« 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」80号 予想通り最終号は最高難易度にして最大作業量です | トップページ | 「マイ3Dプリンター」そろそろモデリングの勉強とは思いながら »

2015年4月29日 (水)

Apple Watch 過剰包装で到着!

Applewatch0101

Apple Store onlineに注文していたApple Watchが昨日到着しました。中身は小さな腕時計なのに、ヤマト便のダンボール箱はかなりの重量感があります。

4月24日の発売日には、テレビや新聞で盛んに発売日早々に早速手にする人たちが取り上げられていました。オンラインで申し込んだ人の多くも、24日の発売日に届けられていたようです。

私も4月10日の16時1分の予約開始早々に申し込んでいたのですが、予約モデルの出荷順の都合で4日程遅れていたようです。Apple Watchは基本3種類の素材と2種類のサイズ、それに多彩な素材と色のバンドやブレスレットを組み合わせるといった方式にて、非常にたくさんの商品ラインナップとなっています。予約の際に制御しきれなかったのか、どうしても人気が集中するモデルは出荷が遅れたのでしょう。まあ、4日くらいなんてことはありません。予約の際に4月24日から5月8日にお届けと知らさされていたので、連休前に届けてくれて嬉しく思っています。

購入したのは、42mmのステンレススチールケースとブラックスポーツバンドのモデルです。

仕事で遅くなって昨日帰宅すると、妻から
「・・・なんかアップルから届いてるよ」

しまった。Apple Watch買ったなんて知らせていなかったっけ。腕時計に全く興味のない妻も、さすがにテレビ等でApple Watch位は見て知っているでしょう。悪いことしてるわけじゃないけど、届くことくらい話しておくべきでした。

「ああそう・・・後で見るよ」
嬉しいのを隠して、何気無さそうにすっとぼけるしかありません・・・。幸いな事に、しつこく追及はありません。ずしりと重い箱をそこらに放置して、時を待ちます。

Applewatch0102

はやる気持ちを押さえて開封。
外装のダンボール箱を開けると、中からAppleの製品らしい白い箱が出てきます。箱自体もしっかり緩衝材に守られています。

Applewatch0103

白い箱の側面には、製品の内容の記載。
本体のサイズや素材、そしてバンドの種類までしっかり記載されています。箱なんてモデル全て共有してシールを貼れば良いのにと思ってしまいますが、こういうところにコストを掛けているという事に、アップルの新製品に対する気合の入れ方を感じます。恐らく、時が経ってApple Watchの時期製品出る頃にはコストダウンで切り捨てられる部分でしょう。

Applewatch0104

紙製の箱を開けると、更にApple Watchが入った樹脂の箱が出てきます。その下から充電器とマグネット式充電ケーブルが入っています。詳しい説明書は入っていません。オンラインで見るという事なのでしょう。

Applewatch0105

樹脂の箱を開けると、ようやくApple Watchと対面です。
私の購入したスポーツバンドのモデルには、短い替えバンドが付属しています。

Applewatch0106

Apple Watchの文字盤部分も保護シートで覆われています。
マグネット式充電ケーブルの裏表にも保護シートが貼ってあるので、それを剥がさないとApple Watchの充電が出来ません。私は気付かなかったので、なんで充電が始まらないのか、と戸惑ってしまいました。

Applewatch0107

最初から取り付けられているのはM/Lのバンドです。それにS/Mのバンドが予備で付属しています。予備があるのは手前側の穴の開いた部分だけで、ピンのある側のベルトは1本だけです。

私の手首回りのサイズは165mm。M/LでもS/Mでもどちらでも使用出来ました。とりあえずS/Lサイズで使用して、穴の部分が傷んだらもう一方に替えるという使い方が出来そうです。フルオロエラストマー製のバンドは耐久性があるように見えます。でも過酷な環境に晒される腕時計のバンドは、程度の差こそあれどんな素材であっても、結構穴の部分が傷みやすいのです。

バンドは、Apple Watchの裏蓋部分のボタンを押すことで、簡単に外すことが出来ます。普通の腕時計のバンドの交換には、バネ棒を押すための道具が必要ですが、このApple Watchは、何の道具も必要としません。実に気軽に模様替えが出来そうです。製品供給が落ち着いたら、オプションのバンドの購入も考えたいと思います。

Applewatch0108

Apple Watchは、最新のOSにアップデートしたiphoneとペアリングして使用することになっています。ペアリングの作業は実に簡単にて、あっと言う間に終わりました。iphoneに入っているApple Watch対応アプリの移行も行ってくれます。

普段は真っ黒の画面ですが、時計を見るように手首を返すようなアクションをすると、画面が点灯します。使用しない時は暗くして電池の消耗を防いでいます。

手首に巻いていると、手の動きに反応して唐突に点灯します。結構明るく点るので、暗闇では目立ちそうです。一応、iphoneから3段階明るさを変える設定がありますが、どれにしてもあまり違いが判りません。これからソフトのアップデートで細かい設定が出来る様になるでしょう。

腕にはめて気が付いたのは、大きさの割に軽いこと。スポーツタイプのアルミでは無く、重い方のステンレススチールのケースながら、あまり腕に重さを感じません。但し、使用中にものにぶつけ易い形状であると思います。かといって、スマホのように保護シートとかケースを使うのは気が進みません。

