« 「マイ3Dプリンター」32,33号 新シリーズ「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」案内チラシ入り! | トップページ | アシェット「ラ フェラーリをつくる」巨大創刊号299円! »

2015年8月24日 (月)

デアゴスティーニ「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」9/15創刊!

01

デアゴスティーニから鉄道模型ジオラマのクラフトマガジンが9月15日に創刊されます。8月23日に到着した購読中の「マイ3Dプリンターを作る」の32号、33号の梱包の中にも紹介のチラシが封入されていました。以前から広島地区にて先行販売されていたものが、全国発売となります。

昭和にっぽん鉄道ジオラマ
http://deagostini.jp/snt/

軌間6.5mmのZゲージの鉄道模型ジオラマを作るシリーズです。これまで講談社等から9mm軌間のNゲージの鉄道模型ジオラマのシリーズは発売されていましたが、あまり普及していないZゲージを使用するとは珍しい。デアゴスティーニでは、以前に発売されていたマイディズニーランドというシリーズで、Zゲージのディズニーランド鉄道の模型を扱っていたので、初めてというわけではありません。

東海道新幹線開業時の昭和39年当時の懐かしい時代(私は生まれていませんが・・・)の光景を模型で再現するという、鉄道模型の世界ではありがちで今更感がある素材を扱うにあたって、後発のデアゴスティーニとしては研究を重ねていたのでしょう。かなり斬新なアイデアが詰まっているように思います。

9月15日発売の創刊号は899円、2号以降は1,890円です。全100号予定にて、シリーズ全体では188,009円。途中で車両の動力等の高額パーツの号は特別価格になるでしょうし、シリーズ中に消費税率がアップされるでしょう。また、3分割して収納するための専用ラック等のオプションパーツを含めると、確実に20万円以上掛かる大型シリーズとなります。ただ100号の長丁場なので、2年間のんびり楽しめる趣味としては、なかなかコストパフォーマンスは良いものと言えると思います。

日本型Zゲージを多く販売しているロクハンのパーツを使用しています。多分、作成中のサポートもロクハンが担うのでしょう。現在あまり普及していないZゲージは、このデアゴスティーニのシリーズによって一気に広がるかもしれません。

02

このシリーズの斬新なのは、Nゲージよりも割高になるZゲージを扱うこともありますが、他の鉄道模型ジオラマのクラフトマガジンと異なり2層建てのレイアウトを持っていることです。上層の高架線エンドレス上に0系新幹線が走り、下層の八の字線をローカル線気動車キハ52が同時に走行します。大型のレイアウトではお馴染みの多層運転を、限られたスペースの中で実現しています。Nゲージで車長が長い新幹線を走らせようとすると、曲線半径が大きくなって全体的に大型のレイアウトになるところをZゲージを用いることによって、コンパクトにまとめられたという事でしょう。

03

新幹線最初の車両である0系、そして全国の山岳路線でよく見られたキハ52。どちらも昭和を代表する車両です。

ロクハンの車両にこだわらなければ、天賞堂の蒸気機関車模型もこのジオラマに似合うかもしれません。下層の小半径のカーブと、3か所のポイントを通過できるかが問題です。

04

小さいZゲージとは言いながらも、0系新幹線のカーブ通過の半径は大きいですし、2層建てとなればレイアウトベースは大きくなります。ジオラマサイズは1,380mm×550mm。普通の作業台には載りません。そのために3つのモジュールに分けて収納出来るようになっています。収納時の専用ラックは別売りのオプションです。

LEDによるライトアップも出来る様ですが、その際の配線をどうするのかは不明です。細かい電飾を施した際には、レイアウトベースの分割は困難です。やるとしたら、モジュール毎に配線をまとめてコネクターで接続、といった形になるでしょうか。

また、チラシや専用サイトを見ていると、建物は内部が詰まった形状の様です。電飾改造を施す際、建物の内部に光源を入れ、窓から漏れる灯りを表現することは困難です。外部から照らすといった方法になるのでしょう。

東京タワーや東京駅など、実際のスケールを無視して小さく作られています。多くのビルも小さめの様です。リアルさや細かいスケールにこだわることなく、イメージで作る模型です。

05

3分割に出来るという事は、真ん中のモジュールを追加して直線線路で伸ばせれば、拡張が出来るということになります。3つの情景には特に連続性は無さそうなので、更に横に長いレイアウトも作れるでしょう。ひょっとして、デアゴスティーニから追加モジュールがオプションが販売されるかもしれません。

既に使い古されたと思われる昭和の情景の鉄道模型という素材を、かなり斬新な方法でまとめている今回のシリーズ、歴史は古いがイマイチ普及しないZゲージ鉄道模型を周知させるきっかけになる気がします。シリーズガイドDVDが付属する創刊号を購入して楽しみたいと思います。

次回はこちら
「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」創刊号を確認しました

|

« 「マイ3Dプリンター」32,33号 新シリーズ「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」案内チラシ入り! | トップページ | アシェット「ラ フェラーリをつくる」巨大創刊号299円! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/62140509

この記事へのトラックバック一覧です: デアゴスティーニ「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」9/15創刊!:

« 「マイ3Dプリンター」32,33号 新シリーズ「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」案内チラシ入り! | トップページ | アシェット「ラ フェラーリをつくる」巨大創刊号299円! »