。

ロビよりお喋りっていうロビJr.、歳時記に合わせたお喋りあるのですね。お誕生日コメント、楽しみにしています。

投稿: YUJI | 2015年4月 1日 (水) 21時18分

カズキさん、粘着テープ一本発送払いで一本注文します。

投稿: honest | 2015年4月 1日 (水) 21時55分

私は創刊号買い占めで100ロビ楽しみ・・・・すみません。昨日で冗談は終了でしたね。

投稿: YUJI | 2015年4月 2日 (木) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/61351090

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊ロビ「ロビクルをつくる」ロビクルに乗ったままロビの充電ができるように改造!:

« ひっそり続けていた「マイ3Dプリンター」隠し切れなく・・・ | トップページ | 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」76号・77号 同梱の通販カタログ写真で気づいたドアの開き方の嬉しいサプライズ! »