ステンレススチールのケースに硬度9の硬いサファイアガラスでも、ぶつければ傷は付きますし割れます。日頃腕時計をしていれば、傷付かないように自然に気を付ける習慣が付いているものです。しかしスマホの時計があれば腕時計が要らないとして過ごしてきた方は、かなり気を付けないとすぐに傷だらけにしてしまうでしょう。腕時計はスマホよりもずっと過酷な環境下で使用されるのです。「ガチン」とぶつけた時にはもう遅い・・・。大抵、油断したときにやってしまうのです。狭い場所のすり抜けの際には十分気を付けないといけません。大抵は最初の傷で気を付ける様になるのですが。ヤバい箇所では無意識に手首を外側に曲げて「ヒゲダンス」のような手つきになっているものです。もちろん、両手でやって上下させる必要はありませんけれど。

Applewatch0110

日頃使用している腕時計と大きさを比較します。
左から、平日の仕事の際に使用しているロレックスデイトジャスト、今回購入のApple Watch、休日の外出時に使用しているユンカース、作業時やスポーツ、防水が必要な時のためのタフソーラーの電波時計G-SHOCK電波時計。ロレックス以外はデカいので、Apple Watchが大きいとは感じません。

残量の心配をしながら毎日充電するものが増えて面倒ではありますが、腕時計として考えれば、機械時計の様に時間を合わせる必要はありません。何が便利なのかという使い勝手については、これから連用して楽しみたいと思います。

|

« 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」80号 予想通り最終号は最高難易度にして最大作業量です | トップページ | 「マイ3Dプリンター」そろそろモデリングの勉強とは思いながら »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。私は現在何も作って居ない状態です。正、今日はハドソンC61 20蒸気機関車の試運転なので撮影に来て居ます。(新潟⇔会津若松間)ただ 煙が出るか?です。後は、地元のアマチュア劇団のカメラマンに成ってしまい 更に会津若松市3年に1度の劇をアマチュア劇団と一般の方々でやるのですが そちらもカメラマンで副チーフに成ってしまい。ほとんど自分の時間が取れない状況です。では撮影場所に行って来ます。  

投稿: 会津の鉄道マニア | 2015年5月 2日 (土) 11時02分

会津の鉄道マニアさん、お久しぶりです。ますますご活躍の様で何よりです。C62とD51の巨大模型、総観でしょうね!

そういえば、C61も試運転でしたね。暖かいこの時期は、煙があまり出ないでしょうか。

劇団の方々のご撮影、大成功を祈っております。

投稿: YUJI | 2015年5月 2日 (土) 21時16分

C62 初めてYUJIさんの世界に参加させて頂いた頃、昔懐かしいです。  SLのトンネル通過のにおい、陶器の茶瓶・・・老人の昔話、時刻表にそわない鈍行のタイムトラベルです。

投稿: honest | 2015年5月 3日 (日) 00時05分

結構この手のモノに疎い私ですがウェアラブルコンピュータという事で一応興味があります。
iPhoneとの連携を前提に考えられているのでiPhoneを持っていない私は買っても宝の持ち腐れですね。
よく携帯をを忘れるのでiPhoneを持ったとしても時計としての役に立たないかも知れません。
私のような無精者には単独で電話機能を備えたLG Watchのようなものの方がいいのかも知れません。(時計も忘れる事がうるので同じですが)

そこで気になっているのが通話機能ですがアップルウォッチもiPhoneと連携して電話の送信着信ができる訳ですが、マイクとスピーカの距離が取れないスマートウォッチではどんな感じなのでしょうか。
スピーカーを耳につけないでも通話はできるのでしょうか。
インカムのようなものを使えば問題なくできると思いますがそれでは直接iPhoneにつないだ方が早そうですし。

投稿: カズキ | 2015年5月 3日 (日) 09時24分

>honestさん、こんにちは。

C62製作中は本当に楽しかったですね!現在京都鉄道博物館を建設中の梅小路蒸気機関車館では、C62が展示走行しているようです。見に行きたいけど、連休もバタバタしていて暇が無いのがつらいです。SLの香り、何とも懐かしいですね。


>カズキさん、こんにちは。

Apple Watch、完全にiPhoneの子機ですね。昨日実家から帰る時にiPhoneを忘れたら、文字盤に赤い点が光ってiPhone無いことを知りました。携帯の忘れ物防止に便利かもです。残念ながら、Apple Watch忘れた時はiPhone側のアプリを立ち上げないと判りません。私、若い頃に飲んで腕時計を失くした事があるので、そちらもなんとかして欲しいものです。

電話の着信時にはApple Watchでも取れます。手首を口元まで上げて話している光景は、昔のSFドラマみたいです。ナイトライダーを思い出しました。音はスピーカーで丸聞こえです。不思議とちゃんと話せますが、腕が辛いので、iPhoneに持ち替えてしまいます。

文字盤のデザインが決められていて、自作したりサードパーティーが文字盤を配布するといったことが禁止されているのが寂しいです。Appleがもっとバリエーションを増やしてほしい。女の子受けが良いミッキーの文字盤便利ですけれど・・・。

投稿: YUJI | 2015年5月 3日 (日) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/61511662

この記事へのトラックバック一覧です: Apple Watch 過剰包装で到着!:

« 「週刊ランボルギーニカウンタックLP500S」80号 予想通り最終号は最高難易度にして最大作業量です | トップページ | 「マイ3Dプリンター」そろそろモデリングの勉強とは思いながら »